英語学習のその先は!?

Posted on Posted in 目標

みなさんこんばんは!今週も「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」で英語脳を鍛えてくださいね!


さて本日は英語学習のTIPSではなく、その先の事に関して考えてみたいと思います。

ぜひお時間がある時に読んでくださいね。


近年、日本人と英語との関係が急速な勢いで変わっているような気がします。

東京オリンピックを控え、英語が使えるボランティア不足を心配する声が聞こえたりもしていますが、一方で多くの企業が社員に一定以上の英語力を求め始め、英語が使える事が当たり前の社会になって来ています。


ネットの普及もあり、世界と繋がる事がとても簡単になってきましたよね。

FacebookやTwitterをやっている方は、結構な頻度で英語のコンテンツや海外の動画などがタイムラインに流れるのを目にするのではないでしょうか。


少し考えてみるとほんの十数年前、こんなに日常的に海外の情報が目に入って来ることはあまりなかった気がします。

ネット社会ではいつでも海外の人とコミュニケーションが簡単にとれる時代です。

英語に関してわからない事があればネイティブに直接質問することも出来ますし、皆さんが海外の人に日本のことを教えることだってできます。

英語を話すに関わらず英語をアウトプット出来る機会はとても増えていますし、簡単になりました。


そんな中、皆さんの英語学習のゴールはどこにあるのでしょうか。

TOEICで900点以上、学校のテストで良い点をとる、転職に必要だから…などなど様々だと思います。

このようなゴールは学習の目的となりますし、継続するためのモチベーションにもなるのでとても良い事だと思います。

ただ、もしそのゴールに到達した時、英語に対して自信を持てなかったら少し寂しくないですか?



山の看板

実際、英語の資格試験で好成績をマークしても英語が話せるようになったと実感できる人はとても少ないんです。

というのも目標が数字になってしまいがちで、なかなか得た情報をどうアウトプットするかまで考える事が出来ないため。

聞いたり見ればわかる状態で止まってしまっているんですね。


ここから先に進むにはどうしてもアウトプットの訓練が必要です。

ただアウトプットと言っても難しく考える必要はありません。

最初から一文丸々を言える必要はありません。

極端な例ですが以下の文を見てください。


“What do you do.”(仕事は何をしていますか)

“Lawyer.”(弁護士)

もし、上の文のように「仕事はなんですか。」と聞かれた場合、一文を組み立てようとして返事をするのに時間がかかってしまうなら“Lawyer.”と答えるだけでも通じます。

もちろん全ての会話でこのような状態はよくありませんが、まずは“Lawyer.”がさっと出てきて言えることが重要です。


実際の会話ではテストのように考える時間をとることはできません。

常にアウトプットを行える状態にいる事が重要です。

そのアウトプットをよりスムーズに行う為に重要なのが英語を意味ごとのかたまりでとらえ、それを正しい文法で組み立てられるようにすること。

ですが、どうしても私たちは日本語で考えたものを英語にリライトしていく癖があるので、一定レベル以上の文章ではこの作業が非常に難しく感じます。


例えば「父は私を野球選手にさせたかった」を英語にすると

“My father wanted to make me a baseball player.”

と言う文になります。



野球ボール

ではこれを英語の語順で日本語に直してみましょう。

「私の父は・したかった・させることを・私を・野球選手に」

となります。


では通常の日本語と、英語の語順の日本を並べてみましょう。

「父は私を野球選手にさせたかった」

「私の父は・したかった・させることを・私を・野球選手に」

こう比べると、英語と日本語の語順が大きく違うのがわかると思います。

この違いこそが私たちを苦しめる大きな原因です。

ですので、英語の豊富な知識を持っていてもこの壁を超えないと英会話などのアウトプットで上手く使いこなすことが出来ないのです。


なので、普段から英語をチャンク単位(ひとまとまりの意味)で組み立て、それを英語の語順でつなぎ合わせていく訓練が重要になります。

もし英語に中々自信が持てないという方は、今の目標に加えチャンク単位で英語を考え吸収した知識をアウトプット出来るという目標を付け加えてみてはいかがでしょうか?


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

瞬間英作文でも解説を大事にしよう!!

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんばんは!ゴールデンウィーク、英語学習を思い通りに出来なかったという方、「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」でスキマ時間を見つけて英語脳の感覚を取り戻してくださいね!

