英語で遠慮するを言えますか??

Posted on Posted in 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英語

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中からすぐに使えて役に立つ英語の表現をご紹介していきます。

本日のテーマ

「遠慮します」を英語で言えますか?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

では、本日もまずは瞬間英作文をしていきましょう!

遠慮しておきます。

「遠慮をする」と相手に言う場面でも、様々なシチュエーションが考えられますよね。

本日は、「何となく今日はいいかな」という時の、「(今回は)遠慮しておきます」という場合の言い方をご紹介していきたいと思います。

が、その前に、予定が入ってしまっていて行けない場合の「遠慮します」も簡単に見ていきましょう。

A:“Why don’t we have dinner tonight.”

B:“Sorry, I can’t make it. I have a meeting tomorrow morning and I have to prepare it.”

A:今夜、夕飯でもどうですか?

B:すみません。遠慮しておきます。明日の朝、ミーティングがあって、その準備をしないと行けないんです。

このような感じで、予定がある場合の「遠慮しておきます」は、“can’t make it”が使えます。“make it”は「都合をつける」という意味があり、前に“can’t”をつけることで、「都合がつきません」=「遠慮しておきます」という意味で使えます。

この場合は、後に、行けない理由も付けてあげるとより丁寧な印象になります。

では続いて、予定はないけど何となくやめておくという場合の「遠慮する」をご紹介します。

C:“Why don’t we have dinner tonight.”

D:“I think I’ll pass. I feel like I want to go home.”

C:今夜、夕飯でもどうですか?

D:(今日は)遠慮しておきます。家に帰りたい気分なんです。

単に“I’ll pass”でもいいような気がしますが、“I think”を加えることで、より柔らかい表現になります。こちらも後に、遠慮しておく理由をつけてあげると丁寧な表現になりますね。

いかがでしょう。日本では「遠慮しておきます」の一言で済みますが、英語ではシチュエーションによって使う言葉が違いますね。他にも「遠慮しないでくださいね」を英語では“feel free”を使って言いますよね。「遠慮」の一言で、「やめておく」や「ためらう」など様々な意味を表します。なので、あまり日本語にとらわれすぎず、自由な発想で英語を考えていくことが重要ですね。こういった表現も含め、An Instant Replyで紹介していますので是非チェックしてみてくださいね。

本日ご紹介した内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。“mind go blank”の使い方を始め、日常生活や海外旅行で役に立つフレーズを瞬間英作文スタイルで学習出来ますので、ぜひチェックしてくださいね!全センテンス、イギリス英語の音声付ですので、TOEICのリスニング対策にもご利用いただけます!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play