英会話で注意!“the time”と“time

Posted on Posted in 意外と知らない英語の注意事項, 未分類

みなさんこんにちは!本日も英会話に役に立つTIPSをご紹介していきます!

本日のテーマは

英会話で知っておきたい違い!“the time”と“time”

です。この記事はおよそ3分で読むことが出来ます。

皆さん、“the time”と“time”の違いを考えたことはありますか?

実はこの2つの違いを知らないと、会話の中でちょっとした勘違いをしてしまう可能性があります。

以下の2つのセンテンスをみてください。

A:“Do you have the time?”

B:“Do you have time?”

とても似ているセンテンスですが、実は全く違った意味を表します。

Aの場合は、“the”が付くことで、特定の時間を指しています。時間という一連の流れの中での、特定された時間。また、“the”が付くことで、その特定された時間には共通の認識があることがわかります。

共通の認識というのは、例えば“I went to a station in Tokyo.”と言えば、「私は東京の駅に行きました。」と漠然とした「駅」を意味し、話し相手がその駅を知っているかは、わかりません。

しかし、“I went to the station.”と言うことで、「私はその駅に行きました。」と話し手と、話し相手の両方が既に同じ駅を認識して話していることがわかります。

このように互いが認識している「時間」というのは、「現在時刻」を意味します。なので、Aの意味は「何時ですか?」という意味になります。

一方で、Bは漠然とした「時間」という概念を表しています。ですのでBの意味は「時間ありますか?」という意味になります。

この2つ、とっても良く使われます。特にビジネスシーンでは“What time is it?”よりも、“Do you have the time?”の方が良く使われます。

2つのセンテンスの違いをしっかり理解して、英会話の中で誤解をしないように注意してくださいね!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しいという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!ビジネスにも旅行役立つ、英会話力を身につけよう!

日常表現を使いこなすには、繰り返しの練習が必要です。An Instant Replyの中のコンテンツ「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」には、まさに日常英会話を豊かにしてくれるような表現がたくさん含まれています。ぜひ繰り返し瞬間英作文で練習して慣れてくださいね!

文法の構造を上手くつかめていないと言う方には、チャンク学習がおススメです。英語を細かい構造単位の区切りで考えると、センテンスの全体像や、文を考える時の構成が自然と出てくるようになります。An Instant Replyの中のコンテンツ「高校文法総復習 ALL IN ONE Basic」ではチャンクと瞬間英作文の両方で学習が可能ですので、ぜひ、学習してみてくださいね!

また、瞬間英作文がまだ難しという方は、完全無料で英文並べ換え練習が出来るアプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」をチェックしてみてくださいね!



Get it on Google Play

An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


最新アプリ!「Jump-Start!英語は39日でうまくなる!」

■ 紹介ページ

Jump-Start! 英語は39日でうまくなる!

■ AppStore(iOS版)

■ GooglePlay(Android版)

Google Play で手に入れよう

知れば納得!基礎動詞“meet”の感覚をしっていますか!?

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 意外と知らない英語の注意事項, 英会話で即使える, 英単語

みなさんこんにちは!!

本日は、日常英会話でより自然な英語を話すためのTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

基本動詞“meet”の定義を理解して、使い方のコツをつかもう!!

です。この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

*本日のセンテンスは「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からご紹介しています。

皆さん、“meet”という動詞の意味を「会う」とざっくり覚えていませんか?

実は、“meet”には覚えておきたい定義があるんです。それが…

「誰かと知り合いになる」ということ。

例えば、“Nice to meet you.”「はじめまして」は、初めて会った人にしか使わないのも、この定義をネイティブスピーカーが意識しているから。ですので、次に会った時には“Nice to see you again.”「またお会いできて嬉しいです。」と言います。

ちなみに“see”は、「知っている人に会う」という意味で使われます。この感覚を覚えておくと、こんな場面で“meet”と“see”のどちらを使うべきかで悩むことが無くなります。

A:2人はどこで出会ったの?

B:そのレストランで初めて彼女に出会ったんだ。

この場面では、2人の初めての出会いを聞いていますので、“meet”を使って、以下のように言う事が出来ます。

A: Where did you two meet?

B:I met her at the restaurant.

もちろん、“meet”は単に「会う」という意味でも使われますので「会う」という意味で厳密に“see”との違いを考えるのは難しいですが、この場面では“see”が使われるという事はまずありません。それは、ネイティブスピーカーの意識の中に、“meet”は「誰かと知り合いになる」という意味が意識されているからです。

このような使い分けは、繰り返して練習して感覚を付けていくしかありません。

そういった感覚を磨くのに「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツは最適です。ぜひチェックしてくださいね。

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!英語の「チャンス」を使いこなそう!

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyでは、

中学、高校、日常会話とレベルや英語学習の状況に応じてコンテンツを選びながら、瞬間英作文をすることが出来ます。繰り返し同じコンテンツを瞬間英作文することで、英語の構造を自然に意識できるようになり、英語を実際に話す場面で必要な瞬発力を鍛え、素早く、正確な英語を話せるようになります。文法レベルが安定してきた後は、日刊英語ライフのコンテンツで瞬間英作文を繰り返すことで、ボキャブラリーや表現の幅を広げることが出来、英語の引き出しが増えるので、英語を話すことがどんどん楽しくなっていきます。

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらの週ごとに更新されるコンテンツで、一度中身を確認が出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


“myself”と“by myself”どちらを使う!?

Posted on Posted in TOEIC, 勘違いしがちな単語, 意外と知らない英語の注意事項, 紛らわしい英語, 英会話, 英会話で即使える

みなさんこんにちは!!

本日も瞬間英作文/英会話アプリ An Instant Replyの中から、日常会話ですぐに使えて覚えておくと便利な表現をご紹介したいと思います。

本日のテーマ

“myself”と“by myself”を区別しよう!!

です。早速行きましょう!

この文章はおよそ3分で読むことが出来ます。

本日は和訳に挑戦してみましょう!!

A:“I’d like to make dinner myself.”

B:“I’d like to make dinner by myself.”

良く似ている二つのセンテンスですが、意味の違いがわかりますか??

実は結構多くの人が、“myself”と“by myself”の区別を曖昧なまま使っていることが多いです。しかし、どちらを使うかによって若干ニュアンスが異なってきますので、本日はぜひ違いを覚えてください。

まず、“myself”を使うと、「自分で」という意味になります。ここ数年流行している“DIY”も“Do it yourself”で「自分でやる」という意味ですね。

一方、“by myself”は、ほぼ同じ意味なのですが、“by”が付くことで“一人で”というニュアンスが強調されます。上の和訳問題の答えで違いを確認してみましょう。

A:“I’d like to make dinner myself.”

A:「自分で夕飯を作りたいんです。」

B:“I’d like to make dinner by myself.”

B:「一人で夕飯を作りたいんです。」

いかがでしょう!?この違い、覚えておくとニュアンスの違いを出したい時に便利ですよね!では、最後に瞬間英作文をして使いこなせるようにマスターしてしまいましょう!

C:「それを一人で修理しました。」

D:「それを自分で修理しました。」

解答はおしらせの下あります。

本日ご紹介した内容の内容は、

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyの「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」に登場します。「“myself”と“by myself”の使い分け」だけでなく、様々な日常表現を瞬間英作文形式で学習できます!全センテンス、イギリス英語のネイティブの音声付ですので、リスニング対策にもご利用いただけます!

豊富なTipsも各センテンスについていますので、英作文するだけでなく読みながら英語の感覚を身につけていけます。活きた英語表現をぜひ体験してみてくださいね!

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することが出来る姉妹アプリ「英会話/英作文並べ換えバトルAn Instant Reply」!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある際も、こちらで中身が確認出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

<本日の瞬間英作文の解答>

C:それを一人で修理しました。

C:“I repaired it by myself.”

D:それを自分で修理しました。

D:“I repaired it myself.”

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン


英作文並べ換えバトルアプリでゲーム感覚で英語を学習しよう!!



Get it on Google Play