ところで皆さんは瞬間英作文やCHUNK英作文を行う際にどういった事を意識していますでしょうか。

出来るだけ早いスピードで瞬間英作文をしよう!とか、三人称単数の“s”をつけ忘れないようにしようとか色々あると思います。

こういった部分を意識して瞬間英作文を行うのはとっても大事です。

ただ、それに加えてもう一つ意識していただきたい事があります。

それが今自分が行っている文法事項で重要な事は何かを意識すること。

スピードや細かいミスを意識しているうちに、英作文している文法項目は理解しているんだけど、この項目の重要なポイントは何か見失いがちになります。

例えばAn Instant Replyの「高校文法総復習ALL IN ONE Basic」のコンテンツの時制の単元で、以下の例文が出てきます。

「結婚式はいつ?」「まだ決めていないんです。」

この文章を皆さんぜひ英作文してみてください。

結婚式

できましたか。

正解は“When will the wedding be ?”“We haven’t decided yet.”となります。

二つ目の文章で悩んだ方も多いのではないでしょうか。

こちらの問題には以下の様な解説がついています。

「現在完了形が使われているのも、「現時点で決めていない」という意味で、話し手の意識が「現在」にあるからです。仮に、現在完了形(We haven’t decided)を現在形(We don’t decide)にすると、「私達は(いつも)決めない」という「習慣」を表すことになります。また、現在進行形(We’re not deciding)にすると、「私達は(今)決めようとしていない」という「寸前の状況」を表すことになります。ですから、「まだ決めていない」という意味は現在完了形でしか表せません。」

このように、もし問題を解答出来た場合でも、このような微妙なニュアンスの差が生じる文章においては、しっかりとなぜそうなるかを理解しておくことが重要です。

ついつい瞬間英作文を行っていると、文法単元でパターン化されてしまったり、繰り返し行う事で文章自体を覚えてしまったりする事が多くあります。

しかし、そんな中でも、なぜそうなるのかを意識しながら行う事で、文法的な理解が深まり、スピーキングの際により正解な英語を話せるようになります。

瞬間英作文自体、トレーニングとしてハードな内容で、さらにここで文法の理解となるととっても大変かもしれません。しかし、文法を丁寧に行うことで英語を話せるようになるスピードは一気に上がります。

ぜひ「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」の解説部分にも注目して学習を行ってくださいね!!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

瞬間英作文学習で気をつけたい3つのポイントとは!?

Posted on Posted in 学習法

みなさんこんばんは!「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」での学習は順調ですか?継続的に行うことで効果が必ず出るので頑張ってくださいね!

さて、本日もこちらより英語学習の役に立つTIPSをご紹介したいと思います!

本日は瞬間英作文学習をより会話に活かす為の学習時に意識したいポイントをご紹介します。実は、とても些細な事ですが、今からご紹介する事を意識するだけでスピーキングスキルが向上するスピードがぐんとアップします。



公衆電話

皆さんが瞬間英作文をやる目的は、英語をスムーズに話せるようになりたいからだと思います。この目的において瞬間英作文学習は非常に効果的です。

しかし、繰り返し学習しているうちに文章を覚えてしまい、考えずとも英語が出てくるようになってしまう事も多々あるのではないでしょうか。

このような場合、英語を考え、処理し、アウトプットをするという点においては効果が少し落ちてしまう恐れがあります。

そうならないためにも、以下の3点を注意しながら学習を進めてみてください。


その1.瞬間で考え、一度立ち止まる。

例えば「私たちのオフィスは日曜と祝祭日は閉まっています。」と言う文。

訳すと“Our office is closed on Sundays and public holidays.”となります。

一見それほど難しい文章ではありませんが“Sundays”と複数形になっています。

これは一度だけでなく、毎週日曜日の度に繰り返される場合、このように複数形にします。

このような細かいポイントは意外と見落としがち。

瞬間英作文学習はルーティン作業でもあるのでこういった点まで中々気を配りにくいですよね。ぜひ、訳すスピードにこだわりながらも、注意してみてください。


その2.定型表現の使い方を意識する。

定型表現が登場した場合、その文は少し時間をかけて3~5回程、口に出して読み、文の中で慣れるようにしてください。

イディオムや定型表現などは単語集などでその型を覚えるのではなく、文章の中でどのように使われるのかを理解するのが重要です。

例えば「Fredはこの1週間ファストフードしか食べていない。」と言う文。

訳すと“Fred has eaten nothing but fast food for a week.”となります。

この中に“nothing but~”という定型表現が出てきます。

こちらをイディオム集などでみると

nothing but~:~だけしかない、~以外のなにもない

というようになっていると思います。

このように単に意味だけを覚えるのではなく、文脈で覚えることで、“but”は「~以外の」という前置詞なので、後ろには名詞が来るんだなというところまで覚えることが出来ますね。


その3.副詞を意識する

基礎的な表現であっても副詞を意識しないとミスをしてしまいます。

例えば「ハワイに行きたい」は“I want to go to Hawaii.”ですが、「海外に行きたい」は“I want to go abroad.”です。

“Hawaii”は名詞なので“go”の後に“to”が必要ですが、“abroad”は副詞で、すでに意味の中に“to”に当たる「~に」が含まれているため、“go”の後に“to”は不要となります。

これらは普段から意識しておかないと実際の会話の際に気付かぬうちに間違えている事がよくあります。

ぜひトレーニングの際にこのようなポイントにも注意してみてください。

「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」の学習法の一つCHUNK英作文では細かい単位に区切って瞬間英作文していくので、これらの確認を行いながら学習がしやすいのでぜひトライしてみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン