Watch Out!! “sometime”は「時々」とは全然違うんです!!

Posted on Posted in 意外と知らない英語の注意事項, 紛らわしい英語

みなさんこんばんは!今日は暑いですね!

夜はゆっくり涼みながら「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」で英語脳を鍛えてくださいね!


さて本日はちょっと気をつけたい英語をご紹介しましょう!

An Instant Replyの中に登場する文なのですが、まずはこちらを訳してみてください!


“Whether we do it now or later, it has to be done sometime.”



立っている男性

いかがですか?訳せましたか?

では答えを見てみましょう。

「今やるにせよ、後でやるにせよ、いつかはそれをしなければいけません。」


ポイントの解説の前にもう2問ほど問題です。

こちらも以下の2つの文を訳してみてください。


1:“Can I borrow your car sometimes ?”

2:“Can I borrow your car sometime today ?”



95H

似ている文ですね。

違いがわかりましたか?

では訳を見ましょう。


1:「時々、君の車を借りてもいいかな?」

2:「今日のどこかで君の車を貸してくれない?」


そろそろ本日のテーマがわかりましたよね?

そうです、紛らわしい単語“sometimes”と“sometime”の違いです。

“sometimes”「時々」に関してはなじみ深いと思いますが、“sometime”はあまり聞いたこと、使った事がないという方もいるのではないでしょうか?


“sometime”は“sometimes”とは全く別物の単語で、意味は

「いつか」「ある時」

と言う意味です。


単純に“Let’s meet sometime soon.”という形で使えば、「近いうち(近い間のいつか)に会おうよ。」と言う形で使えます。


また「いつか」により具体性を持たせる為に

“I’ll go to the hospital sometime this week.”

「今週のどこかで病院に行くつもりです。」

と単に「いつか」というのではなく「今週のどこか」と少し具体的な内容にすることも出来ます。


例えば、「友達に飲みに行こうよ」という時にただ今度というより、「今月のどこかで」と言った方が実現性がありそうですよね!

“Let’s go and have a drink sometime.”

よりも

“Let’s go and have a drink sometime this month.”

といった方が具体的でいいすでよね!


いかがでしょう?

使い方のイメージもふくらみましたか?

英作文をしながら、聞きなれない、または違和感を感じるような単語などがあったら一度立ち止まり調べてみると、思いもよらない発見があるので、ぜひやってみてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン