英会話でも迷いやすい“about” or ”on”を瞬間英作文で克服しよう!

Posted on Posted in ニュアンスの違い, 英会話, 英会話で即使える, 英語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、英会話で重要な文法事項をピックアップしていきましょう!

本日のテーマ

「~に関して」は“about”と“on”どっちを使う?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分半で読むことが出来ます。

まず、以下の2つの文を瞬間英作文してみてください!

A:PatとLeeさんは今、結婚について話しあっている。(“talk”を使って)

B:この記事には園芸に関する役立つヒントがたくさん載っている。

いかがでしょう?出来ましたか。本日はテーマにあるように“about”と “on”の使い分けをご紹介します。英会話になると、早く答えないといけないので、つい“about”を優先し使ってしまいそうですが、ここで違いを理解し、瞬間英作文で練習して使いこなせるようになりましょう!

では、早速その違いですが…

“about”は一般的、“on”は専門的で覚えてください。“about”の核となる意味は「周辺」です。例えば“We talked about the movie.”と言った場合、訳だけみると「その映画に関して話しました。」となりますが、この場合は、話している内容は大ざっぱな、雑談のような内容です。映画以外の周辺知識に関しても話すというイメージです。

一方、“on”の核となる意味は「接触」です。なので同じように“We talked on the movie.”と言うと、「その映画に関して(主題にして)話す。」となり、より専門的に話すこととなります。終始、映画に関して深く語るという感じですね。

ではこの違いを踏まえたうえで、瞬間英作文の答えを確認していきましょう!

A:PatとLeeさんは今、結婚について話しあっている。(“talk”を使って)

“Pat and Mr.Lee are talking about marriage.”

B:この記事には園芸に関する役立つヒントがたくさん載っている。

“This article contains plenty of useful tips on gardening.”

いかがでしょう。

違いを理解できましたか?まずはあまり深く考えすぎず“about”は一般的、“on”は専門的で理解しておくのがおススメです!

本日ご紹介した内容は「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」で学習出来ます!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

「週末なら空いてるはず」って英語でなんていう!?

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、英会話で重要な文法事項をピックアップしていきましょう!

本日のテーマ

「~のはず」を英会話でいうには!?

です。早速行きましょう!

日常会話の中で、「~のはずです」という表現を使う事ってよくありますよね。

例えば、「今週、いつ空いている?」と聞かれて、「週末なら大丈夫なはず!」と答えるようなシチュエーション。皆さんならどう英語で話しますか?

せっかくですので瞬間英作文してみましょう!

A:「今週、いつなら空いている?」

B:「週末ならいつでも大丈夫なはず。」

本日の問題に使われているBのセンテンスは「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」より出題しています。

では解答の前に、少し解説をします。

この「~のはず」という表現を表すのには、“should”を使います。“should”というと、「~すべき」とか、「~した方がいいよ」という意味がまず浮かぶと思いますが、実は「~のはず」という意味でも良く使われます。

“should”の「~のはずだ」は推量ですね。

この推量の用法を用いて、先ほどの瞬間英作文の答えを見てみましょう。

A:「今週、いつなら空いている?」

B:「週末ならいつでも大丈夫なはず。」

A:“When are you available this week?”

B:“Anytime over the weekend should work.”

では続けてもう1問、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」より出題しましょう。こちらの問題は、ビジネスの場面で使う事が出来るフレーズです。

C:遅くとも6時までに折り返しご連絡できるはずです。

ちなみに、“should” はこれから何かが起きるのを予期していることを述べる場合に使います。ただの推測ではなく、前もって期待する(=予期する)気持ちが込められています。

ではCの解答を見てみましょう。

C:“I should be able to get back to you by 6pm at the latest.”

いかがでしょう。日常英会話でも使える“should”を使った表現や、その他、海外旅行などでもすぐに活かせる本場のフレーズが、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」にはたくさんあります。ぜひ、便利な言い回しを覚えて、会話の引き出しを増やしたいという方はチェックしてみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

ネイティブがよく使う「~した方がいいよ」の意外な言い回とは!?

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 慣用表現, 英会話, 英会話で即使える, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの中から、英会話で重要な文法事項をピックアップしていきましょう!

本日のテーマ

「~した方がいいよ」を英語でネイティブっぽく言おう!!

です。早速行きましょう!

みなさんは、英語で「~した方がいいよ」という際に、どういった表現を使いますか?

提案や、アドバイスをするような場面でよく使われるのが“should”ですよね。

例えば以下のように使われます。

“You should go now or you’ll miss a bus.”

「もう今、出た方がいいよ。じゃないとバスを見逃しちゃうよ。」

もちろん「~した方がいいよ」という際に、上のように“should”を使って全然問題ありません。ただ、ネイティブはこういった場面で、“should”とは違った表現を使うこともよくあります。

それが、“want to”です。

“want to”というと、「~したい」という意味のイメージがありますが、実は「~した方がいいよ」と言いたい場面でも良く使われます。

以下、瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」より例文を見ていきましょう。

「Rob、これ読んだ方がいいよ!」

“Hey Rob, you want to read this.”

この場合、「ちょっとちょっと、これ読んでよ」というような、カジュアルなニュアンスで相手に勧めることができます。

ここからさらに“should”や、“want to”よりも控えめにおススメをしたい場合は、“want to”に“might”を付け、“might want to”にします。

「これ、いいから使ってみたら?」

“You might want to try this.”

“want to” に “might/may” がくっついて、婉曲的に「〜した方がいいよ」「〜したら?」と言えるので、相手にやわらかい印象を与えます。

このあたりのイメージは、“will”や“can”が“would”、“could”になると丁寧な表現になるのと同じですね。

いかがでしょう。こういった表現は、ネイティブが身近にいる環境でないと、なかなか身に付きません。ですが、やはり、よく使われる自然な表現は押さえておきたいですよね。

この他にも「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、本場の活きた表現がたくさん登場し、それに関する使い方や、ニュアンスの解説も豊富についています。

さらに勉強したい!という方はぜひチェックしてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play


アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play