意外と便利なThatの隠れた意味とは!?

意外と便利な”that”の隠れた意味

Posted on Posted in 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんばんは!!

本日のブログではあまり知られていない“that”に関してご紹介したいと思います!

テーマはズバリ・・・


色々な品詞を持つ“that”の意外な顔とは!?

です。さっそくいきましょう!


皆さんは“that”というと、どんな使い方が浮かびますか!?

“That is my car.”とか、“Eveyone belives that he didn’t do that.”のような使い方が最初にうかびそうですね。


ですが、本日ご紹介したいのはこのような比較的馴染みのある“that”ではなく、あまり知られていない使い方の“that”です。

そしてそれがというのと副詞の“that”。


意外と簡単!英会話で役に立つ副詞の“that”

副詞の“that”は例えば皆さんが誰かと話していて、その人が「昨日買ったイワシが30cmもあったんだよ。」という話をしてきた時。


A:“The sardine I bought yesterday was very big! The size of it was 30cm .”

B:“Oh, It was that big?”

A:「昨日買ったイワシがとても大きくてさ。30cmもあったよ。」

B:「え、そんなにおおきかったの?」


こんな形で副詞の“that”は「そんなに~」「それほど~」という意味で使われます。

もう一文、An Instant Replyの高校文法総復習の方から例を紹介しましょう。


“It can’t be that hard.You’re just being lazy.”

「それがそんなに大変なわけがない。君は単に怠けているだけだ。」


いかがでしょう。

なんとなく使い方のイメージはわきましたか?

イメージとしては相手の少し大げさな表現に対して「そんなに~」と否定気味に使う事が多いような気がします。


まずは本日紹介した例文を覚えてくださいね!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン