英会話で注意!“the time”と“time

Posted on Posted in 意外と知らない英語の注意事項, 未分類

みなさんこんにちは!本日も英会話に役に立つTIPSをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話で知っておきたい違い!“the time”と“time”

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

皆さん、“the time”と“time”の違いを考えたことはありますか?

実はこの2つの違いを知らないと、会話の中でちょっとした勘違いをしてしまう可能性があります。

以下の2つのセンテンスをみてください。

A:“Do you have the time?”

B:“Do you have time?”

とても似ているセンテンスですが、実は全く違った意味を表します。

Aの場合は、“the”が付くことで、特定の時間を指しています。時間という一連の流れの中での、特定された時間。また、“the”が付くことで、その特定された時間には共通の認識があることがわかります。

共通の認識というのは、例えば“I went to a station in Tokyo.”と言えば、「私は東京の駅に行きました。」と漠然とした「駅」を意味し、話し相手がその駅を知っているかは、わかりません。

しかし、“I went to the station.”と言うことで、「私はその駅に行きました。」と話し手と、話し相手の両方が既に同じ駅を認識して話していることがわかります。

このように互いが認識している「時間」というのは、「現在時刻」を意味します。なので、Aの意味は「何時ですか?」という意味になります。

一方で、Bは漠然とした「時間」という概念を表しています。ですのでBの意味は「時間ありますか?」という意味になります。

この2つ、とっても良く使われます。特にビジネスシーンでは“What time is it?”よりも、“Do you have the time?”の方が良く使われます。

2つのセンテンスの違いをしっかり理解して、英会話の中で誤解をしないように注意してくださいね!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しいという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!ビジネスにも旅行役立つ、英会話力を身につけよう!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

英会話で間違いやすい“it”と”one”を覚えよう!

Posted on Posted in 英会話

明けましておめでとうございます。今年も一緒に楽しみながら英語を学びましょう!!

さっそく、本日も英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

新年最初のテーマは

英会話で迷いやすい“it”と“one”の使い分け

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

会話の中で、よくこういった話をすることがあります。

A:新しいスマホを買ったんだ。

B:いいね!それ欲しいんだよね!

これを英語にする時、日本人はよく同じ間違いをすることがあります。その間違いというのが、“it”と“one”の使い分けです。では、まずは皆さんでAとBの会話を英語にしてみてください。

両方とも、特に難しい単語や表現はありませんので簡単だと思います。では解答を見てみましょう。

A:I bought a new smartphone.

B:That’s good. I want one.

ここで間違いやすいのが、“I want one.”の所です。ここをよく“I want it.”と言ってしまう事が多いです。もしここで“I want it.”と言うと、Aさんが持っているスマホそのものが欲しいという意味になります。

日本語では、具体的なものでも、抽象的なものでも「それ」という一言で表すことが出来ます。また、英語の“it”も「それ」と日本語で訳しますのでややこしくなります。

英語の“it”は、「それ」というよりも「そのもの」という訳し方が適切です。逆に、ここでBさんが言っている「それ」は、「同じ種類の機種」を表しますので、全体的なイメージを指します。

その場合の「それ」は“it”ではなくて、“one”を使います。ではもう1つ例を見ましょう。カフェでのやりとりです。

C:Could I have a piece of chocolate cake?

D:I’ll have the same one.

Cさんは「チョコレートケーキを一切れください」と言っています。Dさんは続いて“same one”と言っていますので、Cさんが注文したのと同じ種類のチョコレートケーキを注文しています。

なかなか会話の中で、こういった違いを意識することは瞬時には難しいです。

普段から意識することで、少しずつ慣れていくことが出来ます。

ぜひ、これを機会に会話の中で意識的に使い分けるクセをつけていってくださいね。

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!今年こそネイティブのような英会話力をつけよう!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

“New Year’s Resolution”を決めて、来年は英会話をマスター!

Posted on Posted in モチベーションの維持

みなさんこんにちは!!

クリスマスも終わり、残すは今年の内にやっておくべきことを整理していくという感じでしょうか。「今年のことは、今年の内に」も大事ですが、新しい年に良いスタートを切るには、何をすべきかを考え、それに向けた準備をしたり、計画を立てておくことが大事です。

ということで本日のテーマは

来年も英会話で良いスタートを切るための、“New Year’s Resolution”を決めよう!!

です。この記事はおよそ5分で読むことが出来ます。

まず“New Year’s Resolution”とは何かと言いますと、日本語では「新年の誓い」と訳されます。日本でも、年の初めに今年の目標を書き初めにするなどの文化がありますが、アメリカにも“New Year’s Resolution”と言って、年の初めに新たしい年の目標を立てることがあります。

中でもアメリカらしい“New Year’s Resolution”と言えば

  • 瞑想を始める
  • カロリーの低いものを食べる
  • もっと自然の中で過ごす

というようなものがあります。

こういった目標を立てると、新しい年がなんだかウキウキしますし、また気持ちを新たに頑張ろうという思いになりますよね。区切りを設けて一度リフレッシュし、また、新たな気持ちで始めるというのはモチベーションもあがるので、英語学習にも非常に効果的です。

もしかすると、今年は思ったより上手く出来なかった方もいるかもしれませんし、予定していたより、良い成果を上げられた方もいるかもしれません。これら成果は皆さんが1年間やってきたことの結果であり、良くも悪くも変えることは出来ません。

もう少し出来たという方は、まず今年出来なかったことを来年からしっかりやるとか、今年の目標が少しハードルが高すぎて、途中で挫折したという方は、もう少し継続しやすい目標に設定し直すということから始めてみましょう。

また今年、目標を達成出来たという方は、1年前の自分をまずは想像してみましょう。どれだけの変化がありましたか?1年前は、海外からの旅行者に道を聞かれても答えることが出来なかったかもしれません。しかし、今なら道を教えてあげることが出来るという方もいると思います。読めなかった英語のニュースが読めるようになった方や、TOEICで点数をあげた方もいます。きっと始める1年前は、自分がここまで成長出来るかは未知数だったと思います。しかし、1年続けた結果として、皆さんが1年前の皆さんではないことは真実です。

来年もまた新たな目標を立て、継続することで1年後にまた新しい自分に会う事が出来ます。英語に限って言えば、継続することだけが近道です。今の自分から、更に成長した自分、理想の自分をまずは想像して、そこへ辿りつく為の具体的な目標に落とし込んでください。

目標は1年の進捗の中で変わるかもしれません。それはもちろんOKです。まずはスタートしてみて、もう少しいけるとか、続けるためにはもう少し軽くしようなど、調整が必要です。

おススメは、手帳の始めや、1月のメモ欄に“New Year’s Resolution”書き、月ごとに先月は出来たとか、出来なかったなど振り返りながら修正を加えていくことです。色々なデジタルツールもありますが、手書きがおススメです。

自分の手で、自分の目標を書き、毎月自分の手で振り返ってみましょう。もちろん学習時間の管理などは、便利なアプリも沢山ありますので活用してください。大事なのは、新しい1年に良いスタートが切れることと、1年を通じて継続できること。

色々と試していきながら、ご自身にあったスタイルを確立させましょう!

今年のブログはこれで更新が終了となりますが、来年もまた、皆さんの英語学習の役に立てるような記事を更新できるよう、頑張ります!

それでは良いお年をお過ごしください!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!日常英会話で色々登場する“pretty”を知ろう!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう