HOW TO USE THANKS TO

瞬間英作文で身につけた!?「~のおかげ」とは!?

Posted on Posted in 未分類

みなさんこんにちは!!

英語を話せるようになるポイントは、良く使う表現の引き出しを、いかにたくさんの簡単な英語で表現できるか。瞬間英作文をしていると何となくそういった表現を使えるようになってくるので、並行して再度、意識的に覚えていくとより効果的です。

ということで、本日は、日常でもビジネスシーンでも役に立つ覚えておきたい便利な基礎表現をご紹介します!


本日のテーマ

瞬間英作文で覚えた言い回しを復習!「~のおかげ」を英会話で使いこなそう!

です。


すでにタイトルに登場しましたが、本日ご紹介する表現は「~のおかげ」の言い方。

ストレートに「~のおかげ」という表現を英語にすることも出来ますし、もし「~のおかげ」という表現がパッと出て来ない場合は、また別の言い方もできます。


例えば、「君の手助けのおかげで、テストに合格できたよ。」と言いたいとき、「~のおかげ」が出て来なければこんな言い方ができます。


“Without your assistance I wouldn’t have passed the exam.”

これは直訳すると「君の手助けなしには、私はテストに受からなかっただろう」という意味になります。


ですので、意味的には「君の手助けのおかげで、テストに合格できたよ。」と同じですね。


「~のおかげ」はもっとシンプルに

上で紹介した文は、少し言い方としては難しいですね。

「~のおかげ」は知っていれば、みなさんも良く使う英語でもっと簡単に表すことが出来ます。その表現が“Thanks to”です。


例えば先ほどの文も“Thanks to”を使うと以下のように、より簡単にいう事が出来ます。

“Thanks to your assistance, I passed the exam.”


日本語のイメージ通りの英語にすることができて非常に使いやすいと思います。


ちなみに、さらに発展させると、「おかげさまで」と言いたい場合もありますよね。

そんな時はどのように言えば良いのかを、瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Replyのコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からご紹介しましょう!


「おかげさまで、イベントの運営をやりきることができました。」

“Fortunately we have managed to organise the event.”

*organiseはイギリス英語の表記です。


このような場合には“Fortunately”が使えるんですね。

まずは“Thanks to”を意識して使いながら、こういった広い範囲の表現をカバーしていきましょう!


ぜひ続けて勉強をしてみてくださいね!



こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!「英会話できちんと思いを伝えよう」

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

TOEICでも英会話でも必見の英語の注意点とは?

TOEICでも英会話でも要注意な英語の知識とは!?

Posted on Posted in 未分類

みなさんこんばんは!

少し更新に間があいてしまいましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

徐々に涼しくなり、夜はだいぶ過ごしやすくなりましたね!

そんな夜は、窓でも開けて英語学習を楽しんでくださいね!


さて本日のテーマですが…こちら!

TOEICでも英会話でも必須の知識!前置詞不要の副詞達!

です!それではいきましょう!!


まず以下の文を見てください。

A:Born in Hong Kong, Mr. Lee was brought up in Australia.

B:Pat was raised overseas until the age of 12.


Aの文は「Leeさんは香港で生まれ、オーストラリアで育った。」という意味です。

Bの文は「Patは12歳まで海外で育った。」という意味です。

どちらも文の意味としては似ていますね。また両方共に受動態の文というのも共通しています。


ただ、一点大きく違う点があります。

それがAは“in Australia”と前置詞+名詞となっているのに対し、Bは“overseas”の一語であるという事。


この違いわかりますか??

そうです、Aは“in Australia”が、前置詞+名詞で副詞の働きになっているのに対して、“overseas”は一語で「海外で」という副詞なんです。なので前置詞が不要となります。


実は、このパターンで副詞なのに前置詞をつけてしまう人結構多いので要注意。


TOEICも英会話も一緒に対策!!間違えやすい単語をまとめて覚えよう!!


このような間違いやすい単語はまとめて覚えいてしまいましょう!!

まずは代表的なものだけですがこちらに紹介しますね。


・home

・there

・here

・upstairs

・downstairs

・downtown

などです。


特に良く使う

・there

・here

は要注意。

間違えて“I go to there.”と“to”を入れないでくださいね!

正しくは“I go there.”です。


まずは今日ご紹介したものからマスターしていってくださいね!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

ネイティブから盗め!英語のインプット学習のススメ!

ネイティブから盗め!英語学習のススメ!?

Posted on Posted in モチベーションの維持, 学習法, 未分類

みなさんこんにちは!

ちょっと一息つきながら、英語脳を刺激しませんか!?

本日のブログではいつもと少し趣向を変えて、日常英語のインプットについてご紹介したいと思います。


ズバリテーマは

本当の使い方はネイティブから盗め!!

です。それでは行きましょう!!


さて、このブログを読んでいる方はいつもAn Instant Replyで学習をして頂いていると思います。中学英語、高校英語の両コンテンツともにある程度学習を進めると学習前に比べかなり英語がスムーズに出てくるようになってきたのではないでしょうか。


おそらく、高校英語のコンテンツをマスター出来たら文の構成力はかなり付いていると思います。


そうすると英語がどんどん楽しくなってくると思うのですが、ここで思い出してほしいのが英語学習で重要なのはインプットとアウトプット。An Instant Replyはアウトプット型の学習アプリですので、併用してインプットの部分を強化していくと英語力がますます伸びやすくなります。


とはいってもすでにAn Instant Replyで学習を進めている人に文法書をもう一度やってみようという話をするつもりはありません。

せっかく言いたい事を少しずつ英語に出来るようになってきているのでぜひ、インプットでは英語を聞きとる練習をしてください。


ポイントとして、ただリスニング教材を使って学習するのではなく、生のネイティブを感じられるような学習スタイルをおススメします。


海外のポッドキャストやラジオを聞こう!!

例えば私が良く聞いていておススメなのが、ポッドキャストの「All Ears English」。

About>>>>>All Ears English

こちらはアメリカンネイティブ女子の二人が英語に関するトピックスを中心に雑談のように話しているのを聞くことが出来ます。


おススメと言いましたが、スピーキングの速度はかなり早いです…

ただ、大事なのは全てを聞きとろうとするのではなく、ネイティブスピーカーがどんな雰囲気で話しているのかを感じること。

普通に会話しているので、英会話のリズムが聞いているうちに染みついていきます。


また、驚くほど「あ~、これが口癖なんだな~」というように同じ相槌を繰り返します。

それを聞いているうちに、自分までその相槌が口癖になりそうです。


例えば“I like it.”「いいね!」や、awesome「最高じゃん/いいね」のような表現が頻繁に出てきます。


実際、awesomeは「最高じゃん/いいね」というような軽い感じではそんなに頻繁に使わないと聞くこともありますが、バンバン使っています。


日本にいると生の英会話を聞く機会って少ないですよね。

せっかく英語を話すための練習をしているんですし、本場の雰囲気を味わいながら自分の英語力にも磨きをかけてはいかがでしょうか!?

もちろん瞬間英作文アプリ An Instant Replyも1日5分でも継続してくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン