“whereabouts”を使えますか!?

Posted on Posted in TOEIC, イギリス英語, オンライン英会話で練習, 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、日常英会話ですぐに役立つ便利な表現をご紹介していきます!

本日のテーマ

「どのあたりに住んでいますか」を英語でいうと!?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

まずは本日も、最初に瞬間英作文をしてみましょう!

1.どのあたりに住んでいますか?

今回ポイントとなるのは、「どのあたり」という聞き方です。「どこに」ではなく「あたり」と少し濁しているところに注目してください。

まず、1の日本語文をみて“Where do you live?”と考えた方も多いと思います。こちらももちろん正解です。ただ、人によっては「どこに住んでいますか?」と聞かれると、少しストレートだなと感じることもあるかもしれません。

特に初対面の時は、もう少しソフトに聞いてみたいですよね。そんな時に便利なのが“whereabouts”という単語。今回はこの単語を使って、「どのあたりに住んでいますか?」と聞いてみたいと思います。では、まずは1の瞬間英作文の解答を見てみましょう。

1.どのあたりに住んでいますか?

“Whereabouts do you live?”

使い方は簡単で、“where”を“whereabouts”に置き換えるだけです。注意するのは最後に“s”をつけること。

この“whereabouts”の意味はまさに見た目の通りです。

“where(どこ)”+“about(~のあたりに)”で「どこのあたり」となります。

この「あたり」が付くことで、少し柔らかいニュアンスになります。

また、

A:“Where do you live?”

B:“I live in Tokyo.”

A:“Whereabouts?”

A:「どこに住んでいますか?」

B:「東京に住んでいます。」

A:「(東京の)どのあたりですか?」

のように“whereabouts”を単独で使ったり、より詳しい場所をやんわり聞いたりする際にも使われます。

覚えておくととっても便利な“whereabouts”。さっそくオンライン英会話などで英語を話す機会がある人は、先生相手に使ってみてはいかがでしょうか!?

本日ご紹介した内容は瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」で学習をすることが出来ます。ネイティブが使うリアルな表現を瞬間英作文トレーニングでマスターしてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

ゴールデンウィークに日常英会話で役に立つ表現を覚えよう!(ネイティブ音声付)

Posted on Posted in TOEIC, イギリス英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんばんは!!

明日からゴールデンウィークとなりますが、皆さんはどのように過ごす予定ですか!?

普段は時間がとれないので、いつもより多く勉強しよう!とか、せっかくの休み!少し勉強のペースは落として、のんびり過ごそう!など色々あると思います!


ぜひぜひ、英語の学習が楽しめるペースでゴールデンウィーク中も継続してくださいね!

ということで、本日はこのゴールデンウィークに覚えてほしい、日常会話で役立つ表現を

「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツよりご紹介します!


本日のテーマ

英会話で役立つ表現を、ゴールデンウィークに覚えよう!!

です。


では早速どんどんフレーズをご紹介していきます!


1.「お話中、失礼します」

1.(I’m)sorry to interrupt.

自分が話しかけたい人が、他の人と話している時、どうしても話しかけないといけない場合は、“Excuse me”でも悪くはありませんが、(I’m)sorry to interrupt.が良く使われます。


2.「私はあなたがその本を読むのをおすすめします。」

2.I would recommend that you read the book.

I would recommend you to read the book.と言えそうな気がしますが、ネイティブはこう言います。文法的に正解、不正解と言うより、自然な伝わりやすい英語という観点で見た時に、recommend + that + 人 + 動詞という語順になります。


3.「私には少し高すぎます。」

3.It’s a bit expensive for me.

もしも海外での買い物で値切ろうとして、“What a rip off”というと店員さんは怒るかもしれません。そんな時は、It’s a bit expensive for me.と予算に合わないことを伝えましょう!


4.「ランチやっていますか?」

4.Do you do lunch.

「ランチやっていますか?」でパッと思い浮かぶ文章が“Are you open for lunch?”、“Do you serve lunch?”や“Do you have a lunch menu?”が多いと思いますが、そんな時も“do”を使うことで簡単に言う事ができます。“do lunch”「ランチをやっている」とそのままの表現ですが、知らないと出てきませんね!


5.「私たち永遠に喋っていられるわ。」

5.“We could talk forever.”

「できる」で“can”を使いたくなりますが、正しくは“We could talk forever.”なんです。“can”は使えません。なぜかというと、永遠に話すことは不可能だからです。ここでいう、「永遠に喋れる」は「ものの例え」ですよね。こういった場合は、日本語では、~できる」と言いますが、英語では“can”ではなく“could”を使います。


いかがでしょう。まずはこの週末にこの5文をスキマ時間に覚えてみてくださいね!

「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」では、このような解説と日常英会話で役立つ表現がたくさんあり、それを瞬間英作文トレーニングで瞬時使えるようになります。

ぜひ、自然な英語、ネイティブが使う英語をしっかり身につけたいという方はチェックしてみてくださいね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

体験しよう!アメリカ英語とイギリス英語

Posted on Posted in TOEIC, アメリカ英語, イギリス英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も、空いた時間に少しずつでも英語を楽しんでいきましょう!


ところで、先日、ポッドキャストでアメリカ人とイギリス人が「アメリカ英語ではほとんど使わないけど、イギリス英語ではすごく使う英語表現」というテーマでトークするというものを聴きました。


本来であれば、どんな表現が登場するのかが気になるところですが、イギリス英語独特のイントネーションなどが気になってしまいました。

目的によって学ぶ英語は違うと思いますが、世界各地の英語はアメリカ英語、もしくはイギリス英語がベースになっていることが多いです。


ですので、この二つの英語の違いをある程度把握することはとても重要。実際に音で聴いてみると、アメリカ英語が聞き取れても、イギリス英語が聞き取れないという方が多かったりします。


という事で少し長くなりましたが、本日のテーマは

アメリカ英語とイギリス英語の違いを体験してみよう!!

です。早速いきましょう!


では瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyより、まずは以下の音声を聞いてみて、どちらがアメリカ、イギリスの英語か考えてみてください。


音声1


音声2


いかがでしょう?この二つの文章の聞き取りポイントですが、それは“can’t”の発音の違いです。イギリス英語では“can’t”とは「カン(ト)」と聞こえます。


それを踏まえもう一度上の音声を聴いてみてください。

そうです。音声1がイギリス英語ですね。ちなみに以下がそれぞれの英文と和訳です。


①I’m sorry I can’t go. I still have a lot to do.

悪いけど行けないんだ。まだやることがたくさんあって。


②After all, we can’t do everything by ourselves.

結局のところ、我々は全てを自分一人ではできない。


canのイギリス英語版は!?


先ほどイギリス英語では“can’t”とは「カン(ト)」と聞こえるといいました。

もう一つ例文の音声を聴いてみましょう。


③I can’t walk any faster.

これ以上少しも速く歩けないよ。

音声3


この流れで考えると、イギリス英語では“can”は「カン」と発音すると考えられそうですがいかがでしょう。実際に“can”は「カン」と発音するという方もいますが、音声で確認してみましょう。


④Can you go any faster?

もう少しスピード出せますか?

音声4


アメリカ英語同様「キャン」と聞こえますね。実はイギリス英語でも“can”は「キャン」と発音します。この微妙に“can’t”時に音が変わるというのが紛らわしいですね。


このように他にもアメリカ英語とイギリス英語には違いがたくさんあります。

瞬間英作文学習は、集中力も使いますし、わりとハードなトレーニングですので、時々、休憩のつもりで聞き流す程度に、二つの英語を比べてみるとリフレッシュにもなるのでおススメです!


ぜひお時間のある時にやってみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン