英会話や瞬間英作文で迷いがちな類似語“hard”と”difficult”について

Posted on Posted in 紛らわしい英語

みなさんこんばんは!アプリがリリースされてもうすぐ3カ月経ちますが、効果を感じられていますでしょうか? ぜひ継続して「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」で英語脳を鍛えてくださいね!


さて、本日のブログでは週末ですし少しリフレッシュできるような軽い内容でお送りできればと思います。


ということで本日のテーマはズバリ

hardとdifficultの違いは!?

と言うものです。意外と簡単なwordですが、時々英会話や瞬間英作文をしている時にふとどっちを使えばいいんだ!?と悩んでしまいます。

では、例文を見てみましょう。


An Instant Replyのコンテンツに以下の文があります。


A:「彼らにとってあなたの考えを理解するのは難しい事でしたか。」

B:「この質問は答えるのには難しすぎます。」



猫が2匹ジャンプ

ではこの二文を英語にしてみましょう。

A:Was it hard for them to understand your idea ?

B:This question is too difficult to answer.


「難しい」を意味する単語がAの文では“hard”が、Bでは“difficult”が使われていますね。この使い分けは一体何なのでしょうか。


実は、この二つの文、それぞれ“hard”と“difficult”を入れ替えても問題がありません。

ようするに、意味上厳密に使い分けるような違いはないんですね。

ただ、ニュアンスとして“difficult”の方がよりかしこまった言い方で、“hard”の方がよりカジュアルな印象となります。


ですので、まずはシチュエーションの違いで使い分けるという事が一点。

また、“hard”の方が肉体的、精神的な難しさで、“difficult”の方が技術的、知識的な難しさを表す際に使われる事がやや多い傾向にあるのですが、この点に関しては気にしすぎる必要はありません。


結論ですが・・・

何かを行うのに肉体的な努力や精神的な忍耐が必要な場合は”hard”、技術的、知識的な努力が必要な場合は“difficult”という区別はあるもののそこまで厳密ではないので、気にしすぎる必要はない。

基本的にどちらでも置き換えがききますので、海外ドラマや映画で使われているのに気付いた時は、どのようなシチュエーションで、どのような相手に、どのような文脈で使われているかを注意してみるといいかもしれませんね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン