英会話をもっと楽しもう!“busy”以外の「忙しい」の表し方!

Posted on Posted in 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話をもっと楽しく!“busy”以外で「忙しい」を使い分けてみよう!!

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

「忙しい」という意味の単語の代表と言えば“busy”ですよね。この1語さえ押さえておけば、日常英会話で困ることはありません。けれどもいつも“busy”ばかり使うのも、会話の引き出しが少ないような気がしてたまには変化をつけたいですよね!

なので本日はいくつか“busy”以外の単語で「忙しい」を表せるようになりましょう!

まずはこんなシチュエーションです。友達や同僚に仕事の後に食事を誘われました。しかし、まだやることがあって行けません。そんな時、単に“I’m sorry, I’m busy.”だけではちょっと冷たい気もしますよね。なので、そんな時は“have a lot to do”を使いましょう!

見ての通り、「やることがたくさんある」という意味になります。では、ここで例文を用いたスクリプトをチェックしましょう!

A:Hey, how about a drink tonight?

B:I’m sorry but I still have a lot to do with my work.

A:ねえ、今夜飲みに行かない?

B:ごめん、まだ仕事でやらないといけないことがあって。

次のシチュエーションです。仕事がとっても忙しく、家に帰って一言つい、「疲れた~、今日超忙しかったよ~」なんて言いますよね。そんな「超忙しかった」というのを一言で表せる便利な表現があります。それが、“hectic”です。

注意点は、“I was very busy.”のように“I was hectic.”とは使いません。以下のように使います。

“It was a hectic day. I’m exhausted.”

「すごい忙しい日だったよ。もうくたくた。」

セットで「疲れ切った」という意味の“exhausted”を覚えておくといいかもしれません。

そして最後にもう一つ、“tied up”も「忙しい」という意味になります。“tie”には「結びつける」という意味があるように、“tied up”で「(何かに縛られているように)忙しい」という意味になります。

C:Have you already had a vacation this winter?

D:No, I haven’t. I’m still tied up with work.

C:今年の冬はもう休暇をとったの?

D:まだだよ。まだ、仕事で忙しくて。

いかがでしょう。これら全部“busy”でも表すことが出来ますが、ニュアンスによってちょっと使い分けてみると英会話がもっと楽しくなりますね。また、相手がどのように使っているのかなどを、意識して聞いてみるのもいいかもしれません。これら日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!恥ずかしい!!の“embarrassed”と“ashamed”の違いとは??

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

英会話にも活かせる!?TOEIC受験とは!?

Posted on Posted in TOEIC

みなさんこんにちは!!

本日も英語学習に役立つ情報をお届けしていきたいと思います!

本日のテーマは

英会話力にもフィードバック出来るTOEIC受験

です。

昨日、久しぶりにTOEICテストを受験してきました。An Instant Replyユーザーの中にも、TOEICを受験された方はいますでしょうか?また、皆さんはTOEICをどのような目的で受験していますか?

私がTOEICを受験し始めたころ、TOEICを受けるにあたり決めたことがあります。それは点数にこだわるのではなく、TOEICを受ける目的と、内容にこだわることです。私が英語学習を始めた目的は、英語でコミュニケーションをとれるようになりたいからでした。

ですので、TOEICもその目的を実現する手段の1つとして考えています。TOEIC対策では様々なテクニックがありますが、点数を目的にしているわけではないので、出来るだけ英語力が伸びることとは関係の無いテクニックは、見ないようにしています。

ではなぜ、英会話力を伸ばすためにTOEICを考えたかというと、以下の理由があります。

  • 1.圧倒的に語彙力が少なかったため、ある程度日常、ビジネスの両方で使われる語彙力をつけたかったから。
  • 2.アメリカ英語、イギリス英語などとくくらずに、リスニングスキルをあげたかったから。
  • 3.英語の理解速度を高めたかったから。

1に関しては、単語帳は基本的は使わずに、TOEICの問題集で出てくるセンテンスの中で覚えるようにしました。そうすることで、少し堅い意味の単語でも、使う場面や、使い方をイメージしやすくなります。

2ですが、TOEICでは45分前後のリスニング問題があります。それもアメリカ英語に限らず、イギリスや、オーストラリア、カナダなど、様々な英語のアクセントのリスニング問題が出題されます。外国語ではなく、グローバルランゲージとなった英語は、ネイティブスピーカよりも、ノンネイティブスピーカーに話されている数の方が圧倒的に多くなっています。なので、これから皆さんが聞く英語は、必ずしも、私達が学校で習ってきた聞きとりやすい英語とは限りません。その点を踏まえ、複数のアクセントの英語が使われるTOEICテストのリスニングを使って、まずは英語の聞きとり力をアップしたいとかんがえました。

