意外と知らない!?英語で上手な「毎○○」の使い分けとは!?

Posted on Posted in 意外と知らない英語の注意事項, 英会話で即使える, 語法・使い方

みなさんこんにちは!

先日、英語で会話をしている時に、「ほぼ毎週日曜日」というニュアンスで話したかったのですが、言葉につまってしまい、結局「毎週日曜日」といってしまったのですが、こういう微妙な表現って結構難しいですよね!


本日のブログではこういった場面で役に立つ「毎曜日」について少しご紹介したいと思います。ということでテーマは

結構大事!毎週○○のいいかた

です。


では、早速ですが、例えば「毎週日曜日に料理をします。」というのを英語にしてみてください。これは簡単ですね。正解は…

“I cook every Sunday.”


気をつけないといけないポイントとしては“every”で「毎~」と表しているので、ついつい“Sunday”に“s”をつけて複数形にしてしまいがちなところ。

“every”に続くのは単数名詞です。


ここまでは大丈夫だと思うのですが、では次のフレーズを見てください。

“On Sundays we would often go for a family drive.”

「日曜日にはよく家族でドライブに出かけたものです。」


ここでは“Sundays”と複数形になっていますが、曜日を複数形にすると“every Sunday”と同じ意味で使う事が出来ます。


もう一つ例文を見てみましょう。

“Our office is closed on Sundays and public holidays.”

「私達のオフィスは日曜日と祝祭日は閉まっています。」


“Sundays”だけでなく“holidays”も複数形になっているので、オフィスが閉まるのは日曜日と祝祭日のたびにという意味になります。


一歩進んだ理解

先ほど、曜日を複数形にすると“every + 曜日”と同じ意味になると言いましたが、曜日の複数形と“every + 曜日”ではニュアンスが微妙に異なることがあります。


例えば“Our office is closed on Sundays and public holidays.”のような、ルール上決まっていることを表す文で使われる場合は“Sundays”と“every Sunday”はどちらを使っても意味上大きく違いが出ることはありません。


しかし、“On Sundays we would often go for a family drive.”のような文の場合、“every Sunday”としてしまうと「毎週日曜日に」と毎週という言葉が強調されてしまいます。


なので、毎週というほどではないけどやるといしたら毎回日曜日に良くやっている(いた)というニュアンスで表現したい場合は「曜日の複数形」を用いるのがおススメです。


いかがでしょう。

まずはポイントとして毎週を強調したいのか、いつもというニュアンスで強調したいのというところで使い分けてみても良いかもしれませんね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン