英会話で注意!“what”と”Which”の違いとは!?

日常英会話で注意が必要な”what”と“which”とは!?

Posted on Posted in TOEIC, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は、注意が必要な“what”と“which”についてご紹介したいと思います!


ズバリテーマは

日常英会話で要注意!間違えやすい “what”と“which”とは!?

です!!


早速行きましょう!!

さてまず“what”と“which”の基本的なイメージですが

“what”は「何」

“which”は「どれ(どちら)」

ですね。


例えば例文を見ますと

“What do you do.”「仕事は何をしていますか?」

“Which paintings do you like ?”「どちらの絵が好きですか?」


では、以下の質問はいかがでしょうか。


「どの野菜が旬ですか?」


この場合は“What”を使います。

というのも、この質問はどの野菜かは漠然としていて、聞かれた側は選択肢がありません。このような時には「どの」や「どれ」というニュアンスで“What”が使われます。


一方、「サンマと、鯛と、サワラはどれが旬ですか?」と選択肢が限定されているような質問では“Which”を使います。


ポイント

“What”は選択肢がない漠然としたものを訪ねる。

「何色が好き?」→“What color do you like.”

“Which”は限られた選択肢がある。

「どちらの色が好き?」→“Which color do you like.”


では先ほどの例文を英語にしてみましょう。


「どの野菜が旬ですか?」

“What vegetables are in season ?”


「サンマと、鯛と、サワラはどれが旬ですか?」

“Which fishes are in season saury, red sea bream, or spanish mackerel ?”


では本日も最後に瞬間英作文アプリ An Instant Replyより例文を紹介します!

「どのサイズを買えばいいか、アドバイスをもらいたいのですが。」

“I need some advice on what size to buy.”


この文も、どのサイズを買うか漠然としている状況ですね。


ちなみにファーストフード店などで食べ物や飲み物のサイズを聞かれることありますよね。

その際に店員さんが“What size?”と聞いてきます。


でもファーストフード店では選択肢が決まっているのになぜ?と思いませんか。

このことをネイティブに質問してみたところ、お客さんが常にお店で提供しているサイズを知っているとは限らないからじゃないかとのことでした。


ただ、基本的にサイズを聞く時には“what”を使うようなので、そのように覚えておくといいですね!


すこし細かい点ではありますが、瞬間英作文の合間にこういった部分にも目を向けると学習の効果があがりますし、TOEIC対策にもなりますのでおすすめです。

ぜひチェックしてみてくださいね!


*“I need some advice on what size to buy.”は、アプリ内コンテンツ、高校文法総復習 ALL IN ONE Basicの「To不定詞」に含まれています。


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン