compliment”って何!?

Posted on Posted in 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんばんは!!

本日は、An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のフレーズより、気になる単語のご紹介です。


今回はフレーズをクローズアップするのではなく、単語に関してのクローズアップです。

ということで本日のテーマは

“compliment”って何!?

です。早速行きましょう!!


と、その前に、本日の“compliment”という単語は、An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」の「4.便利な表現」に含まれるフレーズ“My compliments to the chef.”というフレーズから抜粋したものです。

こちらのフレーズを含め、「美味しい」の色々な言い方を知りたい方はぜひ、日刊英語ライフの記事もチェックしてください。

リンク:「“delicious” を使わずに「美味しい」って言えますか?」

ではいきましょう!

いきなり答えですが、“compliment”の意味は、名詞で「褒め言葉」「賛辞」「お世辞」という意味です。


そして、動詞で使う場合は「褒める」、「お世辞をいう」という意味で使われます。


“My compliments to the chef.”のように名詞で使われることが多く、このような形以外に、“make”を伴って“S make a compliment to someone”のような形でも良く使われます。


“compliment”に関しては上の使い方と、「褒め言葉」「お世辞」という意味を押さえておけば問題ありません。


“compliment”で気をつけたいこと

ところが“compliment”には非常に似た単語があります。

それが“complement”です。


“complement”の意味は動詞で「補足する」、名詞で「補足するもの」という意味です。

こう見ると意味は似ていないので、スペルを気をつけるくらいで、そんなに心配すること無いんじゃないのと思いますが、実は、“compliment”も“complement”も両方とも食事の席で使われることがある単語なんです。


“compliment”に関しては、先ほどみたように“My compliments to the chef.”(美味しいとシェフにお伝えください。)というように使われますね。


では、“complement”ですがこちらは以下のように使います。

“This red wine really complement to dinner.”

「このワインは夕飯に本当に良く合うわ。」


“complement”は先ほど説明したように「補足する」という意味でしたね。

なので、上の文ですと、「このワインがあってこその(ワインがあって完成する)夕食」というニュアンスになります。


いかがでしょう?

ちょっと使い方は違いますが、このように似たようなシチュエーションで登場するスペルの似た単語。


これを機に少し意識して気をつけてみてくださいね。


日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しいという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!Watch Out!! “sometime”は「時々」とは全然違うんです!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

好きなものを伝えるのに便利な“into”

Posted on Posted in 便利な表現

みなさんこんばんは!「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」での学習は順調ですか?継続的に行うことで効果が必ず出るので頑張ってくださいね!

さて、本日もこちらより英語学習の役に立つTIPSをご紹介したいと思います!

本日のテーマは“into”。

この単語を聞いて、ピンと来た方もいるのではないでしょうか?

“into”を使ったすぐに使える表現を今日は覚えてくださいね!

では早速その表現を使った例文を見てみましょう!

A:“What are you doing recently?”

B:“I practice guitar. ”

A:“What’s. Guitar?”

B:“Yeah, I’m really into playing the guitar recently.”

A:「最近何してるの?」

B:「ギターを練習している。」

A:「えっ、なに?ギター?」

B:「うん、最近、本当にギターにはまってるんだ。」

ギターを弾いている手 “into”は“be動詞”と一緒に使うと「~にはまっている」と言う意味になります。

“I’m into rock music”

「ロックにはまっているよ。」

“I’m into a pancake. I eat it five times a week.”

「パンケーキにはまっていて。週に5回食べてるよ。」

と言うように使います。

ちなみに“be動詞”の部分が“get”に変わると「はまっている」という状態ではなく「~にはまる」という動作になります。

“I got into studying English,when I was 15 years old.”

「15歳の時に英語の勉強にはまったんだ。」

“How did you get into the music?”

「なんで音楽にはまったの?」

いかがでしょう。

とても身近な単語“into”ですが、意外と話題を広げるのに便利なフレーズで活躍

ぜひぜひ早速使って、覚えてくださいね!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証]


Favebookアイコン