英語の口癖を引き出しに変えよう!

英語の口癖から、英語の引き出しを作ろう!!

Posted on Posted in 便利な表現, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんばんは!!

本日は超簡単に皆さんの英語をよりいきいきさせる方法をご紹介します。

(3分で読める程度の内容なので、ぜひチェックしてください!)


題して

英語での口癖をもっと英語っぽくしちゃおう!

です!それでは行きましょう!


みなさん、よく英語で話しかけられると、ついいつも同じ受け答えをしているという事はないですか?


たとえば“really?”とか、“Yes”ばかりを使ってしまうようなことです。

これだと英語を話していてもなんだかつまらなくないですか?

逆に、こういう良く使う言葉はついついそればかり言ってしまっているというほど、使う機会が多い表現。


ということは、これらに近い引き出しを増やせば、アウトプットするチャンスも多いという事です。


とにかく英会話の上達はアウトプット!!

普段と違う表現を使う時って少し恥ずかしかったり、あっているかな?と不安になることって多いですよね。

けれども、そういったことは気にせずに、どんどんアウトプットしましょう!!


例えば“Yes”の代わりに“Absolutely”を使ってみましょう!

A:“Do you really think I can do this?”

B:“Absolutely.”

A:「君は僕にこれが出来るって本当に思うかい?」

B:「もちろん」


“Absolutely”の他にも“Exactly”や“Definitely”などでもいいですね。

“Yes”と単に答えるよりもこっちの方が「もちろん」「間違いない」というニュアンスが強まります。


他にも“really”なら“Is that so?”や“Are you sure.”でも置き換えられますね。

このようにまず、皆さんが普段良く使う英語でワンパターン化している表現の別の言い方を探して使ってみると、身近なところから英語の引き出しを増やしていくことが出来ます!!


ぜひ早速すこしずつ得意な表現を増やしていってみてはいかがでしょうか!?


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン