日刊英語ライフ

Android版バージョンアップのお知らせ

Posted on Posted in お知らせ

本日、Android版の瞬間英作文アプリAn Instant Replyが1.0.4にバージョンアップ致しました!

(iOS版は現在審査待ちですので、もうしばらくお待ちください。。。)

今回のバージョンアップの目玉!新規コンテンツの投入!!

これまでのコンテンツ通り、無料で50センテンスお試しいただけますのでぜひまずはアップデートを行い、新規のコンテンツを試してみてください!!

ちなみに今回のコンテンツは、あの大人気のWEBマガジン、日刊英語ライフさんとのコラボ!!

日刊英語ライフさんが日々更新しているコラムから、フレーズと解説を使用!

しかもアプリ版に一部リライト頂いた特別版です!!

さらに、学習をしていてこのフレーズのコラムが気になるな~という方のために、各フレーズの解説欄より、日刊英語ライフさんのコラムへとべるリンクを設置しています!!

詳しい内容はiOS版の審査が通りリリースされましたら改めてご報告いたします!

まずはバージョンアップでコンテンツをチェックしてくださいね!!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

「~になる」という意味のmakeとは!?

TOEICでも頻出!素質がある人へ「~になる」ってなんていう!?

Posted on Posted in TOEIC, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさんこんばんは!!

本日は、ワンランク上の英会話力を身につけるためにとっても重要な表現をご紹介します。

(3分で読める程度の内容なので、ぜひチェックしてください!)


テーマはズバリ!

TOEICでも頻出!!資質がある場合の「~なる」って、動詞はどれをつかう!?

です。それでは行きましょう!


例えば、最近ですとサッカーの久保健英選手が、まだ中学生ですがプロ契約をしましたね。

早くも彼のプレーを見た人は、こんなことを思うのではないでしょうか。

「彼はいい選手になるな~。」


では、これを英語にするとどう表現しますか?

「~なる」というと“become”、“be”などで表現したくなりますが、実はこのようなシチュエーションではあまり“become”や“be”は使いません。


では何を使うかというと以下の文で確認をしましょう。

「彼はいい選手になるな~。」

“He will make a good soccer player.”


「うん?“make”?」と思うかもしれませんが、これは「彼はいいサッカー選手をつくる」という意味ではないんです。

実は、“make”には「作る」とは違った意味で「~になる」という意味があります。

ちなみに“make”の「~になる」にはポイントがあって、そのなるものに対しての素質があるという意味合いを含んでいます。


他のシチュエーションで考えてみると、弟の面倒見の良いお姉さんがいたらこういうのも良いかもしれません。

“She will make a good mother.”

「彼女はよいお母さんになりそうだね。」


では、最後に本日の「~になる」という意味の“make”を使ったフレーズを瞬間英作文アプリAn Instant Replyのコンテンツ、高校文法総復習ALL IN ONE Basicよりご紹介しましょう!!


「犬や猫は人間にとって、とても良い伴侶になる。」

“Dogs and cats make great companions for people.”


ぜひ、こういった身近な単語の意外な使い方にも注意しながら瞬間英作文や、CHUNK英作文で学習をしてみてくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン

いつも「たぶん」はmaybeじゃつまらない!?

英会話で“maybe”の他にも「たぶん」を使おう!

Posted on Posted in TOEIC, ニュアンスの違い, 便利な表現, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語

みなさんこんにちは!!

本日は、英会話力をあげるすぐに使える表現をご紹介します。

(3分で読める程度の内容なので、ぜひチェックしてください!)


その前に、皆さんへお願いがございます。

アプリ内のお問い合わせよりご連絡を頂いた場合、こちらよりご返信を差し上げる場合がございます。その際に、携帯電話の設定により、こちらからのご返信が届かない場合がございます。メールにてお問い合わせを頂きます際は、大変お手数をおかけ致しますが、一度メールの設定のご確認をお願いたします。


では、ブログに戻りましょう!!本日のテーマは・・・

英会話で「たぶん」を“maybe”ばかり使っていませんか?覚えておくと便利な“suppose”

です!それではいきましょう!


英語で話している時、「~だと思うよ」と言う際に、つい“maybe”ばかり使っていませんか?

もちろん確信の度合いにもよりますが、こちらは間違いではありません。


ただ、いつも “maybe”ばかり使うのも会話がワンパターンでつまらないですよね。

なので、本日は同じように「~だと思うよ」という場合に使える“suppose”を覚えてください。


まずは例文を見ましょう!

“I suppose every neighborhood has someone like him.”

「たぶん、どこの近所にも彼みたいな人がいるんだと思う。」


“I suppose ~”は「たぶん~だと思う」という意味です。

ただ、微妙に“maybe”と違うポイントとしては、「たぶん」の確信度。


“maybe”が「半々かな」というニュアンスに対して、“I suppose ~”はもう少し確信度は強いです。

もう少しいうと、“maybe”が「何となく雰囲気的にそう思う」という感じであるのに対して、“I suppose ~”は「経験上そう思うよ」という感じ。


ですので、“I suppose ~”の方が「自分の意見としてそう思う」という意味合いが強くなりますね。


同じような表現で“I guess ~”もあります。

こちらは推測の要素が強いので“I suppose ~”よりもう少し確信度は下がります。


このように確信度などによって、他にも「たぶん~」を表す表現はたくさんあります。

こういった良く使う表現は会話に登場する機会も多いですし、ぜひ積極的に覚えて引き出しを増やしていってくださいね!!


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン