“New Year’s Resolution”を決めて、来年は英会話をマスター!

Posted on Posted in モチベーションの維持

みなさんこんにちは!!

クリスマスも終わり、残すは今年の内にやっておくべきことを整理していくという感じでしょうか。「今年のことは、今年の内に」も大事ですが、新しい年に良いスタートを切るには、何をすべきかを考え、それに向けた準備をしたり、計画を立てておくことが大事です。

ということで本日のテーマは

来年も英会話で良いスタートを切るための、“New Year’s Resolution”を決めよう!!

です。この記事はおよそ5分で読むことが出来ます。

まず“New Year’s Resolution”とは何かと言いますと、日本語では「新年の誓い」と訳されます。日本でも、年の初めに今年の目標を書き初めにするなどの文化がありますが、アメリカにも“New Year’s Resolution”と言って、年の初めに新たしい年の目標を立てることがあります。

中でもアメリカらしい“New Year’s Resolution”と言えば

  • 瞑想を始める
  • カロリーの低いものを食べる
  • もっと自然の中で過ごす

というようなものがあります。

こういった目標を立てると、新しい年がなんだかウキウキしますし、また気持ちを新たに頑張ろうという思いになりますよね。区切りを設けて一度リフレッシュし、また、新たな気持ちで始めるというのはモチベーションもあがるので、英語学習にも非常に効果的です。

もしかすると、今年は思ったより上手く出来なかった方もいるかもしれませんし、予定していたより、良い成果を上げられた方もいるかもしれません。これら成果は皆さんが1年間やってきたことの結果であり、良くも悪くも変えることは出来ません。

もう少し出来たという方は、まず今年出来なかったことを来年からしっかりやるとか、今年の目標が少しハードルが高すぎて、途中で挫折したという方は、もう少し継続しやすい目標に設定し直すということから始めてみましょう。

また今年、目標を達成出来たという方は、1年前の自分をまずは想像してみましょう。どれだけの変化がありましたか?1年前は、海外からの旅行者に道を聞かれても答えることが出来なかったかもしれません。しかし、今なら道を教えてあげることが出来るという方もいると思います。読めなかった英語のニュースが読めるようになった方や、TOEICで点数をあげた方もいます。きっと始める1年前は、自分がここまで成長出来るかは未知数だったと思います。しかし、1年続けた結果として、皆さんが1年前の皆さんではないことは真実です。

来年もまた新たな目標を立て、継続することで1年後にまた新しい自分に会う事が出来ます。英語に限って言えば、継続することだけが近道です。今の自分から、更に成長した自分、理想の自分をまずは想像して、そこへ辿りつく為の具体的な目標に落とし込んでください。

目標は1年の進捗の中で変わるかもしれません。それはもちろんOKです。まずはスタートしてみて、もう少しいけるとか、続けるためにはもう少し軽くしようなど、調整が必要です。

おススメは、手帳の始めや、1月のメモ欄に“New Year’s Resolution”書き、月ごとに先月は出来たとか、出来なかったなど振り返りながら修正を加えていくことです。色々なデジタルツールもありますが、手書きがおススメです。

自分の手で、自分の目標を書き、毎月自分の手で振り返ってみましょう。もちろん学習時間の管理などは、便利なアプリも沢山ありますので活用してください。大事なのは、新しい1年に良いスタートが切れることと、1年を通じて継続できること。

色々と試していきながら、ご自身にあったスタイルを確立させましょう!

今年のブログはこれで更新が終了となりますが、来年もまた、皆さんの英語学習の役に立てるような記事を更新できるよう、頑張ります!

それでは良いお年をお過ごしください!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!日常英会話で色々登場する“pretty”を知ろう!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

オンライン英会話で困らないためのフレーズ達

瞬間英作文でオンライン英会話に役立つ英語を覚えよう!!

Posted on Posted in オンライン英会話で練習, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文アプリ An Instant Replyよりオンライン英会話で使えそうなフレーズをご紹介したいと思います!!


という事で本日のテーマは

瞬間英作文の成果をオンライン英会話に活かそう!!

です。早速見ていきましょう!!


*本日ご紹介するフレーズ、解説は瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からご紹介しています。




トークの切り口の王道は天気!!

オンライン英会話では、初対面の先生と話すことも良くあるので、うまく話題が出て来ず、ちょっと気まずい空気が漂うこともありますよね。


そんな時は、相手も深く考えないで答えることができ、こちらも気軽に扱える天気の話題でお互いリラックスするのがおススメ。まずはそのようなシチュエーションで便利なフレーズを見ていきましょう!


①今日はいいお天気ですね。

It’s a lovely (beautiful) day.

→lovelyを使っているのがここのポイント。会話では「晴れ」の意味で “fine” はあまり使われず、その代わりに、晴れていること自体よりも「晴れてて気持ちがいい」という表現がよく使われます。


②雨がひどいです。

It’s very wet.

→「雨」の表現でオモシロいのは “wet” を使うことです。ウェットティッシュとかウェットスーツのウェットです。雨がひどい時は “It’s very wet” でいいんです。


③今日は一日中、雨が降ったり止んだりです。

It’s been raining on and off all day.

→一日中ずっと降っているなら “It’s been raining all day” と言えるのですが、微妙に違う「降ったり止んだり」を表現するには “on and off” というフレーズを使います。


あいづちが英会話を盛り上げる!!

相手のリアクションがいいと話して安心しますよね。それは向こうも同じで、何かを教えてくれたり、ディスカッションしている時は、あいづちをきちんとしてあげましょう!


④えっ、そうなの?

Is that so?

→“Really?” は簡単で使いやすいですが、何度も何度も “Really?” を連発するのはあまりカッコよくないので、そんな時は “Is that so?” や他のフレーズを交ぜてみましょう。


⑤いいね!

That’s great!

→great のところを awesome、wonderful、 amazing、fantastic に置き換えることで相づちのバリエーションが増えます。


オンライン英会話でちょっとつまったときは・・・

言いたいことはあるんだけど英語でなんて言えばいいか分からない、相手の質問が難しくて答えに困るということって良くありますよね。そんな時は以下の2つのフレーズをとりあえず使えるようになりましょう!


⑥英語でなんて言えばいいんだろう…

I don’t know how to say it in English.

→会話は言葉のキャッチボールなので、ボールを投げた相手はどんな形であれ返ってくるのを期待しています。答えに困っても無言で沈黙するのだけは避けましょう。

英語で何と言っていいのか分からない時は、“I don’t know how to say it in English” と返すだけでも、相手はそれに対してまた何か反応してくれるはずです。


⑦ちょっと答えに困るなあ。

That’s a very good question.

→英語で答えに困る質問をされたことはありませんか?でも、そこで何も言わずに無言で考え込んでしまったら、質問をした人は何で相手が急に黙り込んでしまったのか不安になってしまいます。そんな時は、とりあえず “That’s a very good question.” と言ってみましょう。「それはとてもいい質問だね!」と、そのままの意味で使われることもありますが、「答えに困るなあ」という時に特によく使われます。


いかがでしょう。特に難しいものはないと思いますが、改めてみるとこのような表現はパッと出て来なかったりしますよね。瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、オンライン英会話のみならず、実際の英会話に使える表現がたくさん含まれています。


まずはその中から、皆さんが良く使いそうなものをピックアップして、積極的にアウトプットすることで自分の引き出しにしてしまいましょう!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

英語学習に自信をなくした時は文型に戻ろう!

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんにちは!本日もブログを読んでリフレッシュしてくださいね!

本日のブログのテーマはズバリ…


英語を学習する上で欠かすことの出来ない考え方!!

です。


この考え方を持ち英語に取り組んでいるかいないかで、成長のスピードも違いますし、挫折をしそうな時に乗り越えられる可能性が高くなります。

では早速その考え方をご説明していきましょう!


英語と日本語の語順の違いの意識を強く持つこと


これは違う言語なので当たり前のことですがとても重要です。

例えば以下の文をみてください。


「私はジョンが昨年書いた歌を知っています。」

“I know the song which John wrote last year.”


これを比べると全然違いますよね。ちなみに英語の語順で日本語に直してみましょう。

「私は知っている/その歌を/すなわち/ジョンが書いた/昨年。」

となります。


日本語に慣れてしまっている私たちが、英語の語順で考えるのは非常に難しいですが、実際にはこの考えかたを身につけないと英会話の際に、会話にロスが起きかねません。

ですので、日ごろから日本語を英語に素早く直すだけでなく、英語の語順を意識してトレーニングを行う必要があります。


重要なのは文型

どんなに複雑な文も基本的には5文型が骨格にあり、そこに形容詞など修飾語が付いたりすることで文に追加情報が肉付けされていきます。


ですので複雑な文の場合はまずはどんな文型かを意識し、シンプルに考えてみましょう。


先ほどの例文も基本は以下の形です。

「私は/知っています/その歌を。」

“I know the song.”


時折、瞬間英作文で挫折をしてしまう方の声を聞きますが、難しい文になると何から考えていいかわからなくなり、自信をなくしてしまい英語学習を断念してしまうことが多いようでした。


しかし、そこで自信をなくさず文型を意識し繰り返しトレーニングを行う事で英語の骨格が見えてくるようになります。

なので例えば長い文や難しく感じる文は、まず文型をとる事だけを意識してみてください。

慣れてきたら修飾語などをたしていくことで、英語のリズムに慣れてくる事が出来ます。


例えば以下の文を見てみましょう。

「我々がリサイクルを推進している理由は、環境の改善を助けるためです。」

少し難しいと感じたらまずは文型をとってみましょう。



手の上に小さな植木

主語は「理由は」述語は「です」補語が「助けるため」ですね。これを英語にすると

“The reason is to help.”

S+V+Cの第二文型ですね。

まずはこの文型を素早くとれるようにするのが大切です。

慣れてきたら「我々がリサイクルを推進している」が「理由」を修飾するとか、「環境の改善を」が「助ける」の目的語になっているなど少しずつ考えていけるようになっていきましょう。


また、文型はとれるけど、修飾語が上手くとれないという方は、関係詞のパートを重点的に行うと英語の修飾パターンが見えてくるのでおススメです。


ちなみに先ほどの文の全文です。

“The reason why we promote recycling is to help improve the environment.”


ぜひ、良かったら本日から意識して学習してみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン