英会話にも活かせる!?TOEIC受験とは!?

Posted on Posted in TOEIC

みなさんこんにちは!!

本日も英語学習に役立つ情報をお届けしていきたいと思います!

本日のテーマは

英会話力にもフィードバック出来るTOEIC受験

です。

昨日、久しぶりにTOEICテストを受験してきました。An Instant Replyユーザーの中にも、TOEICを受験された方はいますでしょうか?また、皆さんはTOEICをどのような目的で受験していますか?

私がTOEICを受験し始めたころ、TOEICを受けるにあたり決めたことがあります。それは点数にこだわるのではなく、TOEICを受ける目的と、内容にこだわることです。私が英語学習を始めた目的は、英語でコミュニケーションをとれるようになりたいからでした。

ですので、TOEICもその目的を実現する手段の1つとして考えています。TOEIC対策では様々なテクニックがありますが、点数を目的にしているわけではないので、出来るだけ英語力が伸びることとは関係の無いテクニックは、見ないようにしています。

ではなぜ、英会話力を伸ばすためにTOEICを考えたかというと、以下の理由があります。

  • 1.圧倒的に語彙力が少なかったため、ある程度日常、ビジネスの両方で使われる語彙力をつけたかったから。
  • 2.アメリカ英語、イギリス英語などとくくらずに、リスニングスキルをあげたかったから。
  • 3.英語の理解速度を高めたかったから。

1に関しては、単語帳は基本的は使わずに、TOEICの問題集で出てくるセンテンスの中で覚えるようにしました。そうすることで、少し堅い意味の単語でも、使う場面や、使い方をイメージしやすくなります。

2ですが、TOEICでは45分前後のリスニング問題があります。それもアメリカ英語に限らず、イギリスや、オーストラリア、カナダなど、様々な英語のアクセントのリスニング問題が出題されます。外国語ではなく、グローバルランゲージとなった英語は、ネイティブスピーカよりも、ノンネイティブスピーカーに話されている数の方が圧倒的に多くなっています。なので、これから皆さんが聞く英語は、必ずしも、私達が学校で習ってきた聞きとりやすい英語とは限りません。その点を踏まえ、複数のアクセントの英語が使われるTOEICテストのリスニングを使って、まずは英語の聞きとり力をアップしたいとかんがえました。

3については、受験されたことがある方はわかると思いますが、TOEICでは、膨大なリーディング問題を短時間で処理していかないといけません。英語を日本語に置き換えながら考えていては、全ての問題を解くのに時間が足りません。英語を英語で理解することが必要です。そして、それはリスニングでも役に立ちますし、英語を英語で理解できるようになると、自分で英語を考える時も、自然に英語が頭に浮かぶようになります。英語脳をつくる手段の1つとしてTOEICのリーディング学習はおススメです。

TOEIC学習をしてきた感想ですが、正直TOEICだけでは全然足りません。しかし、確実なベースが出来ます。たとえば、テクニックに頼らず、自分の理解度だけで600点が獲得出来れば、ある程度英語を話すのに基本的な力はついているはずです。

もしTOEICで600点以上あるのに英語が話せないという方は、話す練習が足りないだけです。話す練習をすることで、文法の構成力が弱い、日常表現が乏しい、など、課題が見えてきます。その課題に対応したコンテンツを使い学習を繰り返し行えば、英会話力は格段にあがっていきます。

間もなく12月なりますが、少しずつ、今年1年の英語学習振り返りつつ、来年に向けて改善したい部分や、より伸ばしたい部分などを考え、よい1年の英語学習の締めくくりができるようにしていきましょう!!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!実は意味が結構違う!?“study”と“learn”の違いとは?

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyでは、

中学、高校、日常会話とレベルや英語学習の状況に応じてコンテンツを選びながら、瞬間英作文をすることが出来ます。繰り返し同じコンテンツを瞬間英作文することで、英語の構造を自然に意識できるようになり、英語を実際に話す場面で必要な瞬発力を鍛え、素早く、正確な英語を話せるようになります。文法レベルが安定してきた後は、日刊英語ライフのコンテンツで瞬間英作文を繰り返すことで、ボキャブラリーや表現の幅を広げることが出来、英語の引き出しが増えるので、英語を話すことがどんどん楽しくなっていきます。

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらの週ごとに更新されるコンテンツで、一度中身を確認が出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

オンライン英会話で困らないためのフレーズ達

瞬間英作文でオンライン英会話に役立つ英語を覚えよう!!

Posted on Posted in オンライン英会話で練習, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文アプリ An Instant Replyよりオンライン英会話で使えそうなフレーズをご紹介したいと思います!!


という事で本日のテーマは

瞬間英作文の成果をオンライン英会話に活かそう!!

です。早速見ていきましょう!!


*本日ご紹介するフレーズ、解説は瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からご紹介しています。




トークの切り口の王道は天気!!

オンライン英会話では、初対面の先生と話すことも良くあるので、うまく話題が出て来ず、ちょっと気まずい空気が漂うこともありますよね。


そんな時は、相手も深く考えないで答えることができ、こちらも気軽に扱える天気の話題でお互いリラックスするのがおススメ。まずはそのようなシチュエーションで便利なフレーズを見ていきましょう!


①今日はいいお天気ですね。

It’s a lovely (beautiful) day.

→lovelyを使っているのがここのポイント。会話では「晴れ」の意味で “fine” はあまり使われず、その代わりに、晴れていること自体よりも「晴れてて気持ちがいい」という表現がよく使われます。


②雨がひどいです。

It’s very wet.

→「雨」の表現でオモシロいのは “wet” を使うことです。ウェットティッシュとかウェットスーツのウェットです。雨がひどい時は “It’s very wet” でいいんです。


③今日は一日中、雨が降ったり止んだりです。

It’s been raining on and off all day.

→一日中ずっと降っているなら “It’s been raining all day” と言えるのですが、微妙に違う「降ったり止んだり」を表現するには “on and off” というフレーズを使います。


あいづちが英会話を盛り上げる!!

相手のリアクションがいいと話して安心しますよね。それは向こうも同じで、何かを教えてくれたり、ディスカッションしている時は、あいづちをきちんとしてあげましょう!


④えっ、そうなの?

Is that so?

→“Really?” は簡単で使いやすいですが、何度も何度も “Really?” を連発するのはあまりカッコよくないので、そんな時は “Is that so?” や他のフレーズを交ぜてみましょう。


⑤いいね!

That’s great!

→great のところを awesome、wonderful、 amazing、fantastic に置き換えることで相づちのバリエーションが増えます。


オンライン英会話でちょっとつまったときは・・・

言いたいことはあるんだけど英語でなんて言えばいいか分からない、相手の質問が難しくて答えに困るということって良くありますよね。そんな時は以下の2つのフレーズをとりあえず使えるようになりましょう!


⑥英語でなんて言えばいいんだろう…

I don’t know how to say it in English.

→会話は言葉のキャッチボールなので、ボールを投げた相手はどんな形であれ返ってくるのを期待しています。答えに困っても無言で沈黙するのだけは避けましょう。

英語で何と言っていいのか分からない時は、“I don’t know how to say it in English” と返すだけでも、相手はそれに対してまた何か反応してくれるはずです。


⑦ちょっと答えに困るなあ。

That’s a very good question.

→英語で答えに困る質問をされたことはありませんか?でも、そこで何も言わずに無言で考え込んでしまったら、質問をした人は何で相手が急に黙り込んでしまったのか不安になってしまいます。そんな時は、とりあえず “That’s a very good question.” と言ってみましょう。「それはとてもいい質問だね!」と、そのままの意味で使われることもありますが、「答えに困るなあ」という時に特によく使われます。


いかがでしょう。特に難しいものはないと思いますが、改めてみるとこのような表現はパッと出て来なかったりしますよね。瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、オンライン英会話のみならず、実際の英会話に使える表現がたくさん含まれています。


まずはその中から、皆さんが良く使いそうなものをピックアップして、積極的にアウトプットすることで自分の引き出しにしてしまいましょう!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

瞬間英作文学習で重要な事とは!?

瞬間英作文を英会話に活かすための、ちょっとした意識を持とう!

Posted on Posted in 便利な表現, 勉強法, 勘違いしがちな単語, 学習法, 意外と知らない英語の注意事項, 文法を会話に活かそう!, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は、瞬間英作文アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のフレーズより、ぜひ知っておきたい動詞の違いをご紹介します。


本日のテーマは

瞬間英作文で慣れた感覚を知識にして英会話にいかそう!!

です。早速行きましょう!!



瞬間英作文でもリアルな日常英会話を意識しよう!!


こちらの記事を読まれている方の多くは、普段から瞬間英作文をされていると思います。瞬間英作文学習で重要なのは繰り返し行う事で、瞬間的に英語を発想する力を養うのと、英語独特の文法や構文を発することに慣れることですね。ただ、この慣れというのは時に、英語の使い方に誤解を生んでしまう事もあります。


ですので、時々、自分の英語は正しい英語なのかという事を考えながら、ポッドキャストを聞いたり、洋画をみたりして、生の英語でチェックすることが重要です。

また、瞬間英作文アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のフレーズは、実際にネイティブが使うリアルな表現が集まっていますので、こちらで瞬間英作文をしながらネイティブ流の英語発想法の感覚や、言い回しを身につけるのもおススメです。


“Can I use your bathroom? ”にみる、気をつけたい英語表現


そして本日はその「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツのフレーズの中から、気をつけたい表現をご紹介していきます。


そのフレーズが上にも出てきましたが、“Can I use your bathroom? ”です。

“bathroom”というと、日本語の感覚ではお風呂をイメージしてしまいますが、英語ではトイレを意味します。なので、このフレーズは「トイレを借りてもいい?」という意味になります。


ちなみにトイレは、“toilet”という事も出来ますが、これは使う英語圏で違いがあります。

その点に関して、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」コンテンツを提供してくれました、日刊英語ライフさんの解説を参照してみましょう。


ニュージーランドでは “toilet” と言います。お店やレストランでトイレを使いたい時に “Where are the toilets?” と聞く人はたくさんいます。トイレを表す言葉は他に、”bathroom” “ladies’/gents’” もありますし、ニュージーランドを含むイギリス英語圏では “loo(ルー)” もよく耳にします。イギリス英語では“toilet” という単語を使っても大丈夫ですが、アメリカ英語では直接的すぎる表現なので避けられます。


ということなんですね。なので、どの国でどう言った単語を使うかという事を、細かいようですが意識するのも大事ですね。TOEICでもアメリカ英語、イギリス英語以外の地域の英語が出題されますので、このような意識を持つことはTOEIC対策にもつながりますね。


“use”or “borrow”!?


この“Can I use your bathroom? ”にはもう一つ重要な単語が出てきます。それが“use”です。借りるというと“borrow”のイメージがありますが、この場面では“borrow”は使いません。


“use”と“borrow”の違いとしては、“use”はその場でちょっと使わしてもらうという時、“borrow”は借りて持っていくという時に使われます。

こちらに関しても、日刊英語ライフさんで詳しく解説してくれていますので、チェックしてみてください→クリックして「日刊英語ライフ」の解説を見る


このように、普段当たり前と思うような単語が実は微妙なニュアンスで使い分けられていることは結構あります。

瞬間英作文をしていると、基本的な英語を発する力はとてもよく伸びていきます。そのなかでさらにレベルアップするためには、やはりリアルな英語の言い回しもどんどん身につけていくことが必要です。


ですので、ぜひ、通常の瞬間英作文学習に加え、より日常的な英会話力を養う為の瞬間英作文も取り入れてみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン