ゴールデンウィークに日常英会話で役に立つ表現を覚えよう!(ネイティブ音声付)

Posted on Posted in TOEIC, イギリス英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんばんは!!

明日からゴールデンウィークとなりますが、皆さんはどのように過ごす予定ですか!?

普段は時間がとれないので、いつもより多く勉強しよう!とか、せっかくの休み!少し勉強のペースは落として、のんびり過ごそう!など色々あると思います!


ぜひぜひ、英語の学習が楽しめるペースでゴールデンウィーク中も継続してくださいね!

ということで、本日はこのゴールデンウィークに覚えてほしい、日常会話で役立つ表現を

「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツよりご紹介します!


本日のテーマ

英会話で役立つ表現を、ゴールデンウィークに覚えよう!!

です。


では早速どんどんフレーズをご紹介していきます!


1.「お話中、失礼します」

1.(I’m)sorry to interrupt.

自分が話しかけたい人が、他の人と話している時、どうしても話しかけないといけない場合は、“Excuse me”でも悪くはありませんが、(I’m)sorry to interrupt.が良く使われます。


2.「私はあなたがその本を読むのをおすすめします。」

2.I would recommend that you read the book.

I would recommend you to read the book.と言えそうな気がしますが、ネイティブはこう言います。文法的に正解、不正解と言うより、自然な伝わりやすい英語という観点で見た時に、recommend + that + 人 + 動詞という語順になります。


3.「私には少し高すぎます。」

3.It’s a bit expensive for me.

もしも海外での買い物で値切ろうとして、“What a rip off”というと店員さんは怒るかもしれません。そんな時は、It’s a bit expensive for me.と予算に合わないことを伝えましょう!


4.「ランチやっていますか?」

4.Do you do lunch.

「ランチやっていますか?」でパッと思い浮かぶ文章が“Are you open for lunch?”、“Do you serve lunch?”や“Do you have a lunch menu?”が多いと思いますが、そんな時も“do”を使うことで簡単に言う事ができます。“do lunch”「ランチをやっている」とそのままの表現ですが、知らないと出てきませんね!


5.「私たち永遠に喋っていられるわ。」

5.“We could talk forever.”

「できる」で“can”を使いたくなりますが、正しくは“We could talk forever.”なんです。“can”は使えません。なぜかというと、永遠に話すことは不可能だからです。ここでいう、「永遠に喋れる」は「ものの例え」ですよね。こういった場合は、日本語では、~できる」と言いますが、英語では“can”ではなく“could”を使います。


いかがでしょう。まずはこの週末にこの5文をスキマ時間に覚えてみてくださいね!

「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」では、このような解説と日常英会話で役立つ表現がたくさんあり、それを瞬間英作文トレーニングで瞬時使えるようになります。

ぜひ、自然な英語、ネイティブが使う英語をしっかり身につけたいという方はチェックしてみてくださいね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

中学英語で簡単に表現できる英会話表現の「おごる/ごちそうする」とは!?

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyから、3分で読めて、すぐに使える便利で簡単な英語表現をご紹介します!今日取り上げるトピックは、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツ、「3.豆知識」よりピックアップしています。


本日のテーマ

英語で「おごる(ご馳走する)よ」って言えますか!?

です。


例えば、友達に「ランチをご馳走するよ」とか、「1杯おごるよ」のような会話をすることって、時々ありますよね。これを英語にした時、「ご馳走する」や、「おごる」はどのように表現すれば良いのでしょうか?


まずはシンプルな表現から覚えてしまいましょう!

「ご馳走する」や「おごる」は、違う言い方をすれば「(人に)買う」という事ですよね。

なので単純に“buy”を使う事で表現することができます。


「ランチをご馳走するよ」

“I’ll buy you lunch.”


とても簡単ですよね。例えば“lunch”を“a drink”にすると、「一杯おごるよ」という表現にすることが出来ます。


他にも「ここは僕が払うよ」というような時、もう一つシンプルな動詞を使った言い方があります。その動詞が“get”。

こちらも単純に“I’ll get this.”というだけで、「ここは僕が払うよ」という意味になります。


日本語から入ると難しいと感じる表現も、実は英語では非常に簡単な単語を使って表せることが多くあります。

ですので、ちょっと「いい言葉が出て来ないな~」という時は、まず日本語で別の表現を探してみて、簡単な英語に置き換えられないかを考えてみるといいかもしれません。


他にも「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツの「3.豆知識」では「ご馳走する」や「おごる」の言い方をご紹介していますのでチェックしてみてくださいね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

「逆に」を英語で言えますか!?

Posted on Posted in 慣用表現, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyから、すぐに日常英会話で活かしたい文法項目をご紹介します。本日ご紹介する内容は「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」の「14.助動詞(過去形と完了形)」に登場します。


本日のテーマ

英語で「逆に」ってどういう!?

です。


日本語で良く使う表現を、英語で使いたいのに、なんて言えば良いのかわからない事ってありますよね。

そういった表現を、時々探して覚えてみると、すぐに英会話に活かせますし、英語学習が楽しくなるのでおススメです。


そんな表現の1つで、今日ご紹介したいのは「逆に」。

テレビで某芸人さんが良く使っているのを耳にしますが、結構便利な言葉ですよね。

実は、このようなニュアンスで使われている英語の表現を見つけるのは結構難しいのですが、少し考え方を変えると、簡単に表現することが出来ます。


例えば…「逆に」というのは、見方を変えてみると「むしろ」と近いですので、


A:「どうぞ座ってください」

B:「いえ、けっこうです。○○立っている方がいいので。」


という会話があった時、○○には「むしろ」も「逆に」も、どちらも入れることが出来ますね。


なので、この場合は「むしろ~したい」という表現を使ってあげると、英語でも「逆に」のニュアンスを表すことができます。

英語で「むしろ~したい」は“would rather”で表現することができます。


“would”は助動詞、“rather”は副詞ですので、後には動詞の原型が来ます。


では先ほどの会話文を英語にしてみましょう。


A:Please have a seat.

B:No, thank you. I’d rather stand.


いかがでしょう。

普段日本語で使う表現を、そのまま英語にするのは難しい場合もありますが、視点を変えると違った表現で代用出来ることもあります。


ぜひ、いろいろな表現を使いこなせるように、言い回しを柔軟に考えてみてくださいね♪


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play