英会話で受動態っていつ使う!?

Posted on Posted in 英文法

みなさんこんにちは!本日も英会話に役に立つTIPSをご紹介していきます!

本日のテーマは

受動態の使い方

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

英語の文法で必ず習う項目の一つに、受動態があります。日本語にすると「~が~される(された)」と訳します。日本語の日常会話の中で、「~が~される(された)」という言い方はそんなにしませんが、英語ではどのような場面で受動態が使われるのでしょうか。

本日は受動態が使われやすい場面を、ご紹介していきます。

その前にまず、能動態で動詞が使われる状況を考えてみましょう。

“He bought the house last year.”

「彼は昨年家を買いました。」

“She made these cookies.”

「彼女はこれらのクッキーを作りました。」

この2つのセンテンスで使われている動詞は、能動態です。通常、能動態は「主語がすること」を表現します。上の文は、共に過去形ではありますが、“He”または“She”が「した」ことを表していますね。

一方で、受動態を見てみましょう。

“The house was bought last year.”

「その家は昨年、買われました。」

“These cookies were made by her.”

「これらのクッキーは彼女に作られました。」

このように受動態で表す動詞は、「主語に起きること」を表します。ですので、能動態と受動態の使い分けの1つのポイントは、「主語がすること」を強調したいのか、「主語に起きること」を強調したいのかで変わります。

また、もう1つ受動態が使われるポイントがあります。

それは、「誰」もしくは「何」が原因となり起きたことなのかわからない、もしくはそれが重要ではないという場合です。

“His car was broken yesterday.”

「彼の車は昨日壊されました。」

この場合、車が壊された事実を伝えたいのであって、誰が壊したかはわからない、もしくは重要でありません。このような状況でも受動態は使われますので覚えておくと便利です。

いかがでしょう。受動態が苦手という方も良く見かけますが、実際に使われるシチュエーションをイメージすると、より身近な文法項目だなと感じますよね!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!TOEICでも英会話でもあなどれない中学英語とは!?

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう