“Me too”以外も使いこなそう!

Posted on Posted in TOEIC, アメリカ英語, イギリス英語, オンライン英会話で練習, 丁寧な英語, 便利な表現, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中からすぐに使えて役に立つ英語の表現をご紹介していきます。

本日のテーマ

「“Me too”以外も使いこなそう!」

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ5分で読むことが出来ます。

さて、本日もまずは瞬間英作文をしていきましょう!

A:正直、最初は彼女のことが好きじゃなかったの。

B:僕もだ。

今回のポイントはBさんのコメント、「僕もだ」です。

通常、「私も」という表現を英語にすると、“Me too.”を思い浮かべますよね。ただし“Me too.”は肯定文の不完全な文ですので否定文では使えません。以下の例を見てください。

C:“I like this car.”

D:“I like this car too.”

C:「この車が好きなんだ」

D:「僕も」

本来、“Me too”はBのような完全な文を省略したものです。“I too”ではなく、“Me too”なのは、昔から、そのように使われているからと覚えましょう。

なので、否定文では、“too”の「も」にあたる部分を否定にして、「も~でない」としなくてはいけません。そして、そこで使われるのが、“Neither”です。

E:“I don’t like this car.”

F:“Me neither.”

E:「この車、好きじゃないな」

F:「僕も好きじゃなない」

のように使います。しかし、この“Me too”も“Me neither”も不完全な文ですので、カジュアルな場で使われます。ですので、友達同士では使われますが、ビジネスなどの場面では使われることはまれです。

では“Me too”の代わりに、ビジネスの現場でも使われる表現は何なのかというと“So do I”です。“So do I”は「私もそうなんです」とより丁寧な表現になりますが、ビジネスだけでなく、日常会話でも多用されます。

そして、こちらも否定文では使えず、否定文では“So”を“Neither”に変え、“Neither do I”とします。ではここまで理解したところで、本日の瞬間英作文の解答を見てみましょう。

A:正直、最初は彼女のことが好きじゃなかったの。

B:僕もだ。

A:“Honestly, I didn’t like her at first.”

B:“Neither did I.”

ここで注意が必要なのは、“Neither did I”と時制が過去になっている点です。“So do I”でも、“Neither do I”でも、“do”の部分は、話し相手の時制や動詞に合わせます。

例えば以下の例文をみてください。

G:“I’m not a big fun of this singer.”

H:“Neither am I”

G:この歌手はちょっと苦手です。

H:僕もです。

この例文では、相手がbe動詞の文で話しているので、同意する際もbe動詞に合わせます。

他にも“I wouldn’t do that.”「私ならそうしないな」に同意するなら、“Neither would I”となります。

いかがでしょう?ちょっとややこしい部分はありますが、とても一般的な表現ですので、ぜひ今後は積極的に使ってみてくださいね!

本日ご紹介した内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの、「高校文法総復習ALL IN ONE Basic」に登場します。英会話の基本はしっかりとした文法力です。「高校文法総復習ALL IN ONE Basic」では、会話に役立つ実践的な表現で瞬間英作文をしながら、豊富な解説で深い文法知識を体系的に学習出来ます。会話力と文法力の両方を同時にトレーニングしたいという方はぜひチェックしてみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

正しい単語を意識したことはありますか!?

Posted on Posted in 丁寧な英語, 紛らわしい英語, 英単語, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日のブログでは、日常英会話で気をつけておきたい事をご紹介します。

本日のテーマ

ネガティブな単語に気をつけよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分30秒で読むことが出来ます。

瞬間英作文を継続していると、徐々に英語が出てくるようになり、実際に英会話をしたいな~と考えたり、またはオンライン英会話などの実践の場で、すでに自分の変化を楽しんでいるかたもいると思います。

英語が少しずつ話せるようになった頃は、まず、自分が使える単語を駆使して、とにかくアウトプットしていこうという状況になると思います。この姿勢は、英語を話せるようになるためには非常に重要で、いかに間違えを恐れずに、ポジティイブにアウトプットの量を増やせるかが成長のカギでもあります。

ただ、そのような状況の中で、徐々にでもよいので、取り組んでいってほしいことがあります。それが、無意識のうちに失礼な単語を使わないように、その単語がネガティブな意味なのか、ポジティブな意味なのかを把握していくという事。

英語には、1つの意味を表すのに複数の単語がありますが、その中には安易に使わない方がよい、ネガティブなニュアンスが含まれた単語もあります。受験英語などでは、それほど単語の持つ、ネガポジの側面にはスポットを当てられないので、知っている単語であれば、意識せずに使ってしまうという事もあり得ます。

例えば、“slim”と“thin”。

「彼は痩せています。」を、スタイルが良いというニュアンスで言いたい時、

“He is slim.”というと、褒めているように聞こえます。

しかし、“He is thin.”というと、病的に痩せているというような感じに聞こえてしまいます。

「痩せている」という意味において、“thin”は“slim”よりネガティブな意味合いが強い単語です。

また、「太っている」という場合にも、“fat”にはネガティブな意味が含まれますので、“large”を使う方がより丁寧な英語になります。

なかなか日本で生活している場合は、英語の細かいニュアンスをどれも拾っていくのは難しいですが、英会話等を並行してやっている方は、先生に積極的に指摘してもらうなどするといいかもしれません。

ぜひ、この単語大丈夫かな!?と思うよなことがあれば積極的に調べて、より綺麗な英語を話せるように練習してみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

もう1度確認!“would’ve like”

Posted on Posted in TOEIC, 丁寧な英語, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も日常英会話ですぐに役立つ便利な表現を「瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Reply」のコンテンツからご紹介していきます!

本日のテーマ

“would’ve like”の使い方をもう一度確認しよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

では、本日も早速、瞬間英作文に挑戦してみましょう!

「本当はもっと大きい冷蔵庫が欲しかったんだけどね」

本日は“would’ve like”の使い方をもう一度おさらいしましょう。

“would like”に関しては、馴染みのある方も多いと思いますが、“would’ve like”になるとよく使うという方もグッと減りそうですね。

ただ、覚えておくと便利ですし、読み物で見かけることも多いので、ぜひニュアンスをつかんでください。

まず、“would like”ですが、こちらを使うと、“want”よりも丁寧に、発話時点の願望を表すことができます。例えば、“ I would like coffee.”と言えば、「コーヒーが(今)欲しい(飲みたい)です」となります。

また“to不定詞”をもってくると、「~したい」という意味になります。“I would like to go to spa.”というと「温泉に(今)いきたいです」という意味になります。

この、今話している時点での願望を表す“would like”に“have”をつけると、過去の意味になり、「~したかった」「~を望んだ」となります。

ポイントは、「したかった(けど、現実は違う)」というところです。

“would’ve like”の3つの単語だけで、過去の願望と、それが実現しなかったという事を表すことができます。

では実際に、先ほどの瞬間英作文の解答を見て、確認しましょう。

「本当はもっと大きい冷蔵庫が欲しかったんだけどね」

“I would’ve like a larger refrigerator, though.”

この文では、過去に大きな冷蔵庫を欲しいと思ったが、実際に手元に来たのは、思ってたものより小さいものだったというところまでの意味を含みます。

日本語でもよく「~だったんだけど(~なら良かったんだけど実際は違う)」というように、後に続く部分は省力して話すことありますよね。

はっきりと話す英語では少し珍しい、意味を含めるような表現ですが、そういった表現が得意な日本人には馴染みやすい文法テクニックかもしれません。ぜひまずは例文を練習して感覚をつかんでみてくださいね!

本日ご紹介した内容は、「瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Reply」のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」よりご紹介しています。英会話スキルと文法力を合わせて向上させたいという方はぜひ、チェックしてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play