いつも「たぶん」はmaybeじゃつまらない!?

英会話で“maybe”の他にも「たぶん」を使おう!

Posted on Posted in TOEIC, ニュアンスの違い, 便利な表現, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は、英会話力をあげるすぐに使える表現をご紹介します。

(3分で読める程度の内容なので、ぜひチェックしてください!)


その前に、皆さんへお願いがございます。

アプリ内のお問い合わせよりご連絡を頂いた場合、こちらよりご返信を差し上げる場合がございます。その際に、携帯電話の設定により、こちらからのご返信が届かない場合がございます。メールにてお問い合わせを頂きます際は、大変お手数をおかけ致しますが、一度メールの設定のご確認をお願いたします。


では、ブログに戻りましょう!!本日のテーマは・・・

英会話で「たぶん」を“maybe”ばかり使っていませんか?覚えておくと便利な“suppose”

です!それではいきましょう!


英語で話している時、「~だと思うよ」と言う際に、つい“maybe”ばかり使っていませんか?

もちろん確信の度合いにもよりますが、こちらは間違いではありません。


ただ、いつも “maybe”ばかり使うのも会話がワンパターンでつまらないですよね。

なので、本日は同じように「~だと思うよ」という場合に使える“suppose”を覚えてください。


まずは例文を見ましょう!

“I suppose every neighborhood has someone like him.”

「たぶん、どこの近所にも彼みたいな人がいるんだと思う。」


“I suppose ~”は「たぶん~だと思う」という意味です。

ただ、微妙に“maybe”と違うポイントとしては、「たぶん」の確信度。


“maybe”が「半々かな」というニュアンスに対して、“I suppose ~”はもう少し確信度は強いです。

もう少しいうと、“maybe”が「何となく雰囲気的にそう思う」という感じであるのに対して、“I suppose ~”は「経験上そう思うよ」という感じ。


ですので、“I suppose ~”の方が「自分の意見としてそう思う」という意味合いが強くなりますね。


同じような表現で“I guess ~”もあります。

こちらは推測の要素が強いので“I suppose ~”よりもう少し確信度は下がります。


このように確信度などによって、他にも「たぶん~」を表す表現はたくさんあります。

こういった良く使う表現は会話に登場する機会も多いですし、ぜひ積極的に覚えて引き出しを増やしていってくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン