「念のため」を英語で言えるようになろう!

Posted on Posted in TOEIC, 英会話, 英会話で即使える, 英単語

みなさんこんにちは!!

本日も日常英会話ですぐに役立つ便利な表現を「瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Reply」のコンテンツからご紹介していきます!

本日のテーマ

「念のため」を英語で言えるようになろう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

では、本日も早速、瞬間英作文に挑戦してみましょう!

「念のために、傘を持って行った方がいいよ」

この時期、こういった一言を言えると非常に便利ですね。最近は、インターネットを使って、雨がいつ降るかというのも、だいたいわかるようになりましたが、それでも、天気はいつ変わるかわかりませんし、念の為というのは非常に重要ですよね。

また、家族が丁度家をでる時に、あなたが天気予報を見ていて、降水確率が高ければ、「念のために、傘を持って行った方がいいかも!」と声をかけたりしますよね。ぜひ、こういった一言が言えるよう、本日覚えてしまいましょう!

英語で「念のため」は“just in case”という言い方をします。文頭でも、文末でも使われます。以下、例文をチェックしてみましょう。

“Make sure that you have your cellphone ,just in case.”

「念のため、携帯電話持ってるか確認して。」

“Just in case, We should leave here early.”

「念のため、ここを早く出た方がいいね。」

簡単ですね。このように文末や文頭につけるだけです。

では先ほどの瞬間英作文の解答を見てみましょう。

「念のために、傘を持って行った方がいいよ」

“You should take an umbrella with you, just in case.”

この文で、もう1つポイントとしておさえておきたいのが、“should”が使われているところ。“should”は「助言」の意味で、「~した方がいいよ」という意味を表します。同じ「~した方がいいよ」で“had better”を習った記憶がある方もいると思いますが、こちらは「助言」より「忠告」の意味になってしまいます。

実際に “had better”を使うと、「~した方がいいよ(さもないと良くないことになるよ)」という意味になります。ですので、単にアドバイスのような形で「~した方がいいよ」という場合は、“should”を使った方が無難です。

いかがでしょう。本日はまず“just in case”をご紹介し、それとセットで良く使われる“should”もご紹介しました。ぜひこの機会に両方の使い方を覚えてくださいね!

本日ご紹介した内容は、「瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Reply」のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」よりご紹介しています。英会話スキルと文法力を合わせて向上させたいという方はぜひ、チェックしてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

“right under”をご存知ですか!?

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 意外と知らない英語の注意事項, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日も日常英会話ですぐに役立つ便利な表現をご紹介していきます!

本日のテーマ

“right under”を正しく訳せますか!?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

本日はいつもの記事と少し趣向を変えて、日常の英語学習や、英会話で急に出くわし、「?」となってしまいそうな表現をご紹介します。その表現というのが、テーマにも出てきました“right under”です。

先日、英語の記事を読んでいて、“right under”が出てきて、単語としては両方ともに馴染みがあるものなのに、すぐに意味がわかりませんでした。

パッとみて最初「右下に」という意味かなと思ったのですが、最終的に調べると少し違い「真下に」という意味でした。

その時の英文は

“Our new office is located right under the station.”

「私達の新しいオフィスは駅のすぐ下にあります。」

というものでした。

“right”は副詞で「まさしく」とか「ちょうど」の意味で、“under”は「下に」といういみの前置詞です。

“right”は副詞でも他に意味がたくさんありますし、その他、形容詞、名詞でも意味を複数持っています。こういった単語は、見た目では馴染みはありますが、これまでに出会っているか、いないかで意味がとれるかを左右してしまいます。

英語学習で重要な事は、構文を覚えきるまでの反復と、覚えたものといかに色々な場面で出会い、気付いたり、再確認出来るかです。

ぜひ、週に何度かは、普段とは違った文章を読んでみるなど、英語との出会いを増やしてみてくださいね!

ちなみに右下は“bottom right”や“lower right”といういい方をします。

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

「とりあえずビール」を英語で言えるようになろう!

Posted on Posted in TOEIC, アメリカ英語, イギリス英語, 便利な表現, 慣用表現, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、日常英会話ですぐに役立つ便利な表現をご紹介していきます!

本日のテーマ

「とりあえずビールで!」を英語で言えるようになろう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

まずは本日も、最初に瞬間英作文をしてみましょう!

1.とりあえずビール1つ!

あいにくの雨の所も多いと思いますが、梅雨が明けたらやってるのがビールのおいしい季節。年々、ビアガーデンのオープンも早くなっている気がしますが、梅雨が明けたら、夜風に吹かれつつ、開放的な気分で飲みたいものです。

そんな、お酒の席で最初に決まって言われる一言といえば、「とりあえずビールで!」。

この表現、英語ではどのように言えば良いのでしょうか。

実は英語にも、「とりあえず○○で」という表現はあり、それを使う事で、「とりあえずビールで!」を簡単に言う事ができます。

そして、その表現というのが、“start off with”です。

例えば、“I’ll have a beer.”で「ビールください」という意味になりますが、これを次のように変えると「とりあえずビールで!」というニュアンスを出すことが出来ます。

1.とりあえずビール1つ!

“I’ll start off with a beer”

ちなみに“start off with”は、飲み物の注文の際だけに使うわけではなく、「とりあえず○○で」と言いたい状況で幅広く使う事が出来ます。

それではもう1問いきましょう!

2.簡単なエクササイズから始めましょう。

2の問題のように、「まずは○○からはじめよう」というような状況でも、“start off with”は使う事が来ます。

では、1のセンテンスと合わせて、イギリス英語の音声と一緒に解答を見てみましょう!

1.とりあえずビール1つ!

“I’ll start off with a beer”

2.簡単なエクササイズから始めましょう。

“Let’s start off with some gentle exercises.”

いかがでしょう。覚えておくと便利な表現ですので、ぜひ音声と一緒に練習をしてくださいね!

本日ご紹介した内容は、瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。“start off with”の使い方を始め、他にも日常生活や海外旅行で役に立つたくさんのフレーズが瞬間英作文スタイルで学習出来ますので、ぜひチェックしてくださいね!全センテンス、イギリス英語の音声付ですので、TOEICのリスニング対策にもご利用いただけます!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play