強調を使って英語を楽しもう!!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 英文法

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常英会話をより楽しくするTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

「強調」を用いて英会話にメリハリを!!

です。この文章はおよそ2分30秒で読むことが出来ます。

では、早速瞬間英作文をしてみましょう!

①PerezがBurnsを破ったのは決勝戦においてだった。

普段の会話の中で、特に強調して話したい部分がある場合は、そこを強めに言ったりすることがあると思います。日本語でも、声の大きさや、間の取り方、話す順番などで、その会話のどこの部分が強調されているのかが読み取れますよね。

例えば、上の例文も

②Perezは決勝戦でBurnsを破った。

③Burnsを決勝戦で破ったのはPerezだった。

④Perezが決勝戦で破ったのはBurnsだった。

と言い方を変えると、言いたいことの意味は同じでも、強調されているポイントは異なりますよね。このような複数通りの強調も、実は1つの型を覚えるだけで簡単に表せるようになります。その型が“It is … that ~”です。「~なのは・・・だ」という意味を表します。

では、①~④をそれぞれ英語にしていきますが、まずは②が、特に強調が無いセンテンスですので、こちらから見てみましょう。

②Perezは決勝戦でBurnsを破った。

Perez defeated Burns in the final.

①では、②のセンテンスの中の、決勝戦の部分が強調されています。

①PerezがBurnsを破ったのは決勝戦においてだった。

It was in the final that Perez defeated Burns.

③では“Perez”が強調されています。

It was Perez that defeated Burns in the final.

④Perezが決勝戦で破ったのはBurnsだった。

It was Burns that Perez defeated in the final.

いかがでしょう?

少しずつ、文の構造が変わりますが、基本の型である“It is … that ~”のどこに強調したい部分を置くかを理解出来れば、すぐに慣れることが出来ると思います。

まずは本日ご紹介した例文を見比べながら感覚をつかんでくださいね!

英語にも同じように強調構文というものがあり、大事な部分をより強調して言う事が出来ます。

本日ご紹介した内容の内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「強調構文」だけでなく、様々な英文法を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富な解説も各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英文法の理解を深めていくことができます。スピーキングのスキルを磨きながら、文法の理解も深めていってくださいね!

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらで一度中身を確認も出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

英会話でも重要!倍数表現の基礎をマスターしよう!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 比較, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの中から覚えておきたい文法項目をピックアップしてご紹介します!繰り返しの瞬間英作文で感覚をつかんだら、次は解説を読んで理解まで落としこんでくださいね!

本日のテーマ

「倍数表現(基礎)」を覚えよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ4分で読むことが出来ます。

ではまずは、恒例の瞬間英作文に挑戦してみましょう!

「それの人口はロサンゼルスの2倍です」

英語の文法項目の中で、比較が苦手と言う方も多いと思います。比較は覚えなくてはいけない構文が多かったり、また、それが少し複雑だったりしますよね。

そんな比較をマスターするには、ポイントがあります。それは、

・一度に比較の項目の多くを理解しようとせずに、少しずつ進めること。

・まずは、理解すること考えずに感覚つかむ(スムーズに見ないで言える)まで、繰り返し構文を口に出し暗記すること。

・構文の感覚をつかめて(暗記できて)から、文法解説を理解すること。

です。この3つのポイントを意識しながら、少しずつ覚えていくようにしてください。苦手な単元はとばすのではなく、「一歩ずつの理解」を意識していきましょう!!

そして本日、覚えていただく比較の構文が “as~as”を用いる倍数表現です。

“as~as”と言うと、「~と同じ」という意味が最初に浮かびますね。この最初の“as”の前に、回数を表す“twice”や“~times”を置くと、「・・・の~倍 ○○」という意味になります。

・twice as 形容詞/副詞 as ○○○ ⇒ ○○○ の2倍 形容詞/副詞

・△ times as 形容詞/副詞 as ○○○ ⇒ ○○○ の△倍 形容詞/副詞

という形になります。では、先ほどの瞬間英作文で具体的な例を見てみましょう!

「それの人口はロサンゼルスの2倍です」

“Its population is twice as large as that of Los Angeles.”

“Its population is two times as large as that of Los Angeles.”

いずれの表現も同じ意味になります。この型が“as~as”を用いる倍数表現の基本です。こういった表現は、日常会話でも良く使います。特にビジネスで英語を使う方は必須ですね。まずは、この基本文を複数回、すんなり瞬間英作文が出来るまで繰り返し、スムーズに口から出るようになったら、再度文法解説を読んで理解してください。さらに細かく構造的に理解をしたいという方は、アプリでチャンク学習をすると、比較の構造が頭にインプットされます。ぜひ、覚えてくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「倍数表現(基礎)」だけでなく、様々な文法の解説が詳しくされています!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

チャンク学習や、瞬間英作文で感覚をつかみつつ、解説もチェックして理解まで落としこんでくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

関係詞を使って英会話を楽しく!!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中からすぐに使えて役に立つ英語の表現をご紹介していきますので、ぜひチェックしてくださいね!

本日のテーマ

ネイティブ、実は関係詞を使って考え中!?

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分30秒で読むことが出来ます。

では、まずは瞬間英作文に挑戦してみましょう!

こちらは私が一緒に働いているPatricia Sanchezです。

先日、アメリカに住むネイティブスピーカーが話していたことなのですが、実は、ネイティブスピーカーですら、結構文法的に正しくない英語を話す人が多いんだそうです。

と言うのも、会話では、話しながら文を構築していくので、話す内容によって途中で文の構造を変えることも多く、文法が崩れることも良くあるそうです。

会話と言うのは、話す行為と同時に、考える行為も行われていますので、当然ではあると思います。ましてや、英語は非常に構造的な言語ですので、リアルタイムで発する全てが完璧であるというのは非常に難しいことですよね。そんな中で、ネイティブスピーカーは、関係詞を使いながら情報を補足すると同時に、次に話すことを考えているそうなんです。

例えば、あなたが一緒に働いているPatriciaさんと会社で話していると、そこにたまたま同僚が来て、紹介することとなりました。日本語であれば「こちらは私が一緒に働いているPatricia Sanchezです。」とシンプルに話せますが、英語では構造上、このようにシンプルに話すことは出来ません。ですので、

“This is Patricia Sanchez.I work with him.”と言います。

しかし、英語では、関係詞を使う事で、“This is Patricia Sanchez whom I work with.”と一文にすることが出来ます。これは、一見、一文にすることで会話をシンプルにすることが出来るという目的があるように感じますが、実はそれだけでなく、ネイティブが関係詞を使う時は、関係詞以下に補足することを考えながら話しているという場合にも使います。

例えば、会社の人事部が取材を受けているとき、「どんな人材が欲しいですか?」と聞かれ、“We only employ people who are friendly and outgoing.”と答えると、“people”以下の具体的な人材像を考えながら付け加えることが出来ますよね。

先ほども話しましたが、英語は構造的な言語で、単語や文に後から情報を付け足すことが多いです。そういった構造を逆手に取り、具体的な部分は後から考えて付け足すことが出来るようになると、より感覚的に英語を話すことが出来るようになります。

関係詞は苦手…という方も多いかもしれません。しかし、実は繰り返し例文を聴くことで意識せずに使えるようになりやすい分野でもあります。まず一文で、と言うのが難しい方は、「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」のチャンク学習をおススメします。

ぜひ練習して英会話をより楽しんでくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「関係詞」の使い方を始め、英会話に外せない文法の基礎知識を瞬間英作文スタイルで学習出来ますので、ぜひチェックしてくださいね!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play