3については、受験されたことがある方はわかると思いますが、TOEICでは、膨大なリーディング問題を短時間で処理していかないといけません。英語を日本語に置き換えながら考えていては、全ての問題を解くのに時間が足りません。英語を英語で理解することが必要です。そして、それはリスニングでも役に立ちますし、英語を英語で理解できるようになると、自分で英語を考える時も、自然に英語が頭に浮かぶようになります。英語脳をつくる手段の1つとしてTOEICのリーディング学習はおススメです。

TOEIC学習をしてきた感想ですが、正直TOEICだけでは全然足りません。しかし、確実なベースが出来ます。たとえば、テクニックに頼らず、自分の理解度だけで600点が獲得出来れば、ある程度英語を話すのに基本的な力はついているはずです。

もしTOEICで600点以上あるのに英語が話せないという方は、話す練習が足りないだけです。話す練習をすることで、文法の構成力が弱い、日常表現が乏しい、など、課題が見えてきます。その課題に対応したコンテンツを使い学習を繰り返し行えば、英会話力は格段にあがっていきます。

間もなく12月なりますが、少しずつ、今年1年の英語学習振り返りつつ、来年に向けて改善したい部分や、より伸ばしたい部分などを考え、よい1年の英語学習の締めくくりができるようにしていきましょう!!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!実は意味が結構違う!?“study”と“learn”の違いとは?

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyでは、

中学、高校、日常会話とレベルや英語学習の状況に応じてコンテンツを選びながら、瞬間英作文をすることが出来ます。繰り返し同じコンテンツを瞬間英作文することで、英語の構造を自然に意識できるようになり、英語を実際に話す場面で必要な瞬発力を鍛え、素早く、正確な英語を話せるようになります。文法レベルが安定してきた後は、日刊英語ライフのコンテンツで瞬間英作文を繰り返すことで、ボキャブラリーや表現の幅を広げることが出来、英語の引き出しが増えるので、英語を話すことがどんどん楽しくなっていきます。

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらの週ごとに更新されるコンテンツで、一度中身を確認が出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

英会話は、リスニングも、発音も、音の変化を意識しよう!!

Posted on Posted in リスニング

みなさんこんにちは!!

本日は、最新アプリ「Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!」のリリース記念と致しまして、一部コンテンツのご紹介をしつつ、英会話の中で役に立つ、リスニングと、発音の改善の仕方をご紹介したいと思います!

本日のテーマは

英会話の中で活きる、音の変化をおぼえよう!

です。

先日の11月13日に、最新の英語学習アプリ「Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!」をAppStore、GooglePlayでリリースしました。このアプリの中のコンテンツの1つとして「音の変化」というものがあります。

このコンテンツでは、ネイティブスピーカーの英語の発音の中にある、一定のきまりを学ぶことが出来ます。それを知り、意識して発音練習や、リスニングの練習をすることで、英語を身につけるのにかかる時間を大幅に短縮することが出来ます。

Jump-Start!で紹介しているルールを覚えて、繰り返し練習し、スピーディーに英語を身につけてしまいましょう!!

本日は、その「音の変化」のコンテンツより、ほんの少しだけ内容をご紹介いたします。

音の変化の決まりで、「タ・ティ・トゥ・テ・ト」と「ダ・ディ・ドゥ・デ・ド」に近い音はよく「ラ・リ・ル・レ・ロ」に近い音で発音されます。

例えば“better”の“tte”(タ)が「ラ」に変わって、「ベラァ」と発音するような場合です。いくつかサンプル音声を聞いてみてください。

1.“getting”&“better”

“It is getting better or worse?

2.“bought a”

“Fred bought a house that was 50 years old”

3.“could I”

“Could I have this?”

このような形で、「音の変化」のコンテンツでは、全5つのルールを91の例文と共にご紹介しています。リスニングも発音も、基本は慣れが一番大事です。しかし、やみくもにネイティブスピーカーの発音を真似たり、音声を繰り返し聞くだけでは、習得に時間がかかったたり、独自のルールを作ってしまったりと、足かせになってしまう事があります。

英語で繰り返し練習をする際は、その学習で何を伸ばしたいのか、どこを気をつけるべきかを意識することが重要です。ぜひ、「音の変化」のコンテンツでルールを学び、それを意識しならが繰り返し学習を行って、効率的に英語学習を進めてくださいね!

以下より「Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!」をチェック!!

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう