partcularの使い方

覚えたら便利!particularの使い方!?

Posted on Posted in 英会話で即使える, 英語の難しいところ, 語法・使い方

みなさんこんにちは!

中々天気が落ち着かず、通勤時などに英語を学習されている方は、いつものようにうまく学習を進められないという方もいるのではないでしょうか。

私も、通勤時に学習をしていますが、なかなかいつもみたいに集中が出来ず、早く天候が安定してほしいな~と思っています。


なのでちょっとしたスキマ時間などに5分でもいいので英語に触れる時間を作ってくださいね!


ということで本日はそんなスキマ時間に5分で読める英語にまつわるトピックスを紹介したいと思います。

本日のテーマはズバリ


“苦手な人が多い? particularを極めよう!!”

です。早速行きましょう!


particularって結構見ると思うのですがいまいち使い方が把握できないという方、多いのではないでしょうか?


意味を調べるとたいてい次のようにのっています。

「特定の」「個別の」「固有の」「特別な」などなど。


何となくイメージはわくのですが、そもそも上のような言葉を日本語でもそんなに使う事はないので具体的な使い方をつかみづらいという部分があるのではないでしょうか。


また、particular自体をどのようにセンテンスの中に置けばいいのかもちょっと曖昧になりがちですよね。


particularの第一歩は品詞を意識!!


particularを理解する上で大事なのが品詞が何かを把握しておくこと。

ここを押さえるとまずどこに置けばいいのか理解が出来ます。

ちなみにparticularは形容詞ですので名詞を修飾しますね。


それがわかると少しみえてきませんか?

「特別な名詞」「特定の名詞」etc…

日本語で言うところの「特に~」というイメージですね。

例えば以下の例文を見てください。

“Is there any particular place I should go first ?”

「特に最初に行っておくべき場所ってありますか?」


この例文のように「特に~ある?」のようなことって日本語でも結構ありますよね。

そんな時に“particular”は便利です。


他にもこんな場面。

“I don’t have a particular reason.But I don’t want to go there.”

「特に理由はないんだけどね。そこにはいきたくないんだよ。」


いかがでしょう?

“particular”に関しては品詞を理解したうえでいくつか例文を見てみるとすぐにつかめると思います。


ぜひ、たくさんの英語に触れて慣れていってくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン