きちんと英語で思いを伝えよう

英会話できちんと思いを伝えよう

Posted on Posted in 丁寧な英語, 便利な表現, 文法を会話に活かそう!, 英会話, 英会話で即使える, 英文法, 英語, 語法・使い方

みなさん、こんにちは!!

連休はいかがお過ごしでしたか!?年末年始と少し、英語脳をオフにしてしまったという方もいると思います。そこで本日のブログでは2017年の英語学習へのウォーミングアップとして、すぐに使える簡単な内容のものをご紹介します!!


本日のテーマ

英会話で“今”の感情を上手に伝えるための一つのポイント!!

です!それでは行きましょう!!


旅行や、留学、転勤など、海外生活をする上で重要な事の一つが、自分の意志をきちんと伝えることですね。中でも、よりストレスの少ない生活をするために大切なのが、自分の好みや、やりたい事などの願望を上手く伝えられるようになること。


例えば、「野球とサッカーのどっちがみたい?」と聞かれた場合、

“I prefer to watch a baseball game.”

と答えたり、また「何が食べたい?」と聞かれて、

“I want to eat sushi.”

と「お寿司が食べたい。」と答えても間違いではありません。


しかし、このようにいつも答えていると、自己主張が少し強い人だな~と思われてしまうかもしれません。


ではどうするかというと“like”や、“love”、“prefer”といった好みを表す動詞の前に“would”をつけることで、今、この時の願望を丁寧に表すことが出来ます。


単に“want”で「~がしたい」、「~が欲しい」というと、こちらの主張ばかりがされているようなイメージですが、“would like”にすることで「(私は)~したいです(いいですか)?」と相手に気を配る印象になります。


ポイントは簡単です。

好みを表す動詞の前に“would”をつける。

まずはこの型をしっかり覚えてしまいましょう!


瞬間英作文で練習をしてみよう!!


最後に本日の復習として、以下の文を瞬間英作文してみましょう!!


①「牛肉と魚のどちらになさいますか?」「牛肉をお願します。」


②「コーヒーにしますか、お茶にしますか?」「コーヒーの方がいいです。どうも」

*答えはこの下にあります。


今回の問題は「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」の高校文法総復習 ALL IN ONE Basicより出題しました。

詳しい解説や、再度練習問題を行いたい方は同コンテンツ内の「5.助動詞(過去・完了形)」をチェックしてみてください。


瞬間英作文学習で重要なのは、繰り返しの練習と、なぜそういういい方をするのかという事をきちんと理解すること。ぜひ、本編解説もしっかり読んでマスターしてくださいね!


【瞬間英作文問題の答え】

①“Which would you like , beef or fish?” “Beef ,please.”

②“Coffee or tea?” “I’d prefer coffee, thanks.” 


***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン