英会話で受動態っていつ使う!?

Posted on Posted in 英文法

みなさんこんにちは!本日も英会話に役に立つTIPSをご紹介していきます!

本日のテーマは

受動態の使い方

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

英語の文法で必ず習う項目の一つに、受動態があります。日本語にすると「~が~される(された)」と訳します。日本語の日常会話の中で、「~が~される(された)」という言い方はそんなにしませんが、英語ではどのような場面で受動態が使われるのでしょうか。

本日は受動態が使われやすい場面を、ご紹介していきます。

その前にまず、能動態で動詞が使われる状況を考えてみましょう。

“He bought the house last year.”

「彼は昨年家を買いました。」

“She made these cookies.”

「彼女はこれらのクッキーを作りました。」

この2つのセンテンスで使われている動詞は、能動態です。通常、能動態は「主語がすること」を表現します。上の文は、共に過去形ではありますが、“He”または“She”が「した」ことを表していますね。

一方で、受動態を見てみましょう。

“The house was bought last year.”

「その家は昨年、買われました。」

“These cookies were made by her.”

「これらのクッキーは彼女に作られました。」

このように受動態で表す動詞は、「主語に起きること」を表します。ですので、能動態と受動態の使い分けの1つのポイントは、「主語がすること」を強調したいのか、「主語に起きること」を強調したいのかで変わります。

また、もう1つ受動態が使われるポイントがあります。

それは、「誰」もしくは「何」が原因となり起きたことなのかわからない、もしくはそれが重要ではないという場合です。

“His car was broken yesterday.”

「彼の車は昨日壊されました。」

この場合、車が壊された事実を伝えたいのであって、誰が壊したかはわからない、もしくは重要でありません。このような状況でも受動態は使われますので覚えておくと便利です。

いかがでしょう。受動態が苦手という方も良く見かけますが、実際に使われるシチュエーションをイメージすると、より身近な文法項目だなと感じますよね!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!TOEICでも英会話でもあなどれない中学英語とは!?

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

強調を使って英語を楽しもう!!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 英文法

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常英会話をより楽しくするTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

「強調」を用いて英会話にメリハリを!!

です。この文章はおよそ2分30秒で読むことが出来ます。

では、早速瞬間英作文をしてみましょう!

①PerezがBurnsを破ったのは決勝戦においてだった。

普段の会話の中で、特に強調して話したい部分がある場合は、そこを強めに言ったりすることがあると思います。日本語でも、声の大きさや、間の取り方、話す順番などで、その会話のどこの部分が強調されているのかが読み取れますよね。

例えば、上の例文も

②Perezは決勝戦でBurnsを破った。

③Burnsを決勝戦で破ったのはPerezだった。

④Perezが決勝戦で破ったのはBurnsだった。

と言い方を変えると、言いたいことの意味は同じでも、強調されているポイントは異なりますよね。このような複数通りの強調も、実は1つの型を覚えるだけで簡単に表せるようになります。その型が“It is … that ~”です。「~なのは・・・だ」という意味を表します。

では、①~④をそれぞれ英語にしていきますが、まずは②が、特に強調が無いセンテンスですので、こちらから見てみましょう。

②Perezは決勝戦でBurnsを破った。

Perez defeated Burns in the final.

①では、②のセンテンスの中の、決勝戦の部分が強調されています。

①PerezがBurnsを破ったのは決勝戦においてだった。

It was in the final that Perez defeated Burns.

③では“Perez”が強調されています。

It was Perez that defeated Burns in the final.

④Perezが決勝戦で破ったのはBurnsだった。

It was Burns that Perez defeated in the final.

いかがでしょう?

少しずつ、文の構造が変わりますが、基本の型である“It is … that ~”のどこに強調したい部分を置くかを理解出来れば、すぐに慣れることが出来ると思います。

まずは本日ご紹介した例文を見比べながら感覚をつかんでくださいね!

英語にも同じように強調構文というものがあり、大事な部分をより強調して言う事が出来ます。

本日ご紹介した内容の内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「強調構文」だけでなく、様々な英文法を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富な解説も各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英文法の理解を深めていくことができます。スピーキングのスキルを磨きながら、文法の理解も深めていってくださいね!

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらで一度中身を確認も出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

英会話でも重要!倍数表現の基礎をマスターしよう!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 比較, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの中から覚えておきたい文法項目をピックアップしてご紹介します!繰り返しの瞬間英作文で感覚をつかんだら、次は解説を読んで理解まで落としこんでくださいね!

本日のテーマ

「倍数表現(基礎)」を覚えよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ4分で読むことが出来ます。

ではまずは、恒例の瞬間英作文に挑戦してみましょう!

「それの人口はロサンゼルスの2倍です」

英語の文法項目の中で、比較が苦手と言う方も多いと思います。比較は覚えなくてはいけない構文が多かったり、また、それが少し複雑だったりしますよね。

そんな比較をマスターするには、ポイントがあります。それは、

・一度に比較の項目の多くを理解しようとせずに、少しずつ進めること。

・まずは、理解すること考えずに感覚つかむ(スムーズに見ないで言える)まで、繰り返し構文を口に出し暗記すること。

・構文の感覚をつかめて(暗記できて)から、文法解説を理解すること。

です。この3つのポイントを意識しながら、少しずつ覚えていくようにしてください。苦手な単元はとばすのではなく、「一歩ずつの理解」を意識していきましょう!!

そして本日、覚えていただく比較の構文が “as~as”を用いる倍数表現です。

“as~as”と言うと、「~と同じ」という意味が最初に浮かびますね。この最初の“as”の前に、回数を表す“twice”や“~times”を置くと、「・・・の~倍 ○○」という意味になります。

・twice as 形容詞/副詞 as ○○○ ⇒ ○○○ の2倍 形容詞/副詞

・△ times as 形容詞/副詞 as ○○○ ⇒ ○○○ の△倍 形容詞/副詞

という形になります。では、先ほどの瞬間英作文で具体的な例を見てみましょう!

「それの人口はロサンゼルスの2倍です」

“Its population is twice as large as that of Los Angeles.”

“Its population is two times as large as that of Los Angeles.”

いずれの表現も同じ意味になります。この型が“as~as”を用いる倍数表現の基本です。こういった表現は、日常会話でも良く使います。特にビジネスで英語を使う方は必須ですね。まずは、この基本文を複数回、すんなり瞬間英作文が出来るまで繰り返し、スムーズに口から出るようになったら、再度文法解説を読んで理解してください。さらに細かく構造的に理解をしたいという方は、アプリでチャンク学習をすると、比較の構造が頭にインプットされます。ぜひ、覚えてくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「倍数表現(基礎)」だけでなく、様々な文法の解説が詳しくされています!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

チャンク学習や、瞬間英作文で感覚をつかみつつ、解説もチェックして理解まで落としこんでくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play