瞬間英作文で鍛える前置詞とは!?

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんばんは!今週も「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」で英語脳を鍛えてくださいね!


さて、皆さん、瞬間英作文を行う際に何かテーマを決めて行う事はありますか?

例えば一回目なら、スピードにこだわらず英作文をする事に重点を置く。

2回目は少しスピードを意識してみる。

3回目は動詞の時制、三人称単数を間違えないように意識する…etc

色々あると思います。


このように瞬間英作文という学習に慣れてきたら少しずつテーマをつけて、今はまだ注意しないと出来ない事を無意識に出来るようにトレーニングをしていくと効果的です。


その中でもおススメなテーマの一つが前置詞。

せっかく正確な動詞が言えてもそれに続く前置詞が間違うと意味が全く変わってしまったり、また、伝えたい事のニュアンスが微妙に違ってしまったりする事も良くあります。


さらに前置詞は意味で覚えるというより、概念的な理解の色合いが強い品詞なので、とにかく繰り返しのトレーニングで感覚をつかんでいくことがとっても大事。


例えば皆さんは下の二つの使い分けきちんとできますか?

1.arrived at

2.arrived in


まずはこの二つを使って簡単な例文を作ってみてください。

いかがでしょう?出来ましたか?

では上記二つの違いを少し解説しましょう。


“at”と“in”の違いというと、点のイメージが“at”で円のイメージが“in”の様な教わり方をした人もいるのではないでしょうか。

前置詞の説明は抽象的になってしまう事が多いのでなかなか難しいですね。


この二つの前置詞の違いは簡単に言うと「明確な場所(東京駅、○○図書館、○○会社etc)」か、「大ざっぱな場所(東京、アメリカ、渋谷区etc…)」かと言う事。


明確に言える場合は“at”。

大ざっぱな場合は“in”を使います。


例文を見ましょう。


“He arrived at Tokyo station.”(彼は東京駅に着きました)

“He arrived in Tokyo.”(彼は東京に着きました)


上の文ですと、東京駅という明確な場所に着いた事がわかりますね。

下の文ですと、東京のどこに着いたのか分からず、大ざっぱに東京にいるという事がわかりますね。



東京タワー

ではここで問題です。

下の文に入る前置詞は“at”と“in”どちらでしょうか?

A:“She said she would arrive ( ) the book store by 11.”

B:“You will arrive ( ) London tomorrow morning.”

C:“We arrived ( ) Tokyo Tower at 9.”


正解はこのブログの一番最後です!!

こういった細かい部分のトレーニングはチャンク単位で英作文を行うと理解しやすいのでぜひ挑戦してみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


<正解>

A:“at”(彼女は11時までにその本屋に着くと言った)

B:“in”(君は明日の朝にはロンドンについているでしょう)

C:“at”(私たちは9時に東京タワーに着きました。)

何が苦手か見極めよう!!

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんばんは!今週も「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」で英語脳を鍛えてくださいね!

さて瞬間英作文とCHUNK英作文、それぞれ学習法も違いますので両方やってみると色々と見えてくるものが違うのではないでしょうか!?

特に瞬間英作文をやってみて「簡単な文章なのに全然出来ない!」と言う方はショックが大きいですよね!


ただ、意外と中学1年生レベルの英作文でもはじめのうちはパッとは出て来ないものです。

なのでそんなにショックを受けず、継続的に続けて、徐々に話せるようになりましょう!!

ただ、この時点である事を確認すると英語力がアップするスピードに違いが生まれます。



高速道路

それが「初級の瞬間英作文、なぜできない??」を確認すること。

ここにはいずれかの原因が考えられます。


1.文法力、語彙力がそもそもない。

2.英語を早いスピードでアウトプットするのに慣れていない。


2が原因の場合は特に問題はありません。

瞬間英作文という言葉にとらわれず、まずはじっくり英作文を出来るか考えてみてください。

時間はかかっても出来れば文法はまず大丈夫そうですね。

後はそれをいかに早くアウトプットするかなので、少しずつテンポアップ出来るように繰り返し音読をしながら英作文を行いましょう。

なぜ、音読かというと、頭の中で早く英語に変換が出来るようになっても口の動きが付いていかないとスムーズに会話の時に発することが出来ません。

ですので日ごろから音読をすることで英語を発する力もつけましょう。


では1.が原因の場合。

この場合は再度、英文法やある程度の語彙をつける必要があります。

ただその前に自分がどの程度文法の知識がないのかを確認しましょう。

例えば、基本的な5文型はわかるけど、不定詞、動名詞の使い分けがわからない。

形容詞句と副詞句の見分け方がわからない。

比較の基本的な形がわからない…etc。

例えば不定詞、動名詞の使い分けがわからない場合、それぞれをとる動詞を覚える必要があります。

また、比較がわからなければその基本的な形を覚える必要があります。


こちらは覚えればすぐに使えるようになりますね。

逆に、形容詞句や副詞句の見分け方がわからない場合、それぞれがどの単語や節、文にかかっているか構造を把握する必要があります。


このように文法でも覚えれば良いもの、文の構造を理解する必要があるものと別れてきますが、どちらも基本的にはチャンク単位で見ていくことで理解が早まります。

細かく英訳していくことで、単語や句がどこにかかっているのかを構造的に考える事ができ、そのような思考回路に慣れる事が出来ます。

また比較や不定詞、動名詞、他の文法項目であれチャンク単位での英作文に慣れると、英訳する前から思考がそのモードに入るので、今まで以上にアウトプットがしやすくなります。


それぞれ今の状態によって必要な学習は異なると思いますが、ぜひ自分に合った学習法を取り入れて学習してみてくださいね!!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

style=”color:#FF82B2;”

英語が出来ると出来る5つの事とは!?

Posted on Posted in モチベーションの維持

みなさんこんばんは!今週も「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」で英語脳を鍛えてくださいね!


さて、英語学習を行っていても、いざアウトプットしようとすると上手くいかず落ち込む時って結構ありますよね。

そういう時、学習へのモチベーションが下がり気味になってしまいますが、なんとか踏ん張って継続的に学習をする事が重要です。


では、心が折れそうな時、どうモチベーションを維持するのが良いのでしょうか。

モチベーション維持に効果的な方法の一つとしてよく言われるのが目標を立てること。

皆さんは、今、どんな目標をもって英語を学んでいますか?


まだ目標がない…と言う方のために、参考までに「英語が出来るとこんな事が出来るのでは?」と思われる5つの事をご紹介したいと思います。

でわでわ早速!!

1.海外の歌を感情をこめて歌える!!

ギター

歌詞の意味がわかるので内容に気持ちを込めて歌えます。

日本人だけのカラオケでは少しイタいかもしれませんが…、外国人も参加しているカラオケでは盛り上がること間違いなし!!

また、歌詞の意味を理解できる事で、外国人ならではの表現などにも敏感になれるので、ボキャブラリーも広がりますね!!



2.ながら洋画(海外ドラマ)鑑賞

銀紙の中に男

スピーキングスキルが上がれば、もちろんリスニングや、理解力もアップします。

そうすると徐々に字幕がなくても内容がわかるようになるので、テレビの前に張り付いて字幕を見ながら鑑賞しなくても、内容についていけますね!

料理を作りながら、掃除をしながら、トレーニングをしながら…洋画を見れるシチュエーションが増えそう!



3.異文化の中で自分を見つめられる

きぐるみ

英語が出来ると、更に広く情報を収集することが出来ます。海外のニュースを見たり、ネットにあげられた外国人の意見をチェックしたり。今の生活環境とは違った環境の情報を収集することで、今までの自分より広い視点で物事を判断できるようになるかもしれません。



4.挑戦できる仕事の幅が増える

カード

現在多くの企業が英語を社内公用語として取り入れ始めています。逆に、今まで募集要項の条件に英語がなかった仕事も今では英語のスキルを必須条件にしているところもあるほど。そんな現状で、英語が出来ると出来ないでは選択肢の幅も大きく違ってきますし、今後ますますそうなっていきそうですよね!

自分の可能性を広げるためにも、今や英語は必須のスキルですね!



5.10億人と会話が出来る!!

自分撮り

英語を話せると、世界のおよそ10億人と会話をする事が出来ます。

全人口から見たら少ないかもしれませんが、それでも日本語しか話せないのと比べると数倍も多くの人とコミュニケーションをとることが出来ます。

今や国境を越えた人間関係は普通の事。ハロウィンなど海外から来た催しが日本でも盛り上がりを見せる中、英語を話せる事であなたのかけがえのない仲間や、楽しい時間がまだまだ増えるかもしれませんね!



いかがでしょう。

英語をマスターするハードルはとても高そうですが、毎日コツコツ学習すれば少しずつ変化が見られます。英語の学習で重要なのは素早く文の構造を理解してアウトプットをすること。ぜひぜひまだ瞬間英作文が難しいという方はまずは、CHUNK英作文にトライして、素早く英語の文を構成できる力をつけてみてくださいね!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン