TOEICでも英会話でも必見の英語の注意点とは?

TOEICでも英会話でも要注意な英語の知識とは!?

Posted on Posted in 未分類

みなさんこんばんは!

少し更新に間があいてしまいましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

徐々に涼しくなり、夜はだいぶ過ごしやすくなりましたね!

そんな夜は、窓でも開けて英語学習を楽しんでくださいね!


さて本日のテーマですが…こちら!

TOEICでも英会話でも必須の知識!前置詞不要の副詞達!

です!それではいきましょう!!


まず以下の文を見てください。

A:Born in Hong Kong, Mr. Lee was brought up in Australia.

B:Pat was raised overseas until the age of 12.


Aの文は「Leeさんは香港で生まれ、オーストラリアで育った。」という意味です。

Bの文は「Patは12歳まで海外で育った。」という意味です。

どちらも文の意味としては似ていますね。また両方共に受動態の文というのも共通しています。


ただ、一点大きく違う点があります。

それがAは“in Australia”と前置詞+名詞となっているのに対し、Bは“overseas”の一語であるという事。


この違いわかりますか??

そうです、Aは“in Australia”が、前置詞+名詞で副詞の働きになっているのに対して、“overseas”は一語で「海外で」という副詞なんです。なので前置詞が不要となります。


実は、このパターンで副詞なのに前置詞をつけてしまう人結構多いので要注意。


TOEICも英会話も一緒に対策!!間違えやすい単語をまとめて覚えよう!!


このような間違いやすい単語はまとめて覚えいてしまいましょう!!

まずは代表的なものだけですがこちらに紹介しますね。


・home

・there

・here

・upstairs

・downstairs

・downtown

などです。


特に良く使う

・there

・here

は要注意。

間違えて“I go to there.”と“to”を入れないでくださいね!

正しくは“I go there.”です。


まずは今日ご紹介したものからマスターしていってくださいね!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン