英会話で注意!“the time”と“time

Posted on Posted in 意外と知らない英語の注意事項, 未分類

みなさんこんにちは!本日も英会話に役に立つTIPSをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話で知っておきたい違い!“the time”と“time”

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

皆さん、“the time”と“time”の違いを考えたことはありますか?

実はこの2つの違いを知らないと、会話の中でちょっとした勘違いをしてしまう可能性があります。

以下の2つのセンテンスをみてください。

A:“Do you have the time?”

B:“Do you have time?”

とても似ているセンテンスですが、実は全く違った意味を表します。

Aの場合は、“the”が付くことで、特定の時間を指しています。時間という一連の流れの中での、特定された時間。また、“the”が付くことで、その特定された時間には共通の認識があることがわかります。

共通の認識というのは、例えば“I went to a station in Tokyo.”と言えば、「私は東京の駅に行きました。」と漠然とした「駅」を意味し、話し相手がその駅を知っているかは、わかりません。

しかし、“I went to the station.”と言うことで、「私はその駅に行きました。」と話し手と、話し相手の両方が既に同じ駅を認識して話していることがわかります。

このように互いが認識している「時間」というのは、「現在時刻」を意味します。なので、Aの意味は「何時ですか?」という意味になります。

一方で、Bは漠然とした「時間」という概念を表しています。ですのでBの意味は「時間ありますか?」という意味になります。

この2つ、とっても良く使われます。特にビジネスシーンでは“What time is it?”よりも、“Do you have the time?”の方が良く使われます。

2つのセンテンスの違いをしっかり理解して、英会話の中で誤解をしないように注意してくださいね!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しいという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!ビジネスにも旅行役立つ、英会話力を身につけよう!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう