英語の学習で文法を意識するということとは!?

Posted on Posted in 英会話, 英文法, 英語

みなさんこんばんは!

本日も英語学習のヒントになるような記事をお届けします。

本日のテーマはズバリ…

英語の学習で文法をどのくらい重視してる?

です!!では早速いきましょう!!


いきなりですが、皆さんは以下の2つの文の違いを考えたことがありますか?

A:“What do you do.”

B:“What are you doing.”


上での文は現在形で、下の文は現在進行形です。この二つを訳すと「あなたは何をしていますか?」という訳になりそうですね。もっと正確に考えるとAは「あなたは何をしていますか?」ですがBは「あなたは何をしているところですか?」という意味になります。


こうみるとこの二つの文章、意味は似てそうですよね。しかし、実は決定的な違いが存在します。それが現在形と現在進行形の表す意味です。

以前にも現在形はご紹介しましたが英語は現在を考えるだけでも複雑

ではもう一つご紹介します。次の文を英語にするにはどうすればよいでしょうか。

「彼は5年間この会社で働いています。」


現在形を使いますか、それとも現在進行形を使いますか?

実はここではどちらも使いません。その理由を見ていきましょう。

まず現在進行形ですが、5年間という期間が入っている時点で今だけのことではないですよね。なので現在進行形は使えません。


また同様に、現在形も5年間という期間が入ることで、5年前から続いている、ようするに5年前から現在に至るまでの過去も意識に含まれるという事で、現在の習慣や固定的状況とは言い難いので使えません。


ちなみに「彼はこの会社で働いています。」であれば現在形で問題ありません。


ではこのように過去の意識が含まれる場合はどうすればよいのかというと、現在完了形の継続用法を利用し次のようにします。

“He has worked at this company for 5 years.”


一見、日本語で考えると現在形でも平気そうな気はしますが、英語の感覚で考えると、現在の中でもさまざまな文法項目が使い分けられています。

このような感覚を身につけるには文法学習でのインプットと、瞬間英作文でのアウトプットは欠かせません。


ぜひ、An Instant Replyを使って計画的に学習してくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

意外と大事な現在形の基本!!

Posted on Posted in 時制

みなさん今晩は!

瞬間英作文 An Instant Reply運営部です。ここ2回ほど、このページよりアプリのリリースの告知をさせて頂きましたが、本日よりみなさんの英語学習のヒントになるようなことや、モチベーションが上るような小ネタなどをお届けできればと思っています。

160H

第一回目の本日は、英語の時制について少し考えてみたいと思います。時制と言うと、英語の基本ですが、実は、咄嗟の判断が必要な日常会話では意外と間違えてしまう事が多いんです。中でも気をつけたいのが「現在形」。えっ?現在形?と思った方もいると思うのですが、現在形には常に意識しておかないと知らない間に間違えてしまうトラップがあるのです。

ではそれは何かと言いますと、「現在形」が表すのは「現在の習慣的」または「普遍的な状況」であるという事。この辺、よく中学校の授業で言われることなので、何となく覚えていますでしょうか。こう言葉にすると難しいですよね。

ようするに「いつもやっていること」か「基本的に変わることがないこと」を表す時に現在形を使うと言う事なんです。

例えば以下の例文をみてください。

1.私は放課後バスケットの練習をします。

“I practice basketball after school.”

2.私はバスケットの練習をしているところです。

“I’m practicing basketball now.”

1の文はイメージとしては「私」は部活か何かでいつも放課後バスケットの練習をしているというニュアンスです。なので特に今しているかどうかに関係なく、いつもの放課後の習慣を話しているということです。

では続いて2の文ですが、現在進行形になっていますので、「私」がこの今の瞬間(もしくは期間)のみ練習しているというニュアンスです。この文では、いつも放課後練習をしているかはわからないけど、今、バスケットの練習をしている状況と言う事です。

バスケットゴール

このレベルですとまだ簡単ですが、現在をとりまく英語の時制は少し複雑です。

と言うのも現在を表す表現は

「現在形」

「現在進行形」

「現在完了形」

と3つもあり、この3つの表現が微妙なニュアンスの違いで使い分けられたりします。

このようなややこしさに負けずにしっかり使い分けるには、まず現在形が表すのは「いつもやっていること」か「基本的に変わることがないこと」という考え方をしっかり覚えておいてください。実は、この考え方を飛び出してしまう動詞もあるのですが、その辺はまた次回に詳しくお話しできればと思います。まず、本日は現在形の基本的な考え方を思い出してくださいね!!

**余談**

現在形の「基本的に変わることがないこと」と言うのは、「地球が太陽の周りをまわっている」(The earth goes around the sun.)のような変わることがない事実などの事です。

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証