英語での失礼な表現を避けよう!

Posted on Posted in 丁寧な英語, 勘違いしがちな単語, 意外と知らない英語の注意事項, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyから、日常会話ですぐに使える便利な表現をご紹介したいと思います。本日ご紹介する内容は「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」の「14.助動詞(過去・完了形)」に登場する表現からです。


本日のテーマ

「気付かないうち」の失礼な表現を避けよう!!

です。


さて、皆さん。瞬間英作文を行う上で大事な事はなんでしょうか?

ポイントは2つあります。


1つは、文法を自分自身がある程度理解していること(目安としては中学生~高校1、2年生の基本的な項目)。


2つめは、ネイティブが使う表現をきちんと学べる教材を選ぶこと。

です。


特に2番目のポイントは気をつけないと、テキストで学習した通りにネイティブと会話したのに、少し失礼な言い回しになっている、なんてことも起きてしまうかもしれません。


1の文法的なミスは、数をこなせばこなすほど修正していくことが出来ますが、2の表現は1度覚えてしまうと繰り返すだけ染みついていきますので、テキストの内容選びは要注意です。


ということで、少し長くなってしまいましたが、本題に行きましょう!


その表現、本当に丁寧!?

まずは、以下の日本語文を瞬間英作文しましょう!

「どうぞ座ってください」「いいえ、結構です。立っている方がいいので」


いかがでしょうか?本日のポイントとなるのは、この文の「どうぞ座ってください」と言う表現です。皆さんはどのような言い回しを使いましたか?


「どうぞ座ってください」でまず出てくるのは、“Please sit down.”ではないでしょうか?

中学生の時に、命令文を丁寧にする場合は“Please”をつける、と習いませんでしたか?

実は、これは相手によっては失礼な表現に当たる場合もあります。


そもそも“sit down”は「座れ」という命令口調。そこに“Please”をつけただけでは、少し上からな口調に聞こえてしまいます。

なので、この場合は“have a seat”をかわりに使いましょう。


“have a seat”は「着席する」という意味のイディオムで、前に“Please”をつけることで「どうぞご着席ください」のような丁寧なニュアンスの英語になります。


という事で英作文の回答は以下のセンテンスです。

“Please have a seat.” “No, thank you.I’d rather stand.”

他にも“Please”を安易に使うのは避けた方が良い場合はいくつかありますが、(“coffee please”ではなく、“I’d like a cup of coffee,please.”など…)そちらに関してはまた、ご紹介したいと思います。


なかなか、適切な表現を判断するのは難しいと思いますが、まずは丁寧な表現が出てきた場合、使い方や、ニュアンスなどを確認してみるといいかもしれませんね!


***********************


An Instant Replyで瞬間英作文

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!

Get it on Google Play

カジュアルに“should”を使いこなそう!

Posted on Posted in TOEIC, 勘違いしがちな単語, 意外と知らない英語の注意事項, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyから、日常会話ですぐに使える便利な表現をご紹介したいと思います。本日ご紹介する内容は「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」の「4.便利な表現」で学習できます。


本日のテーマ

実はとってもカジュアルな“should”とは!?

です。


さて皆さん、“should”のイメージというとどんな感じでしょうか。

学校では「すべき」という意味で習いませんでしたか?

この「すべき」という意味で捉えると、少しきつい言い方に感じてしまうかもしれません。


しかし、“should”はもっとカジュアルなイメージで使う事が出来ます。

まずは下のセンテンスを見てください。


“If you get a chance, you should see it.”


このセンテンスを訳してみましょう。

「すべき」で考えると、「機会があったら、あなたもそれを見るべきだよ。」となってしまいそうですが、実は“should”のニュアンスはこんなにきつくありません。


もっと気軽使える“should”


学校英語の記憶で“should”は「すべき」と叩き込まれたので、ちょっとした会話で“should”を使うのに、抵抗があると感じる人もいるのではないでしょうか。

しかし、“should”は「人のためになるようなアドバイスをする」というのが基本的な意味。


例えば“You should go there by bike.”と言えば、「そこには自転車で言った方がいいよ」というアドバイスになります。

このように“should”は「すべき」と言うよりは「した方がいいよ」というニュアンスで使わることが多いです。


そして先ほどのセンテンスですが、

“If you get a chance, you should see it.”

は「機会があったら、見た方がいいよ」や「機会があったら、見てみて」というような意味になります。


こういった表現は結構日常会話で使いますし、動詞を変えるだけで応用が効きます。

“If you get a chance”も便利な表現ですので、ぜひセットで覚えて、積極的に“should”を使ってみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

瞬間英作文学習で重要な事とは!?

瞬間英作文を英会話に活かすための、ちょっとした意識を持とう!

Posted on Posted in 便利な表現, 勉強法, 勘違いしがちな単語, 学習法, 意外と知らない英語の注意事項, 文法を会話に活かそう!, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は、瞬間英作文アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のフレーズより、ぜひ知っておきたい動詞の違いをご紹介します。


本日のテーマは

瞬間英作文で慣れた感覚を知識にして英会話にいかそう!!

です。早速行きましょう!!



瞬間英作文でもリアルな日常英会話を意識しよう!!


こちらの記事を読まれている方の多くは、普段から瞬間英作文をされていると思います。瞬間英作文学習で重要なのは繰り返し行う事で、瞬間的に英語を発想する力を養うのと、英語独特の文法や構文を発することに慣れることですね。ただ、この慣れというのは時に、英語の使い方に誤解を生んでしまう事もあります。


ですので、時々、自分の英語は正しい英語なのかという事を考えながら、ポッドキャストを聞いたり、洋画をみたりして、生の英語でチェックすることが重要です。

また、瞬間英作文アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のフレーズは、実際にネイティブが使うリアルな表現が集まっていますので、こちらで瞬間英作文をしながらネイティブ流の英語発想法の感覚や、言い回しを身につけるのもおススメです。


“Can I use your bathroom? ”にみる、気をつけたい英語表現


そして本日はその「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツのフレーズの中から、気をつけたい表現をご紹介していきます。


そのフレーズが上にも出てきましたが、“Can I use your bathroom? ”です。

“bathroom”というと、日本語の感覚ではお風呂をイメージしてしまいますが、英語ではトイレを意味します。なので、このフレーズは「トイレを借りてもいい?」という意味になります。


ちなみにトイレは、“toilet”という事も出来ますが、これは使う英語圏で違いがあります。

その点に関して、「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」コンテンツを提供してくれました、日刊英語ライフさんの解説を参照してみましょう。


ニュージーランドでは “toilet” と言います。お店やレストランでトイレを使いたい時に “Where are the toilets?” と聞く人はたくさんいます。トイレを表す言葉は他に、”bathroom” “ladies’/gents’” もありますし、ニュージーランドを含むイギリス英語圏では “loo(ルー)” もよく耳にします。イギリス英語では“toilet” という単語を使っても大丈夫ですが、アメリカ英語では直接的すぎる表現なので避けられます。


ということなんですね。なので、どの国でどう言った単語を使うかという事を、細かいようですが意識するのも大事ですね。TOEICでもアメリカ英語、イギリス英語以外の地域の英語が出題されますので、このような意識を持つことはTOEIC対策にもつながりますね。


“use”or “borrow”!?


この“Can I use your bathroom? ”にはもう一つ重要な単語が出てきます。それが“use”です。借りるというと“borrow”のイメージがありますが、この場面では“borrow”は使いません。


“use”と“borrow”の違いとしては、“use”はその場でちょっと使わしてもらうという時、“borrow”は借りて持っていくという時に使われます。

こちらに関しても、日刊英語ライフさんで詳しく解説してくれていますので、チェックしてみてください→クリックして「日刊英語ライフ」の解説を見る


このように、普段当たり前と思うような単語が実は微妙なニュアンスで使い分けられていることは結構あります。

瞬間英作文をしていると、基本的な英語を発する力はとてもよく伸びていきます。そのなかでさらにレベルアップするためには、やはりリアルな英語の言い回しもどんどん身につけていくことが必要です。


ですので、ぜひ、通常の瞬間英作文学習に加え、より日常的な英会話力を養う為の瞬間英作文も取り入れてみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン