「~するところ」って実は現在進行形でも表せるんです♪

Posted on Posted in 紛らわしい英語

みなさんこんばんは!今週も「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」で英語脳を鍛えてくださいね!

本日は「~するところ」という何かをする手前の表現について少し解説をしたいと思います。



海鳥が飛ぶところ

まずは以下の例文をチェックしてください。

A:“Where are you going?”

B:“I’ m going to my parent’s house.”


C:“Do you know where he is?”

D:“He is leaving now.”


上の文も下の文も現在進行形が使われていますね。

基本的に現在進行形は「今やっている動作の途中の状態」を表します。

AとBの文章ですと「何やっているの?」「実家に帰っているところ」という意味で、AもBも今まさにやっている事を話題としていますよね。

これが現在進行形の基本です。


では、CとDの会話を見てみましょう。

「彼がどこにいるか知っている?」「彼なら出かけるところだよ!」。

ここで注目なのが現在進行形を使っているDの文章。


“leave”はここでは「出発する」という意味で使われていますが、「出発する」という動詞は“go”の「行く」のように継続した動作ではなく、一瞬で終わる動作ですよね。

このような動詞は現在進行形にすると「するところ」という手前の動作を表す意味になります。


また、現在進行形には確定した近い未来を表す意味もあり例えばDの文の末尾を“now”から“tomorrow”に変更すると

“He is leaving tomorrow.”「彼は明日出発する予定だ」と言う未来の意味になります。

この辺の違いは難しいですが、時を表す副詞や会話の流れ、文脈などで判断します。


こう考えると現在進行形もその名前のわりに応用が広くて複雑ですが、まずはこういった用法があることを理解するのが重要です。

後は、英作文を繰り返すことで徐々にみなさんの中で扱える範囲が広がっていきます。

気になる方は、「高校文法総復習編 ALL IN ONE Basic」の時制の項目で練習してみてくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン