TOEICの勉強法を英会話にもいかそう!

TOEICの勉強法を英会話にもいかすには!?

Posted on Posted in TOEIC, 勉強法, 学習法, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!

本日はお昼休みにさっと読める英語学習のTIPSをご紹介します。

ところで最近はグローバル化の流れの中、TOEIC試験を入社の条件にしたり、昇給の条件にする企業も増えているんだそうです。

ただ、一方で高得点をマークしても、英会話となると全然話せないという人も意外と多いんです。せっかく身につけた知識を実践でいかせないって結構もったいないですよね。


なので本日はそんな方にぜひ実践して頂きたい勉強法を紹介したいと思います!

ズバリテーマは…


TOEICの勉強法を英会話にもいかそうパート1!!


です。それではいきましょう!!


まず、なぜTOEICで高得点をとれたのに英会話が出来ないかというと、それは圧倒的にアウトプットが足りていないから。

TOEICで点数をとるのと、英会話で英語がスラスラ出てくるようにするというのは全く別のスキルです。なので、例えば、「TOEICで900点をとりました」ということで、じゃあ、来月アメリカに出張いってくれる?となっても、アウトプットの訓練を行っていない人は、結構困ってしまう事になると思います。

実際An Instant Replyで瞬間英作文をしてみて、全然出て来ないと感じることありませんでしたか?


じゃあ、どうすればいいの?という事ですが、アウトプットの量を増やすのが最優先なのですがここで少しポイントがあります。


TOEICでも良く出る文法、英会話でも良く使う文法を選ぼう!


これはTOEICの学習で身につけた知識で、特に英会話でも良く使いそうなものを優先的にアウトプットしていこうというものです。


例えばTOEIC試験でも頻出の感情の受動態。

実はこれ難しくて苦手という方も多いかもしれませんが結構会話でも登場します。


  • “be interested in…”  (~に興味がある)
  • “be scared of…”  (~をこわがっている)
  • “be bored with(of)”  (~に退屈している)
  • “be amused at”  (~をおもしろがっている)
  • “be shocked at…”   (~にショックを受けている)
  • “be surprised at…”   (~に驚いている)
  • “be satisfied with…”   (~に満足している)
  • “be pleased with(at,about)”   (~に満足している)
  • “be disappointed at(about,with,in)   (にがっかりしてりる)


などなど、通常の受動態と違ってbyではない前置詞を使うこのような受動態って結構混乱してしまいますよね。

ですが、日常的な会話でも使えますし、ビジネスでも使う事が多いこういった表現はパッと出てくるようにしたいですよね。


それにこれらを押さえるだけで結構表現の幅が広がります。

例えば「高所恐怖症なんです。」と言いたい時、高所恐怖症という“acrophobia”という単語が出て来なくても“I’m scared of heights.”で伝えられますよね。

このように言い換えにも応用しやすい点でも便利です。


いかがでしょう?英語がなかなか上手く話せないという方で、TOEICの受験を考えている方は、いつものTOEIC学習に加えて、こういったアウトプットのやり方を意識すると、英会話にも繋げることが出来て良いのではないでしょうか!?


ぜひ、あわせて瞬間英作文アプリ An Instant Replyも上手く活用してみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン