Canを英会話で使いこなそう!

Posted on Posted in TOEIC, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は、覚えておくと便利な表現を、1分で読める記事でご紹介します。


本日のテーマ

英会話でもっと“can”をフレキシブルに使おう!

です。


さて、“can”のイメージというと何を想像しますか?

もっともメジャーなのが「出来る」という意味ですね。


“I can count to ten in German.”

「ドイツ語で10まで数えることが出来ます。」


もちろんこの用法で使われることは非常に多いです。

しかし、本日覚えていただきたいのは可能性の“can”。


例えば「~の可能性がある」、「~がありうる」というようなことを言いたい場合“can”が活躍します。


“Never mind. Anyone can make mistakes.”

「ドンマイ。誰にでもミスはあり得る。」


と、このように言う事が出来ます。

で、実はこの可能性の“can”は、結構日常会話で登場することが多いです。


例えば、「それは本当かもしれない」というときの、

“It can be true.”

は良く海外ドラマや映画に登場するセリフですね。


逆にこれを“can’t”にすると

「そんなことありえない」という可能性を否定した意味になります。

“It can’t be true.”


いかがでしょう?

このように「~出来る」という能力を表す以外にも“can”は良く使われます。

瞬間英作文アプリAn Instant Replyのコンテンツ ALL IN ONE Basicでは他の例文も含め練習が出来ますので、ぜひ良かったら助動詞(現在形)項目で学習してみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン