hALLOWEENを英語で楽しもう!

Trick or treat! Halloweenを英語で楽しもう!!

Posted on Posted in イベント英語, モチベーションの維持, 英会話, 英語

みなさんこんばんは!!

はやいもので10月最後の週末ですね!

本日、東京の天気は“It’s horrible weather.”という感じですが、皆さんは何か土日の予定はありますか!?


10月の終わりと言えばハロウィン。

今年は当日となる10月31日が月曜日ですので、週末のお休みに前倒しして友達とパーティーをするという方も多いのではないでしょうか!?


ちなみにここ数年、大賑わいを見せるパレードですが、ROPPONGI HILLS HALLOWEEN 2016 ハロウィンパレードは29日土曜日に、原宿表参道ハローハロウィーンパレードは30日の日曜日に開催されるんだそうです。


他にも全国各地で盛り上がりをみせるようになったハロウィン。

外国人の方も多く参加するイベントですし、ハロウィン英語を覚えてイベントだけなく、英語も楽しんでみてはいかがでしょうか!?


と言う事で、本日はいつもと少し趣向を変えたテーマで行きたいと思います。ズバリ!

瞬間英作文アプリ An Instant Replyブログ特別編!ハロウィン英語を覚えようです!!

ではいきましょう。(ハロウィンカラーにしてみました)


ハロウィンフレーズその1

“Happy Halloween!”

「ハロウィンおめでとう!」


何となく英語を話すことにまだ抵抗があるという方でも、これくらいポップなフレーズだと使いやすいですよね!イベントなどですれ違う人に気軽に“Happy Halloween!”と声をかけるだけでハロウィン気分も盛り上がること間違いなしです!!


ハロウィンフレーズその2

“I’ll be a zombie this year!”

「今年はゾンビになるよ!」


ここしばらく、The Walking Dead人気のおかげか、空前のゾンビブームですよね!そのブームにのっかって、今年はゾンビのコスプレをすると宣言し、みんなの注目を集めるのはいかがでしょうか!?(Season7が気になりますね!)


ハロウィンフレーズその3

“Wishing you a creepy night !”

「ゾッとするような夜でありますように!」


ホーンテッドマンションに出てきそうなセリフですが、普段はこんなこと中々言えないですよね!“creepy”は「気味が悪い」「身の毛のよだつような」という意味で、ハロウィンの夜にぴったりな単語。せっかくの機会にいつもとは違った表現でイベントの夜を盛り上げましょう!


ハロウィンフレーズその4

“You scared me ! ”

「びっくりした!!」


最近はかなり凝ったメイクをする人もいますし、ちょっと大げさでもこんなふうにいうだけでなんか雰囲気が出ますよね!せっかくのイベントごとですし、しっかりリアクションもとってみましょう!!


ハロウィンフレーズその5

“Trick or treat!”

「お菓子をくれないといたずらするよ!」


定番中の定番ですね!日本ではこのようなセリフをいう子供はそんなに見かけませんが、こんなふうに声をかけられたらお菓子をあげたくなりますね!ちなみに“Trick or treat!”とお菓子をねだられたら、“Happy Halloween!”といってお菓子をあげましょう!明日から3日間は、ちょっとしたお菓子を持ち歩くのもいいかも!?


ということで、本日はハロウィンの直前!ハロウィンで使えるようなフレーズを紹介しました!チャンスがあったらぜひ使ってみてくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

迷っていませんか?the number ofとa number of

英会話、瞬間英作文で紛らわしいnumber of

Posted on Posted in TOEIC, 勘違いしがちな単語, 慣用表現, 紛らわしい英語, 英会話, 英語, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日はお昼休みにちょっと紛らわしい英語の表現をしっかり区別してみませんか?


本日のテーマはこちら!!

瞬間英作文でついつい迷う“the number of”と“a number of”

です!


こういった似た表現はいざという瞬間に「あれ?どっちだっけ?」となってしまう事多いですよね。そんな“the number of”と“a number of”について、早速An Instant Replyの例文から見ていきたいのでが、まずは以下の英作文に挑戦してみてください!!


A:いくつかのプランが現在、検討されているところです。

B:宿泊客の数は、1日平均、約50人です。


こちらは両方とも高校文法総復習ALL IN ONE Basicからのフレーズです。

すでにこのコンテンツの「品詞」を学習された方はわかると思いますが、その単元のフレーズだけに、この違いを理解する重要なポイントは品詞です。


では答えを見ていきましょう!!

A:“A number of plans are currently under consideration.”

B:“The number of guests is about fifty a day on average.”


いかがでしょうか?ご覧頂くと、似た表現ではあるものの動詞が単数形と複数形で別れています。


ポイントはなにが主語か


この二つの文のポイントは主語が何かと言う事です。

ちなみに

“A number of ~”:「いくらかの~/多くの~」

“The number of ~”:「~の数」

と言う意味になります。


この意味を踏まえると少しわかりやすいのではないでしょうか?


まずAの文の“A number of plans”の場合“A number of”は“plans”を修飾する形容詞句です。なので、主語は“plans”となります。

主語が複数形という事は当然、動詞も複数形となりますね。


次にBの“The number of guests”ですが、これは“of guests”が形容詞句として“number”を修飾しています。“number”は単数なので、続く動詞も単数形ですね。

前置詞+名詞は副詞句になるだけでなく、形容詞句となって名詞を修飾するということもあるということを覚えていれば、個々の理解は問題ないと思います。


ただ、いくら上の理由を理解していても“A”か“The”の違いしかない二つの表現なので、迷ってしまう事ありますね。

そんな時の一つの考え方として“The”がある方は“The”に限定されるので「その数」となるので、“number”が主語になると覚えてみてください。


そうすればおのずともう一方は「いくらかの、多くの」という意味で、続く名詞を修飾するので複数形をとるんだなとわかりますね。


少し強引ではありますが、まずはきちんと区別できるよう、こうに考えてみるのもおススメです!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

英会話に便利な接続詞のlikeってどんな感じ!?

英会話に便利なLikeの使い方を覚えよう-瞬間英作文アプリ An Instant Reply-

Posted on Posted in 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日もお昼休みにサクッと読める内容で、すぐに使える便利な表現をご紹介したいと思います。


本日のテーマはこちら!!

英会話で便利な“like”を瞬間英作文でマスターしよう!

です!


ということで今日ご紹介するのは、基礎単語の“like”なのですが、“like”というと「好き」という動詞の意味が真っ先に浮かぶと思います。

ですが今回は“like”の前置詞、そして接続詞の使い方にフィーチャーしたいと思います。


まずは以下の文をみてみましょう。

“I feel like I’m starting to like this job.”


この文で注目したいのは“feel”に続いている“like”です。

見て頂くとわかりますが、“like”の後には完全な文章が来ていますね。

なのでこの“like”は接続詞です。


“like”が接続詞にもなるという事を、なかなか意識することってないですよね。

ですが、このように後ろに文をとれると知っていると日常英会話で結構便利です。

ちなみに“feel like”で「~のような気がする」という意味で、先ほどの文の意味は「この仕事が好きになってきたような気がする」となります。


もう一文みてみましょう。

“Ben looked like he was about to cry.”

「Benは今にも泣き出しそうな顔をしていた。」


シンプルに接続詞“like”+ 文だと「~ように」という意味になります。


前置詞の場合を見てみよう。

例文を見ましょう。

“I suppose every neighborhood has someone like him.”

「たぶん、どこの近所にも彼みたいな人がいるんだと思う。」


前置詞の場合は後ろに名詞や代名詞、名詞節をとり、「名詞(節)のような」という意味になります。


この用法で良く聞くのは“Like that”ではないでしょうか。

シチュエーションにもよりますが「そんな感じ」という際に使える表現ですね。


例えば、

A:“What’ s he like? Is he a talkative guy ? ”

B:“Yeah, like that.”

A:「彼ってどんな感じ?おしゃべりなの?」

B:「うん、そんな感じ。」


といった具合ですね。

まずは“Like this”や“Like that”から始め、慣れてきたらAn Instant Replyに出てくる少し長めの文などにも挑戦してみてはいかがでしょうか!?


【ご連絡】
iOS版、Android版ともに不具合を修正しました1.0.3バージョンをリリースしています。
大変お手数をおかけ致しますが、バージョンアップをお願いたします。

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン