知れば納得!基礎動詞“meet”の感覚をしっていますか!?

Posted on Posted in TOEIC, 便利な表現, 意外と知らない英語の注意事項, 英会話で即使える, 英単語

みなさんこんにちは!!

本日は、日常英会話でより自然な英語を話すためのTIPSをご紹介していきたいと思います。

本日のテーマ

基本動詞“meet”の定義を理解して、使い方のコツをつかもう!!

です。この文章はおよそ2分で読むことが出来ます。

*本日のセンテンスは「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」からご紹介しています。

皆さん、“meet”という動詞の意味を「会う」とざっくり覚えていませんか?

実は、“meet”には覚えておきたい定義があるんです。それが…

「誰かと知り合いになる」ということ。

例えば、“Nice to meet you.”「はじめまして」は、初めて会った人にしか使わないのも、この定義をネイティブスピーカーが意識しているから。ですので、次に会った時には“Nice to see you again.”「またお会いできて嬉しいです。」と言います。

ちなみに“see”は、「知っている人に会う」という意味で使われます。この感覚を覚えておくと、こんな場面で“meet”と“see”のどちらを使うべきかで悩むことが無くなります。

A:2人はどこで出会ったの?

B:そのレストランで初めて彼女に出会ったんだ。

この場面では、2人の初めての出会いを聞いていますので、“meet”を使って、以下のように言う事が出来ます。

A: Where did you two meet?

B:I met her at the restaurant.

もちろん、“meet”は単に「会う」という意味でも使われますので「会う」という意味で厳密に“see”との違いを考えるのは難しいですが、この場面では“see”が使われるという事はまずありません。それは、ネイティブスピーカーの意識の中に、“meet”は「誰かと知り合いになる」という意味が意識されているからです。

このような使い分けは、繰り返して練習して感覚を付けていくしかありません。

そういった感覚を磨くのに「すぐに使える活きた日常英会話 日刊英語ライフ」のコンテンツは最適です。ぜひチェックしてくださいね。

こちらもおススメ、本日の記事と一緒読み!英語の「チャンス」を使いこなそう!

瞬間英作文/英会話練習アプリAn Instant Replyでは、

中学、高校、日常会話とレベルや英語学習の状況に応じてコンテンツを選びながら、瞬間英作文をすることが出来ます。繰り返し同じコンテンツを瞬間英作文することで、英語の構造を自然に意識できるようになり、英語を実際に話す場面で必要な瞬発力を鍛え、素早く、正確な英語を話せるようになります。文法レベルが安定してきた後は、日刊英語ライフのコンテンツで瞬間英作文を繰り返すことで、ボキャブラリーや表現の幅を広げることが出来、英語の引き出しが増えるので、英語を話すことがどんどん楽しくなっていきます。

また、まだ瞬間英作文が難しいというかたは、並べ換え学習で英語の構造に慣れていってみませんか!?ゲーム感覚で、An Instant Replyのコンテンツを週ごとに完全無料で学習することができます!An Instant Replyのコンテンツで気になるものがある場合、こちらの週ごとに更新されるコンテンツで、一度中身を確認が出来ますので、ぜひご利用してみてくださいね!



Get it on Google Play

***********************


An Instant Replyで瞬間英作文



Get it on Google Play



Favebookアイコン