瞬間英作文でTOEICの点数アップ!!

Posted on Posted in TOEIC, 勉強法, 学習法, 英会話

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyを利用したTOEIC対策をご紹介します!


本日のテーマ

瞬間英作文でTOEICの点数を伸ばそう!!

です。


さていきなりですが、皆さんはTOEICの受験をしたり、することを考えたりしていますか?英語を勉強されている方の中には、所属する会社からTOEICの点数を課題にされている方もいそうですね。


実際に、英語の勉強をしていてTOEICの試験を受けることは、とてもいいことだと思います。TOEICテストではスピーキングの点数は計れませんが、英語の理解力という点で、今のみなさんの実力がどのへんなのかを知るよいきっかけになります。


ちなみに英会話を不自由なく使いこなすには650点以上あれば十分なポテンシャルがある一方、ただ、点数が高くても英語を話せるようにはならないというのが、TOEICテストの点数の難しいところですね。


英語を話すには、知識と実技の両方をバランスよく鍛えなくてはいけないという事。

これが本当に難しいですね。


TOEICテストの二つの壁

TOEICを攻略するには大きく2つの壁があります。


1つは膨大な量のリーディング問題。かなりの問題数を短時間で解いていかないといけません。恐らく、英文の意味がつかめず読み返していたら時間が足りなくなります。

頭からどんどん読み進めて理解する力が必要です。


そしてもう一つの壁が、アメリカ英語以外の英語のリスニング。

TOEICでは、アメリカ英語の限らず、オーストラリアや、イギリス英語のリスニングも出題されます。これが、アメリカ英語を中心に学習してきた方には、かなり聴きとり辛いだけでなく、出題数もそれなりに多いのです。

アメリカ英語では、そんなに難度が高くないような問題も、イギリス英語の発音になるだけでかなり難度があがります。

これらには普段からある程度時間をさいて、慣れていく必要があります。


このような2つの壁がある中で、実は瞬間英作文は非常に効果的な学習です。

瞬間英作文は頭の中で瞬時に英語を組み立てていきますので、自然と英語の構成力をつけることが出来ます。


英語の構成力をつけると、リーディングの際に速読するスピードも上がりますし、理解力もあがります。いちいち文章を品詞などで区切って、修飾関係などを考えなくても、文章を読みながら自然と理解出来るようになっていきます。


さらに、瞬間英作文を行いながら、短いセンテンスの暗唱とリスニングを繰り返すことで、英語の音のつながりを体に染み込ませることが出来ます。

TOEICのリスニングは一度しか流れないので、一つ一つのセンテンスをしっかり聴きとれるようにすることが重要です。


また、イギリス英語などは独特のなまりがあるので、一度に長いリスニング教材で学習しても、聴きとるのが難しいです。

最初は、瞬間英作文を行いながら、文章を把握した状態で、短いリスニングを行い音を確認していくのがおススメです。


このように瞬間英作文には、TOEIC対策として大きな効果が期待できます。

また、ただTOEICで点数をとるだけでなく、きちんと話せるようになるという最終目的に近づくことも出来ます。


英語は用途にもよりますが、やはり学ぶ以上は、話せるようになりたいもの。

ぜひ、TOEIC学習にも瞬間英作文を取り入れてください!


ちなみに瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」は全音声がイギリス英語です。

ぜひ、イギリス英語が弱点かな~と言う方は、まずはサンプルで50フレーズお試しできますのでチェックしてみてくださいね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


バトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!

Get it on Google Play

瞬間英作文学習で重要な事とは!?

瞬間英作文を英会話に活かすための、ちょっとした意識を持とう!

Posted on Posted in 便利な表現, 勉強法, 勘違いしがちな単語, 学習法, 意外と知らない英語の注意事項, 文法を会話に活かそう!, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は、瞬間英作文アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のフレーズより、ぜひ知っておきたい動詞の違いをご紹介します。


本日のテーマは

瞬間英作文で慣れた感覚を知識にして英会話にいかそう!!

です。早速行きましょう!!



瞬間英作文でもリアルな日常英会話を意識しよう!!


こちらの記事を読まれている方の多くは、普段から瞬間英作文をされていると思います。瞬間英作文学習で重要なのは繰り返し行う事で、瞬間的に英語を発想する力を養うのと、英語独特の文法や構文を発することに慣れることですね。ただ、この慣れというのは時に、英語の使い方に誤解を生んでしまう事もあります。


ですので、時々、自分の英語は正しい英語なのかという事を考えながら、ポッドキャストを聞いたり、洋画をみたりして、生の英語でチェックすることが重要です。

また、瞬間英作文アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のフレーズは、実際にネイティブが使うリアルな表現が集まっていますので、こちらで瞬間英作文をしながらネイティブ流の英語発想法の感覚や、言い回しを身につけるのもおススメです。


“Can I use your bathroom? ”にみる、気をつけたい英語表現


そして本日はその「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツのフレーズの中から、気をつけたい表現をご紹介していきます。


そのフレーズが上にも出てきましたが、“Can I use your bathroom? ”です。

“bathroom”というと、日本語の感覚ではお風呂をイメージしてしまいますが、英語ではトイレを意味します。なので、このフレーズは「トイレを借りてもいい?」という意味になります。


ちなみにトイレは、“toilet”という事も出来ますが、これは使う英語圏で違いがあります。

その点に関して、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」コンテンツを提供してくれました、日刊英語ライフさんの解説を参照してみましょう。


ニュージーランドでは “toilet” と言います。お店やレストランでトイレを使いたい時に “Where are the toilets?” と聞く人はたくさんいます。トイレを表す言葉は他に、”bathroom” “ladies’/gents’” もありますし、ニュージーランドを含むイギリス英語圏では “loo(ルー)” もよく耳にします。イギリス英語では“toilet” という単語を使っても大丈夫ですが、アメリカ英語では直接的すぎる表現なので避けられます。


ということなんですね。なので、どの国でどう言った単語を使うかという事を、細かいようですが意識するのも大事ですね。TOEICでもアメリカ英語、イギリス英語以外の地域の英語が出題されますので、このような意識を持つことはTOEIC対策にもつながりますね。


“use”or “borrow”!?


この“Can I use your bathroom? ”にはもう一つ重要な単語が出てきます。それが“use”です。借りるというと“borrow”のイメージがありますが、この場面では“borrow”は使いません。


“use”と“borrow”の違いとしては、“use”はその場でちょっと使わしてもらうという時、“borrow”は借りて持っていくという時に使われます。

こちらに関しても、日刊英語ライフさんで詳しく解説してくれていますので、チェックしてみてください→クリックして「日刊英語ライフ」の解説を見る


このように、普段当たり前と思うような単語が実は微妙なニュアンスで使い分けられていることは結構あります。

瞬間英作文をしていると、基本的な英語を発する力はとてもよく伸びていきます。そのなかでさらにレベルアップするためには、やはりリアルな英語の言い回しもどんどん身につけていくことが必要です。


ですので、ぜひ、通常の瞬間英作文学習に加え、より日常的な英会話力を養う為の瞬間英作文も取り入れてみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

TOEICの勉強法を英会話にもいかそう!

TOEICの勉強法を英会話にもいかすには!?

Posted on Posted in TOEIC, 勉強法, 学習法, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!

本日はお昼休みにさっと読める英語学習のTIPSをご紹介します。

ところで最近はグローバル化の流れの中、TOEIC試験を入社の条件にしたり、昇給の条件にする企業も増えているんだそうです。

ただ、一方で高得点をマークしても、英会話となると全然話せないという人も意外と多いんです。せっかく身につけた知識を実践でいかせないって結構もったいないですよね。


なので本日はそんな方にぜひ実践して頂きたい勉強法を紹介したいと思います!

ズバリテーマは…


TOEICの勉強法を英会話にもいかそうパート1!!


です。それではいきましょう!!


まず、なぜTOEICで高得点をとれたのに英会話が出来ないかというと、それは圧倒的にアウトプットが足りていないから。

TOEICで点数をとるのと、英会話で英語がスラスラ出てくるようにするというのは全く別のスキルです。なので、例えば、「TOEICで900点をとりました」ということで、じゃあ、来月アメリカに出張いってくれる?となっても、アウトプットの訓練を行っていない人は、結構困ってしまう事になると思います。

実際An Instant Replyで瞬間英作文をしてみて、全然出て来ないと感じることありませんでしたか?


じゃあ、どうすればいいの?という事ですが、アウトプットの量を増やすのが最優先なのですがここで少しポイントがあります。


TOEICでも良く出る文法、英会話でも良く使う文法を選ぼう!


これはTOEICの学習で身につけた知識で、特に英会話でも良く使いそうなものを優先的にアウトプットしていこうというものです。


例えばTOEIC試験でも頻出の感情の受動態。

実はこれ難しくて苦手という方も多いかもしれませんが結構会話でも登場します。


  • “be interested in…”  (~に興味がある)
  • “be scared of…”  (~をこわがっている)
  • “be bored with(of)”  (~に退屈している)
  • “be amused at”  (~をおもしろがっている)
  • “be shocked at…”   (~にショックを受けている)
  • “be surprised at…”   (~に驚いている)
  • “be satisfied with…”   (~に満足している)
  • “be pleased with(at,about)”   (~に満足している)
  • “be disappointed at(about,with,in)   (にがっかりしてりる)


などなど、通常の受動態と違ってbyではない前置詞を使うこのような受動態って結構混乱してしまいますよね。

ですが、日常的な会話でも使えますし、ビジネスでも使う事が多いこういった表現はパッと出てくるようにしたいですよね。


それにこれらを押さえるだけで結構表現の幅が広がります。

例えば「高所恐怖症なんです。」と言いたい時、高所恐怖症という“acrophobia”という単語が出て来なくても“I’m scared of heights.”で伝えられますよね。

このように言い換えにも応用しやすい点でも便利です。


いかがでしょう?英語がなかなか上手く話せないという方で、TOEICの受験を考えている方は、いつものTOEIC学習に加えて、こういったアウトプットのやり方を意識すると、英会話にも繋げることが出来て良いのではないでしょうか!?


ぜひ、あわせて瞬間英作文アプリ An Instant Replyも上手く活用してみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン