“myself”と“by myself”どちらを使う!?

Posted on Posted in TOEIC, 勘違いしがちな単語, 意外と知らない英語の注意事項, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常会話ですぐに使えて覚えておくと便利な表現をご紹介したいと思います。

本日のテーマ

“myself”と“by myself”を区別しよう!!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

本日は和訳に挑戦してみましょう!!

A:“I’d like to make dinner myself.”

B:“I’d like to make dinner by myself.”

良く似ている二つのセンテンスですが、意味の違いがわかりますか??

実は結構多くの人が、“myself”と“by myself”の区別を曖昧なまま使っていることが多いです。しかし、どちらを使うかによって若干ニュアンスが異なってきますので、本日はぜひ違いを覚えてください。

まず、“myself”を使うと、「自分で」という意味になります。ここ数年流行している“DIY”も“Do it yourself”で「自分でやる」という意味ですね。

一方、“by myself”は、ほぼ同じ意味なのですが、“by”が付くことで“一人で”というニュアンスが強調されます。上の和訳問題の答えで違いを確認してみましょう。

A:“I’d like to make dinner myself.”

A:「自分で夕飯を作りたいんです。」

B:“I’d like to make dinner by myself.”

B:「一人で夕飯を作りたいんです。」

いかがでしょう!?この違い、覚えておくとニュアンスの違いを出したい時に便利ですよね!では、最後に瞬間英作文をして使いこなせるようにマスターしてしまいましょう!

C:「それを一人で修理しました。」

D:「それを自分で修理しました。」

解答はおしらせの下あります。

本日ご紹介した内容の内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。「“myself”と“by myself”の使い分け」だけでなく、様々な日常表現を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、イギリス英語のネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富なTipsも各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英語の感覚を身につけていけます。活きた英語表現をぜひ体験してみてくださいね!

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することが出来る姉妹アプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある際も、こちらで中身が確認出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

<本日の瞬間英作文の解答>

C:それを一人で修理しました。

C:“I repaired it by myself.”

D:それを自分で修理しました。

D:“I repaired it myself.”

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

“Cold”頼みはもうやめよう!英語の寒いの色々とは!?

Posted on Posted in ニュアンスの違い, 未分類, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常会話で即使える覚えておくと便利な表現をご紹介したいと思います。

本日のテーマ

英語での寒さの違いを覚えよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

ではまずは、恒例の瞬間英作文に挑戦してみましょう!本日は2問出題します!

1:劇場が肌寒かったから、温かいコーヒーを飲みたい。

2:今日、寒くない?

さて、日本も暑い夏が終わり、徐々に寒くなってきました。そこで本日は寒さに関する単語をご紹介したいと思います。寒さの度合いよって「肌寒い」なのか、「凍えそう」なのか、使う言葉が変わりますが、英語でも寒さの度合いよって使う単語が違います!

会話の中で、気候の話になった時、ついつい“cold”ばかり使っていませんか?もしかするとそれでは、伝えたい寒さの加減が伝わっていないかもしれません。

まずは早速、瞬間英作文の解答を見てみましょう!

1:劇場が肌寒かったから、温かいコーヒーを飲みたい。

1:I want some coffee because it was chilly in the theatre.

2:今日、寒くない?

2:It’s cold today, isn’t it?

ここで、寒さを表す“chilly”と“cold”という単語が出てきました。“cold”はよく皆さんも使うと思いますが、実は“cold”は結構寒い日を表します。イメージとしてはコートが必要な日を考えてください。

一方、“chilly”のイメージとしては「肌寒い」という感じです。コートまでは着なくても、ジャケットなど、1枚はおりたくなるような気温と覚えてください。

ちなみに涼しい、ちょっと冷える、くらいですと“cool”で表すことが出来ます。

逆に、真冬の吹雪いている、凍てつくような寒い日は、“freezing”という単語を使います。

“freezing”はそれだけで「凍てつくような寒さ」を表しますので、“very cold”などのように“very”などの、程度を表す言葉を付ける必要はありません。

いかがでしょう。気温の上がり下がりが激しいこの季節、ぜひ、ますは“cold”と“chilly”の使い分けから、挑戦してみてくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。「寒さの違い」だけでなく、様々な日常表現を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、イギリス英語のネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富なTipsも各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英語の感覚を身につけていけます。活きた英語表現をぜひ体験してみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

英会話でも重要!倍数表現の基礎をマスターしよう!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 比較, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの中から覚えておきたい文法項目をピックアップしてご紹介します!繰り返しの瞬間英作文で感覚をつかんだら、次は解説を読んで理解まで落としこんでくださいね!

本日のテーマ

「倍数表現(基礎)」を覚えよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ4分で読むことが出来ます。

ではまずは、恒例の瞬間英作文に挑戦してみましょう!

「それの人口はロサンゼルスの2倍です」

英語の文法項目の中で、比較が苦手と言う方も多いと思います。比較は覚えなくてはいけない構文が多かったり、また、それが少し複雑だったりしますよね。

そんな比較をマスターするには、ポイントがあります。それは、

・一度に比較の項目の多くを理解しようとせずに、少しずつ進めること。

・まずは、理解すること考えずに感覚つかむ(スムーズに見ないで言える)まで、繰り返し構文を口に出し暗記すること。

・構文の感覚をつかめて(暗記できて)から、文法解説を理解すること。

です。この3つのポイントを意識しながら、少しずつ覚えていくようにしてください。苦手な単元はとばすのではなく、「一歩ずつの理解」を意識していきましょう!!

そして本日、覚えていただく比較の構文が “as~as”を用いる倍数表現です。

“as~as”と言うと、「~と同じ」という意味が最初に浮かびますね。この最初の“as”の前に、回数を表す“twice”や“~times”を置くと、「・・・の~倍 ○○」という意味になります。

・twice as 形容詞/副詞 as ○○○ ⇒ ○○○ の2倍 形容詞/副詞

・△ times as 形容詞/副詞 as ○○○ ⇒ ○○○ の△倍 形容詞/副詞

という形になります。では、先ほどの瞬間英作文で具体的な例を見てみましょう!

「それの人口はロサンゼルスの2倍です」

“Its population is twice as large as that of Los Angeles.”

“Its population is two times as large as that of Los Angeles.”

いずれの表現も同じ意味になります。この型が“as~as”を用いる倍数表現の基本です。こういった表現は、日常会話でも良く使います。特にビジネスで英語を使う方は必須ですね。まずは、この基本文を複数回、すんなり瞬間英作文が出来るまで繰り返し、スムーズに口から出るようになったら、再度文法解説を読んで理解してください。さらに細かく構造的に理解をしたいという方は、アプリでチャンク学習をすると、比較の構造が頭にインプットされます。ぜひ、覚えてくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「倍数表現(基礎)」だけでなく、様々な文法の解説が詳しくされています!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

チャンク学習や、瞬間英作文で感覚をつかみつつ、解説もチェックして理解まで落としこんでくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play