英会話に便利な接続詞のlikeってどんな感じ!?

英会話に便利なLikeの使い方を覚えよう-瞬間英作文アプリ An Instant Reply-

Posted on Posted in 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんにちは!!

本日もお昼休みにサクッと読める内容で、すぐに使える便利な表現をご紹介したいと思います。


本日のテーマはこちら!!

英会話で便利な“like”を瞬間英作文でマスターしよう!

です!


ということで今日ご紹介するのは、基礎単語の“like”なのですが、“like”というと「好き」という動詞の意味が真っ先に浮かぶと思います。

ですが今回は“like”の前置詞、そして接続詞の使い方にフィーチャーしたいと思います。


まずは以下の文をみてみましょう。

“I feel like I’m starting to like this job.”


この文で注目したいのは“feel”に続いている“like”です。

見て頂くとわかりますが、“like”の後には完全な文章が来ていますね。

なのでこの“like”は接続詞です。


“like”が接続詞にもなるという事を、なかなか意識することってないですよね。

ですが、このように後ろに文をとれると知っていると日常英会話で結構便利です。

ちなみに“feel like”で「~のような気がする」という意味で、先ほどの文の意味は「この仕事が好きになってきたような気がする」となります。


もう一文みてみましょう。

“Ben looked like he was about to cry.”

「Benは今にも泣き出しそうな顔をしていた。」


シンプルに接続詞“like”+ 文だと「~ように」という意味になります。


前置詞の場合を見てみよう。

例文を見ましょう。

“I suppose every neighborhood has someone like him.”

「たぶん、どこの近所にも彼みたいな人がいるんだと思う。」


前置詞の場合は後ろに名詞や代名詞、名詞節をとり、「名詞(節)のような」という意味になります。


この用法で良く聞くのは“Like that”ではないでしょうか。

シチュエーションにもよりますが「そんな感じ」という際に使える表現ですね。


例えば、

A:“What’ s he like? Is he a talkative guy ? ”

B:“Yeah, like that.”

A:「彼ってどんな感じ?おしゃべりなの?」

B:「うん、そんな感じ。」


といった具合ですね。

まずは“Like this”や“Like that”から始め、慣れてきたらAn Instant Replyに出てくる少し長めの文などにも挑戦してみてはいかがでしょうか!?


【ご連絡】
iOS版、Android版ともに不具合を修正しました1.0.3バージョンをリリースしています。
大変お手数をおかけ致しますが、バージョンアップをお願いたします。

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン