強調を使って英語を楽しもう!!

Posted on Posted in 文法を会話に活かそう!, 英文法

みなさんこんにちは!!

本日は瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常英会話をより楽しくするTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

「強調」を用いて英会話にメリハリを!!

です。この文章はおよそ2分30秒で読むことが出来ます。

では、早速瞬間英作文をしてみましょう!

①PerezがBurnsを破ったのは決勝戦においてだった。

普段の会話の中で、特に強調して話したい部分がある場合は、そこを強めに言ったりすることがあると思います。日本語でも、声の大きさや、間の取り方、話す順番などで、その会話のどこの部分が強調されているのかが読み取れますよね。

例えば、上の例文も

②Perezは決勝戦でBurnsを破った。

③Burnsを決勝戦で破ったのはPerezだった。

④Perezが決勝戦で破ったのはBurnsだった。

と言い方を変えると、言いたいことの意味は同じでも、強調されているポイントは異なりますよね。このような複数通りの強調も、実は1つの型を覚えるだけで簡単に表せるようになります。その型が“It is … that ~”です。「~なのは・・・だ」という意味を表します。

では、①~④をそれぞれ英語にしていきますが、まずは②が、特に強調が無いセンテンスですので、こちらから見てみましょう。

②Perezは決勝戦でBurnsを破った。

Perez defeated Burns in the final.

①では、②のセンテンスの中の、決勝戦の部分が強調されています。

①PerezがBurnsを破ったのは決勝戦においてだった。

It was in the final that Perez defeated Burns.

③では“Perez”が強調されています。

It was Perez that defeated Burns in the final.

④Perezが決勝戦で破ったのはBurnsだった。

It was Burns that Perez defeated in the final.

いかがでしょう?

少しずつ、文の構造が変わりますが、基本の型である“It is … that ~”のどこに強調したい部分を置くかを理解出来れば、すぐに慣れることが出来ると思います。

まずは本日ご紹介した例文を見比べながら感覚をつかんでくださいね!

英語にも同じように強調構文というものがあり、大事な部分をより強調して言う事が出来ます。

本日ご紹介した内容の内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」に登場します。「強調構文」だけでなく、様々な英文法を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、ネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富な解説も各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英文法の理解を深めていくことができます。スピーキングのスキルを磨きながら、文法の理解も深めていってくださいね!

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらで一度中身を確認も出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play