英会話で注意!“the time”と“time

Posted on Posted in 意外と知らない英語の注意事項, 未分類

みなさんこんにちは!本日も英会話に役に立つTIPSをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話で知っておきたい違い!“the time”と“time”

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

皆さん、“the time”と“time”の違いを考えたことはありますか?

実はこの2つの違いを知らないと、会話の中でちょっとした勘違いをしてしまう可能性があります。

以下の2つのセンテンスをみてください。

A:“Do you have the time?”

B:“Do you have time?”

とても似ているセンテンスですが、実は全く違った意味を表します。

Aの場合は、“the”が付くことで、特定の時間を指しています。時間という一連の流れの中での、特定された時間。また、“the”が付くことで、その特定された時間には共通の認識があることがわかります。

共通の認識というのは、例えば“I went to a station in Tokyo.”と言えば、「私は東京の駅に行きました。」と漠然とした「駅」を意味し、話し相手がその駅を知っているかは、わかりません。

しかし、“I went to the station.”と言うことで、「私はその駅に行きました。」と話し手と、話し相手の両方が既に同じ駅を認識して話していることがわかります。

このように互いが認識している「時間」というのは、「現在時刻」を意味します。なので、Aの意味は「何時ですか?」という意味になります。

一方で、Bは漠然とした「時間」という概念を表しています。ですのでBの意味は「時間ありますか?」という意味になります。

この2つ、とっても良く使われます。特にビジネスシーンでは“What time is it?”よりも、“Do you have the time?”の方が良く使われます。

2つのセンテンスの違いをしっかり理解して、英会話の中で誤解をしないように注意してくださいね!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しいという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!ビジネスにも旅行役立つ、英会話力を身につけよう!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

“Cold”頼みはもうやめよう!英語の寒いの色々とは!?

Posted on Posted in ニュアンスの違い, 未分類, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常会話で即使える覚えておくと便利な表現をご紹介したいと思います。

本日のテーマ

英語での寒さの違いを覚えよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

ではまずは、恒例の瞬間英作文に挑戦してみましょう!本日は2問出題します!

1:劇場が肌寒かったから、温かいコーヒーを飲みたい。

2:今日、寒くない?

さて、日本も暑い夏が終わり、徐々に寒くなってきました。そこで本日は寒さに関する単語をご紹介したいと思います。寒さの度合いよって「肌寒い」なのか、「凍えそう」なのか、使う言葉が変わりますが、英語でも寒さの度合いよって使う単語が違います!

会話の中で、気候の話になった時、ついつい“cold”ばかり使っていませんか?もしかするとそれでは、伝えたい寒さの加減が伝わっていないかもしれません。

まずは早速、瞬間英作文の解答を見てみましょう!

1:劇場が肌寒かったから、温かいコーヒーを飲みたい。

1:I want some coffee because it was chilly in the theatre.

2:今日、寒くない?

2:It’s cold today, isn’t it?

ここで、寒さを表す“chilly”と“cold”という単語が出てきました。“cold”はよく皆さんも使うと思いますが、実は“cold”は結構寒い日を表します。イメージとしてはコートが必要な日を考えてください。

一方、“chilly”のイメージとしては「肌寒い」という感じです。コートまでは着なくても、ジャケットなど、1枚はおりたくなるような気温と覚えてください。

ちなみに涼しい、ちょっと冷える、くらいですと“cool”で表すことが出来ます。

逆に、真冬の吹雪いている、凍てつくような寒い日は、“freezing”という単語を使います。

“freezing”はそれだけで「凍てつくような寒さ」を表しますので、“very cold”などのように“very”などの、程度を表す言葉を付ける必要はありません。

いかがでしょう。気温の上がり下がりが激しいこの季節、ぜひ、ますは“cold”と“chilly”の使い分けから、挑戦してみてくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。「寒さの違い」だけでなく、様々な日常表現を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、イギリス英語のネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富なTipsも各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英語の感覚を身につけていけます。活きた英語表現をぜひ体験してみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play

本日、英文並べ換えゲームアプリをリリースしました!

Posted on Posted in お知らせ, 未分類

本日3月17日、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyの姉妹アプリである、英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Replyをリリースしました!

このアプリは、、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyのコンテンツで英文の並べ替えをゲーム感覚で完全無料で行えるアプリです。


Get it on Google Play

コンテンツは毎週決まった内容のものが複数の難易度で出題されるので、自分のレベルに合わせてゲーム学習を行うことができます。(3月中はコンテンツが固定されますが4月からは毎週変わります)

このアプリでは、英語が話せるようになるためのトレーニングを行う瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyとは違い、高度な学習は難しけど、良質なコンテンツで英語学習を楽しみ、次のステップへ繋げていくことを目的としています。


ぜひ、瞬間英作文学習の息抜きに遊んでみてくださいね!