英語で覚えておくとスマートな一言「お言葉に甘えて」

Posted on Posted in 便利な表現

こんにちは!瞬間英作文アプリ An Instant Reply運営部です。

本日も英語学習に役に立つようなTIPSをお届けします!

日傘

さて本日金曜日、東京は温かいですね!

だいぶ花は散ってしまいましたが、今週末が最後のお花見チャンスとなりそうでしょうか。

この時期は花見や歓迎会など何かとイベントが増えますが、ご馳走するという方も、ご馳走になると言う方も多いのではないでしょうか。

そんな時に飛び交う言葉と言えば…

「いやいや、ここは私が払うよ。」

「では、お言葉に甘えて。」

こういった言葉がさっと英語でも出てくるととってもスマートだな~と思いますが、さて、では英語ではなんと言えば良いのでしょうか。実はちょっと意外な動詞が使われます。

早速正解を言いますと

「いやいや、ここは私が払うよ。」

“it’s on me here.”

「では、お言葉に甘えて。」

“If you insist.”

まずは“it’s on me.”ですが、このフレーズはカジュアルな表現の「ごちそうするよ」と言う表現で良く使いますので覚えておくと便利です。

また「ごちそうする、おごる」と言う表現では“buy”も良く使われます。

その場合は“buy+人+おごるもの”と言う形で「人に~をおごる」となります。

“Sorry I kept you waiting.I’ll buy you a lunch to make up for this.”

「待たせてごめん!埋め合わせにお昼をごちそうするよ!」

パンケーキ

続いて“If you insist.”。

“insist”と言うと「主張する」という意味が浮かぶと思います。ここでも「あなたがもし主張するなら」と言うニュアンスがありますが、それが転じて「そこまでおっしゃってもらえるなら、お言葉に甘えさせていただきます」というように理解するとわかりやすくなると思います。

実際のニュアンスとしても「どうしてもと言うなら」と言うような意味合いが含まれていますが、言われている側は、主張してもらい嬉しいというようにとらえます。

ちなみに、「いやいや、割り勘にしようよ」と言う場合ですが、“split the bill”が良く使われます。割り勘と言うと“go dutch”という表現を浮かべるも人も多いと思いますが、“split the bill”を使った方が最近では一般的なようです。

“No,no. Let’s split the bill!”

「いやいや、割り勘にしようよ」

それでもなお、ご馳走したいと言う場合は「遠慮しないで、今回は払わせて」などと言いますがその場合は

“Don’t be shy.Let me pay this time.”

「遠慮しないで!今回は払わせて」

“shy”というと「照れる、恥ずかしがる」というニュアンスがありますが、実は「遠慮しないで」という表現で良く使われます。

いかがでしょう。

本日は、この時期に覚えておくとちょっと便利な表現をご紹介しました。

早速今夜から使ってみてはいかがでしょうか!?

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン