英会話で間違いやすい“it”と”one”を覚えよう!

Posted on Posted in 英会話

明けましておめでとうございます。今年も一緒に楽しみながら英語を学びましょう!!

さっそく、本日も英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

新年最初のテーマは

英会話で迷いやすい“it”と“one”の使い分け

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

会話の中で、よくこういった話をすることがあります。

A:新しいスマホを買ったんだ。

B:いいね!それ欲しいんだよね!

これを英語にする時、日本人はよく同じ間違いをすることがあります。その間違いというのが、“it”と“one”の使い分けです。では、まずは皆さんでAとBの会話を英語にしてみてください。

両方とも、特に難しい単語や表現はありませんので簡単だと思います。では解答を見てみましょう。

A:I bought a new smartphone.

B:That’s good. I want one.

ここで間違いやすいのが、“I want one.”の所です。ここをよく“I want it.”と言ってしまう事が多いです。もしここで“I want it.”と言うと、Aさんが持っているスマホそのものが欲しいという意味になります。

日本語では、具体的なものでも、抽象的なものでも「それ」という一言で表すことが出来ます。また、英語の“it”も「それ」と日本語で訳しますのでややこしくなります。

英語の“it”は、「それ」というよりも「そのもの」という訳し方が適切です。逆に、ここでBさんが言っている「それ」は、「同じ種類の機種」を表しますので、全体的なイメージを指します。

その場合の「それ」は“it”ではなくて、“one”を使います。ではもう1つ例を見ましょう。カフェでのやりとりです。

C:Could I have a piece of chocolate cake?

D:I’ll have the same one.

Cさんは「チョコレートケーキを一切れください」と言っています。Dさんは続いて“same one”と言っていますので、Cさんが注文したのと同じ種類のチョコレートケーキを注文しています。

なかなか会話の中で、こういった違いを意識することは瞬時には難しいです。

普段から意識することで、少しずつ慣れていくことが出来ます。

ぜひ、これを機会に会話の中で意識的に使い分けるクセをつけていってくださいね。

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!今年こそネイティブのような英会話力をつけよう!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

英会話で使いたい、「10時半」の言い方とは!?

Posted on Posted in 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話で「10時半」を何て言いますか!?

です。この記事はおよそ1分で読むことが出来ます。

日本語でも時間を言う時、「10時半」と言ったり、「10時30分」言ったり、人により違いますよね。英語でも実はそうなんです。日本で英語を学ぶと、「10時半」は“ten thirty”と表現する方が多いように思いますが、他にも言い方があります。

もちろん“ten thirty”も間違いではありません。

しかし、ネイティブスピーカーが、もっと使う表現が別にあるんです。

それが、“half past ten”です。

馴染みのない私達からすると、少し複雑な表現にもみえますが、ネイティブスピーカーが良く使う言い回しなので、ぜひ覚えてください。難しく見えても、分解をするとシンプルです。

“half”(半分)+“past”(過ぎる)+“ten”(10時)

「10時を、半分すぎる」で、10時半になります。

ちなみに“half”を“quarter”に変えると、「10時15分」になります。

知らないと、言われて「???」となってしまいそうな表現ですが、とても一般的なものなので、ぜひこれを機会に覚えてくださいね!!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!英会話でも良く使う!?Happy Christmasから学ぶ“another”の使い方!!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

英会話をもっと楽しもう!“busy”以外の「忙しい」の表し方!

Posted on Posted in 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日は英会話に役立つTipsをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話をもっと楽しく!“busy”以外で「忙しい」を使い分けてみよう!!

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

「忙しい」という意味の単語の代表と言えば“busy”ですよね。この1語さえ押さえておけば、日常英会話で困ることはありません。けれどもいつも“busy”ばかり使うのも、会話の引き出しが少ないような気がしてたまには変化をつけたいですよね!

なので本日はいくつか“busy”以外の単語で「忙しい」を表せるようになりましょう!

まずはこんなシチュエーションです。友達や同僚に仕事の後に食事を誘われました。しかし、まだやることがあって行けません。そんな時、単に“I’m sorry, I’m busy.”だけではちょっと冷たい気もしますよね。なので、そんな時は“have a lot to do”を使いましょう!

見ての通り、「やることがたくさんある」という意味になります。では、ここで例文を用いたスクリプトをチェックしましょう!

A:Hey, how about a drink tonight?

B:I’m sorry but I still have a lot to do with my work.

A:ねえ、今夜飲みに行かない?

B:ごめん、まだ仕事でやらないといけないことがあって。

次のシチュエーションです。仕事がとっても忙しく、家に帰って一言つい、「疲れた~、今日超忙しかったよ~」なんて言いますよね。そんな「超忙しかった」というのを一言で表せる便利な表現があります。それが、“hectic”です。

注意点は、“I was very busy.”のように“I was hectic.”とは使いません。以下のように使います。

“It was a hectic day. I’m exhausted.”

「すごい忙しい日だったよ。もうくたくた。」

セットで「疲れ切った」という意味の“exhausted”を覚えておくといいかもしれません。

そして最後にもう一つ、“tied up”も「忙しい」という意味になります。“tie”には「結びつける」という意味があるように、“tied up”で「(何かに縛られているように)忙しい」という意味になります。

C:Have you already had a vacation this winter?

D:No, I haven’t. I’m still tied up with work.

C:今年の冬はもう休暇をとったの?

D:まだだよ。まだ、仕事で忙しくて。

いかがでしょう。これら全部“busy”でも表すことが出来ますが、ニュアンスによってちょっと使い分けてみると英会話がもっと楽しくなりますね。また、相手がどのように使っているのかなどを、意識して聞いてみるのもいいかもしれません。これら日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!恥ずかしい!!の“embarrassed”と“ashamed”の違いとは??

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう