ふわふわっとした“wonder”の使い方?

Posted on Posted in 語法・使い方

みなさんこんばんは!「瞬間英作文アプリ An Instant Reply」での学習は順調ですか?継続的に行うことで効果が必ず出るので頑張ってくださいね!

さて、本日もこちらより英語学習の役に立つTIPSをご紹介したいと思います!

本日のテーマは“wonder”。

意外と“wonder”と言う単語、良く耳にする事があるんですけど使い方がふわふわしていたりしませんか?それもそのはず。“wonder”の意味自体、ちょっとフワッとした意味なんです。

というのが、“wonder”は、はっきりとした疑問ではなく、ちょっとモヤモヤした感じの疑問を表す時に使います。

例えばカフェでケーキを頼んだ時に、ソースがおいしくて、その隠し味が知りたい時。

「このソース何で作られているんだろう?」と思いますよね。

このちょっとモヤモヤした疑問、皆さんならどう英語にしますか?

file0001978525127

“What is this sauce made from?”

この表現ですと、「このソース何で出来ているの?」とはっきりしていますので、モヤモヤ感が表現できません。

このようなちょっとした疑問を表す際に役に立つのが“wonder”です。

“wonder”のもともとの意味は「不思議に思う」ですね。

そこから派生して「~なんだろう」、「~なのかな」のようなちょっとした疑問を表現できます。

上の例ですと“I wonder what this sauce is made from.”とする事ができます。

この“I wonder 疑問詞 主語 述語”の形が基本形ですが、かなり便利です。

例えば日曜日、家族サービスから逃げたお父さんをお母さんが探している時、

“Oh, I wonder where dad has gone.”なんて言いそうですね。

「全く、お父さんはどこに行ったのかしら」

他にも、集合時間が曖昧な時に

“I wonder when we’ll go there”

「いつそこに行けばいいのかな」

友達と話しながら買い物をしていて

“I wonder how much this Shoes.”

「この靴いくらだろう」

このように見てみると、日常で“wonder”を使う機会ってすごく多い気がしませんか?

とっても便利な表現ですので、ぜひ皆さんもマスターしてくださいね!!

***********************

Get it on Google Play

アンドロイダー公認デベロッパー認証


Favebookアイコン