英会話で間違いやすい“it”と”one”を覚えよう!

Posted on Posted in 英会話

明けましておめでとうございます。今年も一緒に楽しみながら英語を学びましょう!!

さっそく、本日も英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

新年最初のテーマは

英会話で迷いやすい“it”と“one”の使い分け

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

会話の中で、よくこういった話をすることがあります。

A:新しいスマホを買ったんだ。

B:いいね!それ欲しいんだよね!

これを英語にする時、日本人はよく同じ間違いをすることがあります。その間違いというのが、“it”と“one”の使い分けです。では、まずは皆さんでAとBの会話を英語にしてみてください。

両方とも、特に難しい単語や表現はありませんので簡単だと思います。では解答を見てみましょう。

A:I bought a new smartphone.

B:That’s good. I want one.

ここで間違いやすいのが、“I want one.”の所です。ここをよく“I want it.”と言ってしまう事が多いです。もしここで“I want it.”と言うと、Aさんが持っているスマホそのものが欲しいという意味になります。

日本語では、具体的なものでも、抽象的なものでも「それ」という一言で表すことが出来ます。また、英語の“it”も「それ」と日本語で訳しますのでややこしくなります。

英語の“it”は、「それ」というよりも「そのもの」という訳し方が適切です。逆に、ここでBさんが言っている「それ」は、「同じ種類の機種」を表しますので、全体的なイメージを指します。

その場合の「それ」は“it”ではなくて、“one”を使います。ではもう1つ例を見ましょう。カフェでのやりとりです。

C:Could I have a piece of chocolate cake?

D:I’ll have the same one.

Cさんは「チョコレートケーキを一切れください」と言っています。Dさんは続いて“same one”と言っていますので、Cさんが注文したのと同じ種類のチョコレートケーキを注文しています。

なかなか会話の中で、こういった違いを意識することは瞬時には難しいです。

普段から意識することで、少しずつ慣れていくことが出来ます。

ぜひ、これを機会に会話の中で意識的に使い分けるクセをつけていってくださいね。

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!今年こそネイティブのような英会話力をつけよう!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

英会話で使いたい、「10時半」の言い方とは!?

Posted on Posted in 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話で「10時半」を何て言いますか!?

です。この記事はおよそ1分で読むことが出来ます。

日本語でも時間を言う時、「10時半」と言ったり、「10時30分」言ったり、人により違いますよね。英語でも実はそうなんです。日本で英語を学ぶと、「10時半」は“ten thirty”と表現する方が多いように思いますが、他にも言い方があります。

もちろん“ten thirty”も間違いではありません。

しかし、ネイティブスピーカーが、もっと使う表現が別にあるんです。

それが、“half past ten”です。

馴染みのない私達からすると、少し複雑な表現にもみえますが、ネイティブスピーカーが良く使う言い回しなので、ぜひ覚えてください。難しく見えても、分解をするとシンプルです。

“half”(半分)+“past”(過ぎる)+“ten”(10時)

「10時を、半分すぎる」で、10時半になります。

ちなみに“half”を“quarter”に変えると、「10時15分」になります。

知らないと、言われて「???」となってしまいそうな表現ですが、とても一般的なものなので、ぜひこれを機会に覚えてくださいね!!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!英会話でも良く使う!?Happy Christmasから学ぶ“another”の使い方!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

日常英会話で“mention”を使っていますか?

Posted on Posted in TOEIC, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日は、日常英会話でより自然な英語を話すためのTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

“mention”をきちんと使えていますか?

です。この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

受験でも、TOEICでも基本単語として登場する“mention”ですが、あまり日常英会話では使う事がないですよね。単語帳などをみると、その意味には「言及する」などと書かれていて、少し堅いイメージがあります。

例えば、ニュースなどで「大統領が日米の関係に言及した。」などという場合、“The president mentioned the relationship between Japan and U.S.”のように“mention”が使われます。この場合、“mention”の意味をわかりやすく言うと「述べる」ですね。

しかし、“mention”の使い方はこのような「言及する」という意味だけでなく、もう少しライトな意味でも使われます。それが「話題にする」、「(話題に)軽くふれる」という意味です。「言及する」という意味で使われているのか、「(話題に)軽くふれる」という意味で使われているのかは、その状況によって判断が必要ですが、以下の様な場合は両方の意味で取ることも出来ます。

“I just heard you mention your thesis and I’m curious.”

「今あなたがご自分の論文について話すを耳にしたのですが、私も興味があります。」

*高校文法総復習 ALL IN ONE Basicの例文です。

このような場合、論文についてしっかり述べているのか、少し話題にしたのかは状況での判断ですが、両方の意味で使う事ができます。フォーマルな場面で使われることの多い“mention”ですが、このように「軽く話題にする」という意味もあることを覚えておくとより自然に会話が理解できます。

この他、誰かがあなたのしてくれたことに対して「ありがとう」といってくれた際に、“Don’t mention that.”と言えば、「そのことにはふれなくていいよ」という意味で、「どういたしまして」という意味になります。こちらはカジュアルな場面でも使われます。

いかがでしょう。少し使いづらいイメージのある“mention”ですが、まずは、“Don’t mention that.”などの使いやすい表現から使ってみませんか?

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!「瞬間英作文で身につけた!?『~のおかげ』とは!?」

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyでは、

中学、高校、日常会話とレベルや英語学習の状況に応じてコンテンツを選びながら、瞬間英作文をすることが出来ます。繰り返し同じコンテンツを瞬間英作文することで、英語の構造を自然に意識できるようになり、英語を実際に話す場面で必要な瞬発力を鍛え、素早く、正確な英語を話せるようになります。文法レベルが安定してきた後は、日刊英語ライフのコンテンツで瞬間英作文を繰り返すことで、ボキャブラリーや表現の幅を広げることが出来、英語の引き出しが増えるので、英語を話すことがどんどん楽しくなっていきます。

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらの週ごとに更新されるコンテンツで、一度中身を確認が出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン