英会話をもっと楽しもう!“busy”以外の「忙しい」の表し方!

Posted on Posted in 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話をもっと楽しく!“busy”以外で「忙しい」を使い分けてみよう!!

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

「忙しい」という意味の単語の代表と言えば“busy”ですよね。この1語さえ押さえておけば、日常英会話で困ることはありません。けれどもいつも“busy”ばかり使うのも、会話の引き出しが少ないような気がしてたまには変化をつけたいですよね!

なので本日はいくつか“busy”以外の単語で「忙しい」を表せるようになりましょう!

まずはこんなシチュエーションです。友達や同僚に仕事の後に食事を誘われました。しかし、まだやることがあって行けません。そんな時、単に“I’m sorry, I’m busy.”だけではちょっと冷たい気もしますよね。なので、そんな時は“have a lot to do”を使いましょう!

見ての通り、「やることがたくさんある」という意味になります。では、ここで例文を用いたスクリプトをチェックしましょう!

A:Hey, how about a drink tonight?

B:I’m sorry but I still have a lot to do with my work.

A:ねえ、今夜飲みに行かない?

B:ごめん、まだ仕事でやらないといけないことがあって。

次のシチュエーションです。仕事がとっても忙しく、家に帰って一言つい、「疲れた~、今日超忙しかったよ~」なんて言いますよね。そんな「超忙しかった」というのを一言で表せる便利な表現があります。それが、“hectic”です。

注意点は、“I was very busy.”のように“I was hectic.”とは使いません。以下のように使います。

“It was a hectic day. I’m exhausted.”

「すごい忙しい日だったよ。もうくたくた。」

セットで「疲れ切った」という意味の“exhausted”を覚えておくといいかもしれません。

そして最後にもう一つ、“tied up”も「忙しい」という意味になります。“tie”には「結びつける」という意味があるように、“tied up”で「(何かに縛られているように)忙しい」という意味になります。

C:Have you already had a vacation this winter?

D:No, I haven’t. I’m still tied up with work.

C:今年の冬はもう休暇をとったの?

D:まだだよ。まだ、仕事で忙しくて。

いかがでしょう。これら全部“busy”でも表すことが出来ますが、ニュアンスによってちょっと使い分けてみると英会話がもっと楽しくなりますね。また、相手がどのように使っているのかなどを、意識して聞いてみるのもいいかもしれません。これら日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!恥ずかしい!!の“embarrassed”と“ashamed”の違いとは??

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

日常英会話で“mention”を使っていますか?

Posted on Posted in TOEIC, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は、日常英会話でより自然な英語を話すためのTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

“mention”をきちんと使えていますか?

です。この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

受験でも、TOEICでも基本単語として登場する“mention”ですが、あまり日常英会話では使う事がないですよね。単語帳などをみると、その意味には「言及する」などと書かれていて、少し堅いイメージがあります。

例えば、ニュースなどで「大統領が日米の関係に言及した。」などという場合、“The president mentioned the relationship between Japan and U.S.”のように“mention”が使われます。この場合、“mention”の意味をわかりやすく言うと「述べる」ですね。

しかし、“mention”の使い方はこのような「言及する」という意味だけでなく、もう少しライトな意味でも使われます。それが「話題にする」、「(話題に)軽くふれる」という意味です。「言及する」という意味で使われているのか、「(話題に)軽くふれる」という意味で使われているのかは、その状況によって判断が必要ですが、以下の様な場合は両方の意味で取ることも出来ます。

“I just heard you mention your thesis and I’m curious.”

「今あなたがご自分の論文について話すを耳にしたのですが、私も興味があります。」

*高校文法総復習 ALL IN ONE Basicの例文です。

このような場合、論文についてしっかり述べているのか、少し話題にしたのかは状況での判断ですが、両方の意味で使う事ができます。フォーマルな場面で使われることの多い“mention”ですが、このように「軽く話題にする」という意味もあることを覚えておくとより自然に会話が理解できます。

この他、誰かがあなたのしてくれたことに対して「ありがとう」といってくれた際に、“Don’t mention that.”と言えば、「そのことにはふれなくていいよ」という意味で、「どういたしまして」という意味になります。こちらはカジュアルな場面でも使われます。

いかがでしょう。少し使いづらいイメージのある“mention”ですが、まずは、“Don’t mention that.”などの使いやすい表現から使ってみませんか?

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!「瞬間英作文で身につけた!?『~のおかげ』とは!?」

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyでは、

中学、高校、日常会話とレベルや英語学習の状況に応じてコンテンツを選びながら、瞬間英作文をすることが出来ます。繰り返し同じコンテンツを瞬間英作文することで、英語の構造を自然に意識できるようになり、英語を実際に話す場面で必要な瞬発力を鍛え、素早く、正確な英語を話せるようになります。文法レベルが安定してきた後は、日刊英語ライフのコンテンツで瞬間英作文を繰り返すことで、ボキャブラリーや表現の幅を広げることが出来、英語の引き出しが増えるので、英語を話すことがどんどん楽しくなっていきます。

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらの週ごとに更新されるコンテンツで、一度中身を確認が出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


「歩いてきた」をネイティブが良く使う英語で言ってみよう!!

Posted on Posted in 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は、日常英会話でより自然な英語を話すためのTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

“歩いてきた”を英語でなんて言いますか!?

です。この文章はおよそ1分で読むことが出来ます。

*例文は「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からご紹介しています。

お友達と待ち合わせをしていて、「どうやって来たの?」と言われて、「歩いてきた」という場合、皆さんはどんな表現を使いますか?「歩いて」というと、“on foot”という表現があります。

また、「来る」という単語は“come”を使えますので、以下のように言えますね。

“I came here on foot.”

こちらでも、もちろん間違いではありません。しかし、ネイティブスピーカーは、もっとシンプルで簡単な表現を使います。それが…

“I walked here.”

です。とてもシンプルで簡単ですよね。この他にも「車で来た」という場合は、“I drove here.”のようにも良く言います。“by car”や“on foot”が使われないというわけではありませんが、ネイティブは日本人が習う英語とは違い、シンプルな表現だったり、動詞で言える部分でも名詞を使うなど、繰り返し何回も意識して触れていかないと、身につかないような感覚の英語を使う事が多くあります。

ぜひ、そういった感覚を身につけるためにも、活きたリアルな英語に沢山触れるようにしてくださいね!!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!「「かわいそう」を意外な英語で表現しよう!」

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyでは、

中学、高校、日常会話とレベルや英語学習の状況に応じてコンテンツを選びながら、瞬間英作文をすることが出来ます。繰り返し同じコンテンツを瞬間英作文することで、英語の構造を自然に意識できるようになり、英語を実際に話す場面で必要な瞬発力を鍛え、素早く、正確な英語を話せるようになります。文法レベルが安定してきた後は、日刊英語ライフのコンテンツで瞬間英作文を繰り返すことで、ボキャブラリーや表現の幅を広げることが出来、英語の引き出しが増えるので、英語を話すことがどんどん楽しくなっていきます。

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらの週ごとに更新されるコンテンツで、一度中身を確認が出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play