克服しよう!英語が苦手な日本人!

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんばんは!「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」での学習は順調ですか?継続的に行うことで効果が必ず出るので頑張ってくださいね!

さて、本日もこちらより英語学習の役に立つTIPSをご紹介したいと思います!


本日は瞬間英作文とCHUNK英作文の学習効果の違いについて。

日本人は義務教育で3年、高校、大学で英語を学習すれば10年近く英語を勉強します。


また学校教育とは別にTOEICや英検などの資格試験でも英語を勉強している人は多いですよね。

それなのになぜ中々話せない、もしくは英語に苦手意識がある人が多いのでしょうか?

その原因の一つが、日常的に英語をインプット、そしてアウトプットする機会が少ないため。

以下の文を英語にしてみてください。(○○の部分は皆さんの名前を入れてください)


1.私の名前は○○です。


とても簡単ですね。

では次の3つの文をなるべく早く英語にしてみてください。


2.彼女名前はなおみです。


3.彼のお母さんの名前は、はるこです。


4.あれらのフルーツの名前はりんごです。

いかがでしょう。


先ほどの1の文に比べると回答するまでに少し考えませんでしたか?


と言うのも、1の文に比べ、2、3、4は自分で言ったり、聞いたりする機会が少ない内容だからです。


けれども基本的な文法事項で作れる文なので、皆さん答えられたと思います。


ちなみに答えは


1.My name is ○○.


2.Her name is Naomi.


3.His mother’s name is Haruko.


4.Those fruits’s name is apple.

このような基本的な文章は、瞬間英作文トレーニングで多くの基本的な文法の文章に触れることで、1の文のようにより速いスピードで使いこなすことができるようになります。


An Instant Replyのコンテンツで言うと「中学文法総復習 ウイニングフィニッシュ英語」ですね。

ただ、このトレーニングはあくまで下地です。


ここがある程度使いこなせるようになったら次のステージに進む必要があります。


それがCHUNK英作文です。

では以下の文を訳してください。


5.上空から見ると、その島はUの字に見える。



アイランド


先ほどと比べ難易度があがりましたが、いかがでしょうか。


例えばこの文も繰り返し瞬間英作文をすれば記憶に残り、スラスラと言えるようになるかもしれません。

しかし、1~4のような基本的な意味の文とは違い、より深い文法的な理解がないと応用するのが難ずかしいです。


なので、レベルが上がるにつれ重要なのは、素早く英語に変換できると共に、なぜそうなるのかと言う理解を深めていくこと。

CHUNK英作文では句や、節ごとに英語に訳していくので、どこでつまずいたか、何がわからないのかをその場で確認でき、理解できます。


その上で最後に一文をまた英作文するので、英語のリズムと全体像をつかむことが出来ます。

また、意味のまとまりごとに訳していくスタイルなので、会話の際に使いやすい形で記憶に残り応用の即効性も高いです。


ちなみによくネイティブはCHUNK単位で言葉を区切り、文を組みたてながら話しているといわれます。

そう考えるとCHUNK英作文はリスニングにも効果的だと考えられます。


ちなみに5の文章をCHUNK英作文してみましょう。

見られた場合:Seen


上空から:from the air


その島は似ている:the island resembles


文字:the letter


uに:u


上空から見ると、その島はUの字に見える。


Seen from the air, the island resembles the letter u.


いかがでしょう。


“Seen”を“Seeing”にしませんでしたか?


“the island”が主語なので、分詞構文の主語も一致しなくてはなりません。


なので「“the island”が上空から見られる」という受け身の解釈となるので、この文では“Seen”が適切です。

このように、複雑な文法でも意味ごとのCHUNKに分けて考える事によって、よりスムーズにアウトプットできるようになります。


1文まるまるすぐに言えない時は、CHUNKで話しながら考えると、会話も沈黙することが少なくなるのでおススメです!!


ぜひ両方のトレーニングで英語の総合力を身につけてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

瞬間英作文学習で気をつけたい3つのポイントとは!?

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんばんは!「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」での学習は順調ですか?継続的に行うことで効果が必ず出るので頑張ってくださいね!

さて、本日もこちらより英語学習の役に立つTIPSをご紹介したいと思います!

本日は瞬間英作文学習をより会話に活かす為の学習時に意識したいポイントをご紹介します。実は、とても些細な事ですが、今からご紹介する事を意識するだけでスピーキングスキルが向上するスピードがぐんとアップします。



公衆電話

皆さんが瞬間英作文をやる目的は、英語をスムーズに話せるようになりたいからだと思います。この目的において瞬間英作文学習は非常に効果的です。

しかし、繰り返し学習しているうちに文章を覚えてしまい、考えずとも英語が出てくるようになってしまう事も多々あるのではないでしょうか。

このような場合、英語を考え、処理し、アウトプットをするという点においては効果が少し落ちてしまう恐れがあります。

そうならないためにも、以下の3点を注意しながら学習を進めてみてください。


その1.瞬間で考え、一度立ち止まる。

例えば「私たちのオフィスは日曜と祝祭日は閉まっています。」と言う文。

訳すと“Our office is closed on Sundays and public holidays.”となります。

一見それほど難しい文章ではありませんが“Sundays”と複数形になっています。

これは一度だけでなく、毎週日曜日の度に繰り返される場合、このように複数形にします。

このような細かいポイントは意外と見落としがち。

瞬間英作文学習はルーティン作業でもあるのでこういった点まで中々気を配りにくいですよね。ぜひ、訳すスピードにこだわりながらも、注意してみてください。


その2.定型表現の使い方を意識する。

定型表現が登場した場合、その文は少し時間をかけて3~5回程、口に出して読み、文の中で慣れるようにしてください。

イディオムや定型表現などは単語集などでその型を覚えるのではなく、文章の中でどのように使われるのかを理解するのが重要です。

例えば「Fredはこの1週間ファストフードしか食べていない。」と言う文。

訳すと“Fred has eaten nothing but fast food for a week.”となります。

この中に“nothing but~”という定型表現が出てきます。

こちらをイディオム集などでみると

nothing but~:~だけしかない、~以外のなにもない

というようになっていると思います。

このように単に意味だけを覚えるのではなく、文脈で覚えることで、“but”は「~以外の」という前置詞なので、後ろには名詞が来るんだなというところまで覚えることが出来ますね。


その3.副詞を意識する

基礎的な表現であっても副詞を意識しないとミスをしてしまいます。

例えば「ハワイに行きたい」は“I want to go to Hawaii.”ですが、「海外に行きたい」は“I want to go abroad.”です。

“Hawaii”は名詞なので“go”の後に“to”が必要ですが、“abroad”は副詞で、すでに意味の中に“to”に当たる「~に」が含まれているため、“go”の後に“to”は不要となります。

これらは普段から意識しておかないと実際の会話の際に気付かぬうちに間違えている事がよくあります。

ぜひトレーニングの際にこのようなポイントにも注意してみてください。

「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」の学習法の一つCHUNK英作文では細かい単位に区切って瞬間英作文していくので、これらの確認を行いながら学習がしやすいのでぜひトライしてみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

CHUNK英作文っていったいなに?

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんばんは!「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」での学習は順調ですか?継続的に行うことで効果が必ず出るので頑張ってくださいね!

さて、本日もこちらより英語学習の役に立つTIPSをご紹介したいと思います!

本日は「瞬間英作文An Instant Reply」のCHUNK英作文という学習法でどのようにスキルが伸ばせるかについて。

★ 文章を構造的にとらえる

ビルの規則だたしく並んだ窓

CHUNK英作文は「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」のコンテンツで行える学習法です。通常の瞬間英作文では「Fred が午後、子供達の面倒を見る。」と言う日本語があれば、この文章を丸々英作文しますよね。

しかしCHUNK英作文ではこの文章を細かい単語や句、節などの単位に分け英語の語順に直された日本語の読み下し文を英作文します。

通常の英作文(一気に英作文をする)

「Fred が午後、子供達の面倒を見る。」

→“Fred will take care of the kids in the afternoon.”

CHUNK英作文

「Fredが未来に」→“Fred will”

「世話する」→“take care of”

「子供達を」→“the kids”

「午後に」→“in the afternoon”

「Fred が午後、子供達の面倒を見る。」

→“Fred will take care of the kids in the afternoon.”

>このような流れで英作文を行う事で、英語を構造的に理解できるようになります。

この文はまだシンプルですが、より複雑になると形容詞や副詞の修飾関係も難しくなりますし、主語と動詞が離れていて、文の構造を見失いがちになることがあります。

よく、リスニングで単語は聞き取れるのに、意味がちゃんととれないという方は、文を構造的に把握できてないのかもしれません。

文を構造的に作る訓練をすることで、英語を自分で組み立てるようになる事はもちろん、リスニングでも相手の話している事を構造的にとらえられるようになり、意味の理解がスムーズになります。

また、細かい単位で英作文すると、自分が文法的な内容で英作文を間違えたのか、イディオムがわからなくて間違えたのか、前置詞が苦手なのかなど、その場で分析することが出来ます。

このトレーニング、とても効果的で早い人なら2週間で英語力の変化に気づくことが出来ます。

ちょっと地味に感じるトレーニングですが、自信がない人は、解説もじっくり読みながら、まずはスピードにこだわらず英作文に挑戦してみてくださいね!!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン