英語で「さっき」を使い分けよう!

Posted on Posted in 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中からすぐに使えて役に立つ英語の表現をご紹介していきます。

本日のテーマ

「さっき」を使い分けてみませんか?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

では、本日はまず、2つの瞬間英作文に挑戦してみましょう!

A:さっき到着したばかりです。

B:彼はさっき出て行きましたよ。

「さっき」という日本語は、一言で様々な幅のある時間を表すことが出来ますよね。

例えば、「今さっき」というのはほんの2~3分の間のことかもしれませんし、単に「さっき話したこと」と言えば、15分前のことでも、1時間前のことでも表すことが出来ますね。

こう考えると日本語の「さっきは」は非常に便利な言葉です。

しかし、英語では時間差によるニュアンスの違いで使う言葉が変わってくることがあります。

例えば「今さっき」は“just”で表すことが出来ますが、もう少し漠然とした、少し前の「さっき」は、“a while ago”が使われたりします。

では、こちらを踏まえて、瞬間英作文の解答を見てみましょう!

A:さっき到着したばっかりです。

A:I’ve just arrived.

B:彼はさっき出て行きましたよ。

B:He went out a little while ago.

ちなみにもう少し前の出来ごと、例えば「さっきはごめん」のような場面で使う「さっき」は、“earlier”を使い、“Sorry about earlier.”と言ったりします。

いかがでしょう。英語は日本語より微妙なニュアンスで、単語を使い分けることが多くあります。こういった違いは、実際に使いながら慣れていくしかありません。

ですので、普段から意識して繰り返し練習してみてくださいね!

本日ご紹介した内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。「さっき」の使い方を分けを始め、日常生活や海外旅行で役に立つフレーズを瞬間英作文スタイルで学習出来ますので、ぜひチェックしてくださいね!全センテンス、イギリス英語の音声付ですので、TOEICのリスニング対策にもご利用いただけます!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play