“Cold”頼みはもうやめよう!英語の寒いの色々とは!?

Posted on Posted in ニュアンスの違い, 未分類, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える, 英単語, 英語の難しいところ

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常会話で即使える覚えておくと便利な表現をご紹介したいと思います。

本日のテーマ

英語での寒さの違いを覚えよう!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

ではまずは、恒例の瞬間英作文に挑戦してみましょう!本日は2問出題します!

1:劇場が肌寒かったから、温かいコーヒーを飲みたい。

2:今日、寒くない?

さて、日本も暑い夏が終わり、徐々に寒くなってきました。そこで本日は寒さに関する単語をご紹介したいと思います。寒さの度合いよって「肌寒い」なのか、「凍えそう」なのか、使う言葉が変わりますが、英語でも寒さの度合いよって使う単語が違います!

会話の中で、気候の話になった時、ついつい“cold”ばかり使っていませんか?もしかするとそれでは、伝えたい寒さの加減が伝わっていないかもしれません。

まずは早速、瞬間英作文の解答を見てみましょう!

1:劇場が肌寒かったから、温かいコーヒーを飲みたい。

1:I want some coffee because it was chilly in the theatre.

2:今日、寒くない?

2:It’s cold today, isn’t it?

ここで、寒さを表す“chilly”と“cold”という単語が出てきました。“cold”はよく皆さんも使うと思いますが、実は“cold”は結構寒い日を表します。イメージとしてはコートが必要な日を考えてください。

一方、“chilly”のイメージとしては「肌寒い」という感じです。コートまでは着なくても、ジャケットなど、1枚はおりたくなるような気温と覚えてください。

ちなみに涼しい、ちょっと冷える、くらいですと“cool”で表すことが出来ます。

逆に、真冬の吹雪いている、凍てつくような寒い日は、“freezing”という単語を使います。

“freezing”はそれだけで「凍てつくような寒さ」を表しますので、“very cold”などのように“very”などの、程度を表す言葉を付ける必要はありません。

いかがでしょう。気温の上がり下がりが激しいこの季節、ぜひ、ますは“cold”と“chilly”の使い分けから、挑戦してみてくださいね!

本日ご紹介した内容の例文は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。「寒さの違い」だけでなく、様々な日常表現を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、イギリス英語のネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富なTipsも各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英語の感覚を身につけていけます。活きた英語表現をぜひ体験してみてくださいね!

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play